02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ

プロフィール

Taitaimom

Author:Taitaimom
2012年3月、保護犬のタイ(当時推定1歳)がうちにやってきました。
そこから始まる、タイとわたしたちの暮らしのあれこれについて。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

いつでも里親募集中

検索フォーム

アルバム

竜宮城の玉手箱

2017.03.14 21:00|by mom
河原は、竜宮城みたいだと思う。

DSC02450_201703131522568ab.jpg

川沿いバス道路の停留所、およそ3つ分の長さ。
広い河川敷を何度も横切り、土手を下りて川を渡って中州まで、
犬と一緒に何度も往復しているうちに、
気が付くと時間はあっという間にたってしまう。

DSC02408_201703131522534bb.jpg

次から次へとやって来るお友達と遊んでいると、
ほんの15分20分くらいのつもりでも、ゆうに1時間は越えている。
だから、散歩後にすぐ用事が控えているときなどは、気を付けていないと後で大変な目にあったりする。

DSC02420_20170313152254d2c.jpg

河原の時間の流れは、まるで日常生活とは違う速さで流れているかのようだ。

DSC02504.jpg



四季は美しく、
犬は楽しく、

DSC01981.jpg

DSC01965_201703131521361ab.jpg

わたしたちもまるで小学生の目線になって地面の匂いをかぎ空をあおぐ。

DSC02281_201703131522120a6.jpg

こんな竜宮城のような河原で時間を過ごせるわたしたちは、とても幸せだと思う。

DSC02282_2017031315221441d.jpg



そうして、毎朝河原で時間を過ごして、
タイと一緒の生活も、ちょうど5年だ。
これまたあっという間で、本当に5年もたったのかという気がしてならない。

DSC02516_20170313152258762.jpg

最初の1年、そして2年めくらいの若犬時代は、わたしも試行錯誤の部分もあったので色々思い出深いこともあったけど、そこから先はほんの一瞬だった。

DSC02584.jpg

5年のうち2年くらいは、もうどこに行ってしまったんだろうという感じ。

DSC02548.jpg

しかし、よく考えてみれば、5年前、細っこい中坊だったタイももうすっかり壮年期の犬だし、

DSC02501.jpg

この冬には、口元の白色の部分が少しずつ広がってきていて、見るたびこれは白髪の走りなのだろうかと考える。
くっきりだったはずの富士額もなんだか色が薄くなってきた。

DSC02494_2017031316575789d.jpg

あっという間にどこかへ行ってしまったような日々は、
タイの体の中には確実に積み重なっていて、
生き物として一番勢いがあり充実した時期の半分が、もはや過ぎ去ろうとしていることに気が付く。

DSC02500.jpg

そう考えると、タイとの生活そのものが、まるで竜宮城の生活のようだ。

DSC02492.jpg

タイがわたしから去った後は、一体どんな生活が待っているんだろう。
浦島太郎が玉手箱を開けたような気持になるのだろうか。

DSC02305_20170313172014a2e.jpg

いや、すでに、どこかへ行ってしまった日々をかき集めたくなる気分の今、もう、玉手箱を半分開けたような気持ちだ。

DSC02036a.jpg

これから先、1年、2年と、またあっという間に過ぎ去ってしまうんだろう。
次の5年間はきっともっと早く感じるんだろう。

DSC02296_201703141444156ef.jpg

できるだけゆっくり過ぎてほしい、どんなに願っても時を止めることはできない。

DSC02309_20170313172016ad4.jpg


DSC02308a.jpg



・・・だからせめて今は、
タイとともに生きる幸せを、毎日かみしめながら暮らそう。

今ここにいる温かいぬくもりをいつも感じて生きよう。


DSC02310_20170313152217d02.jpg


長い人生のひと時、
こんなにも愛おしいものと心を通わせることができる幸福を、宝物のように思いながら。





(写真:2月28日~3月11日撮影)

横浜市旭区こども自然公園へ

2017.02.19 23:51|by mom
今日やってきたのは、横浜市旭区こども自然公園。
まだまだ新緑の季節は遠いけど、このくらいの気温は風さえなければ散歩にはちょうどいい。

ここは車で高速を使い3、40分程度のところだけど、
いきなり現れた富士山が、いつもの河原と比べ、ずんと近いのにちょっと驚く。
DSC00923.jpg

戸塚の小高い丘をまるごと造成し、隣地はゴルフ場のこの公園、小さなこども動物園が中にあったり(ただし犬立ち入り禁止)バーベキュー場やいくつもの大きな芝生広場があって、広い空がのびのびと気持ち良い。

DSC00924a.jpg

タイは、最後のところでちょっと道を間違えた途端、げろげろしちゃったけど、まあすぐ復活。
DSC00925.jpg
…しかしもうすぐ1年になるけど、なかなか慣れないねえ


まだ春浅いにもかかわらず、ここは子供連れの家族や、散策の年輩の人々など老若男女でにぎわっていて、その賑わいがこの広さにちょうどよい。
DSC00937a.jpg
大望遠カメラをかついたおじさんたちともそこかしこですれ違うので、野鳥がいるんだなあと思っていたら、ふと空に、大きな翼を広げた大鳥がゆうゆうと飛行しているのを発見。
あの翼の白い模様は、鳶じゃない、もしかしてノスリ(鷹の一種)じゃないっ?と指さしていたら、わらわらとおじさんたちがよってきて双眼鏡で確認したと思ったら、大望遠で狙い始めたのだった。

あーあ、いいなあー大望遠、ほしいなーなんて思いながら歩いていたら、しかし、金色に輝くマンサクが現れた。

はー しかしマンサク、この見事さを写真にするのは難しすぎる。
でも、これだけ黄色が重なっていたら、このマンサクがいかに見事だったかが想像できませんかね。
DSC00951_20170224183002831.jpg

一生懸命撮っていたら、必死さが背中に現れていたのか、散策のおばさんに「きれいよねえー」と声をかけられる。
DSC00947_20170224174815fcd.jpg


その後、広場の一つで、入り口の売店で買った軽食でランチした。
車酔いしたはずのタイも、自分のお弁当を完食して、すっかりご満悦。
DSC00956b.jpg

さて、ここにきて地図を見て初めて知ったのだが、
この公園、梅林が相当な面積を占めており、ちょうど旬真っ盛りだった。

DSC00976_2017022417481800f.jpg

紅白の梅が咲きそろい、たいへん美しい。
DSC00989.jpg

ちょうど勾配があるところに梅林があるので、上から見下ろすさまはまるで桃源郷

DSC00994_2017022417484323d.jpg

意図していたわけじゃないけど、まるで図ったかのようにジャストの時期に来たもんだ。
DSC01005a.jpg

「えへ」
DSC00997_20170224174844135.jpg

実は先週も、ここにほど近い横浜市こども植物園・児童遊園に来ていて、
そこもちいさな梅林が満開だったので、なんだか今年は梅をよく見たなあと思う。

DSC00998.jpg

タイがうちに来て以来、梅園にはあまり縁がなかったので、
こんなに梅の花を堪能できるなんて、やっぱり車があってこそ。

DSC01001.jpg

芳香に誘われ、なんだかまるでこの梅を見るためわざわざここまで来た気になる。
DSC01010a.jpg


ねえー タイ、
やっぱり車でお出かけ楽しいなあ

DSC01012.jpg

だから、もう少し頑張って、車苦手を克服しようね



*****
(おまけ)



DSC01021.jpg

せっかくここまできたので、公園を出て、1キロくらい先の南本宿公園まで足をのばした。

DSC01042.jpg
すると、珍しくピンクの花を咲かせた大椿を発見。

これまた夢中になって撮っていたら
DSC01037a.jpg

待ちぼうけのふたりに顰蹙を買う
DSC01057.jpg

「こらー、ママなにやってんだー!!」
DSC01059.jpg

しかし、渾身の一枚が撮れたので、満足のわたし。
DSC01032.jpg


*****
(さらにおまけ)

でも、この渾身の一枚、写真投稿サイトに投稿しようと思ったのだが、
この、最後の切ない美しさを表すタイトルがどうにも思いつかない。

で、夫に相談してみた。
しばらく考えて、ようやく出てきた答え、
「椿がニッコリ」

…いや、それはないだろう…











ニューカメラで撮ったらわかったこと

2017.02.10 23:42|by mom
新しいカメラが来て3週間あまり。

とにかくタイを可愛く撮りたくて始めたカメラ道だが、
わたしが、カメラを選択するにあたっての最重要事項は、散歩時に持ち歩けるように「軽くて小さいこと」、そして、「タイとのアイコンタクトの瞬間が撮れること」の二つだった。

「その瞬間」を逃さず撮るためには、カメラのAF機能(自動でピントを合わせる機能)の速さがものを言う。
ただし軽く小さいミラーレスカメラは一般的に、AFの速さで、重く大きい一眼レフに後れをとってしまっている。
それでも2年前当時、ミラーレスカメラの中でAFが一番速かったのはS社の6000という機種、価格帯も入門者向けだったので、選択に迷う余地がなかった。

しかし、わたしの場合、どうにもせっかちにボタンを操作することがたたって、フリーズ状態が極まり初期化もままならない事態に陥ったのが昨年12月初旬。
そして今回、清水の舞台から飛び降りる気持ちで、発売されたばかりの上位機種6500を購入したのだった。

さて、ニューカメラはどうかといいますと、
DSC09661.jpg
(2月1日撮影)
撮れる!

DSC00125_20170213171113743.jpg
(2月8日撮影)
撮れる!

DSC00120a.jpg
(2月8日撮影)
こんなのも撮れる

アイコンタクトはもうばっちりじゃあありませんか。

AFだけでなく、手ブレ補正とかいろいろ機能が付加されているので、「その瞬間」のキメ率が格段に高くなった。

写真って、ウデっていうよりカメラが高機能かどうかなのねえ~なんてちょっと嬉しいような哀しいような…


で、このニューカメラ、以前のカメラからの大きな改良点の一つに、AF追随機能の向上がある。
この機能は、動いている被写体に一度ピントを合わせると、被写体が動いてもシャッターを押すまでピントを追っかけ続けてくれる。
主に走っている電車とか車とかを撮るときに使う便利機能なのだが、その精度が格段に上がった。
以前のカメラの場合、この機能は、犬の前後左右の複雑な動きに全くついて行けず、ほとんど使えなかった。
しかし、このカメラは、犬の動きにもちゃんとついていく。


それで撮ったのが、タイのおきまりの、毎朝出会いの挨拶シーン
DSC09457.jpg
(1月28日撮影)

こちらも
DSC00006.jpg
(2月8日撮影)

こちらも
DSC09655a.jpg
(2月1日撮影・これなんて、今までなら藪の草にピントが当たっちゃって肝心の二人にピントがあたらないのだが、タイが藪の外にいる時から追随しているので、チュウの瞬間をバッチリフライデー)

これで撮った、犬たちの表情が、それぞれの関係性を現わしていてまあ、なんだか笑えること、笑えること…
DSC09951b.jpg
(2月7日撮影)
今まで、瞬間を撮ることがあまりなかったので、こんな顔してるんだーと色々な発見ができて面白い。


たとえば、これなんて、タイが、カワイイめもちゃんに対しあいさつの後ちょっと「その気」になっちゃったら、
DSC00205.jpg
耳、カプーされてるし。
DSC00206.jpg

ほんの一瞬で、ほとんど目にも止まらない速さなので、写真に撮ってみないとわからない。
DSC00207.jpg
しかしカプーしたかと思えば、
DSC00208_201702131711190ad.jpg
(以上2月10日撮影)
めもちゃん、決して一方的に拒否しているわけでなく、タイに対してじゃれているようなそぶりをしたりして気を使っている。

で、一つ気が付いたのだが、

タイの、愛するまるちゃんとの出会いの抱擁シーン、
これまでも度々撮って来て、前のカメラでも微笑ましい写真がたくさん残っている。

よく考えてみれば、タイはほかのお友達とも必ず朝の挨拶をするので、こういう挨拶のシーンは本来まるちゃんに限らずあるはずなのだ。

ではなぜ、前のカメラではまるちゃんとの挨拶ばかり撮っているのだろうか。

それは、今回、ニューカメラで撮ってみてよくわかった。

DSC09644_20170213171139677.jpg

まるちゃんは、タイの挨拶を実は、ゆっくりゆっくり受けているのだった。

DSC09645b.jpg

ほかの子は、挨拶の前後はものすごい速さで走ることが多く、挨拶自体も素早い動きなので、前のカメラだとほとんどシャッターチャンスを逃したりピンボケになったりしてしまう。

ところが、まるちゃんは、それに比べると相当ゆっくりタイのチュウを受けているのだ。
それはまるで、タイの愛情表現をかみしめてるみたいに。

DSC09646a.jpg
(以上2月1日撮影)

なんだー
まるちゃん実はタイのこと、まんざらでもないんじゃん!
ってことは、やっぱりまるちゃんとタイ、両想いなんじゃん!

DSC09651.jpg
(2月1日撮影)

よかったね、タイ
まるちゃん、タイ、大好きなんだってよ






初春のお散歩で

2017.01.09 23:43|by mom
ちょっと遅くなったけど、新年の初もうでに近所の氏神様に出かけて、

DSC08449.jpg

初めてのカフェに入ってまったり過ごし、
DSC08459 (2)


いつもの公園の前を通ったら、
タイが「絶対寄るう~!」と聞かないので
しょうがないなあーとパパチーが前のコンビニで唐揚げを買いに行き

DSC08470.jpg

「パパチー!!」
DSC08471.jpg

「パパチー!!から揚げ買いに行った!!」
DSC08478_2017011318144712a.jpg

「パパチーー!!!」
DSC08484.jpg

「パパチー!!愛してるっ!!」
DSC08485.jpg

新年早々のタイ、黄金散歩パターンの休日。



そして、公園から続く緑道を通っての帰り道、
清冽な香りが漂っているなあ思って上を見たら、なんと梅の花が。
もうこんなに梅が咲く時期なんだとちょっとびっくりする。
DSC08491 (2)

で、梅を撮るのに気をとられていたら、いつの間にか、
タイが緑道の塀の上に!

DSC08494.jpg

えっえっ その上に、タイ飛び乗れたんだ
DSC08495.jpg

タイの背の2倍以上の高さはある。
足の長さからすれば4倍超、とうてい前足が届く距離じゃないんだけど、
そうかーそこまで跳べるんだー
DSC08497.jpg

すごいすごーい

「なんだとー オレ様を見くびっちゃいかんー」
DSC08493 (2)

いやー残念ー
わたしもパパチーもその瞬間を見逃しちゃったわー


年明け早々、わが子に拍手喝さいをする両親、
なのでした。





2017年初日の出

2017.01.01 22:39|by mom
河原で初日の出を迎えるのは今年で4回目だ。

DSC08134.jpg
(注:タイとの新年は5回目だが、最初の年は行かなかったため)

いつもより少し暖かい元旦、
そして、今年は

DSC08136_201701072232363fe.jpg

なんと、まめちゃんが一緒。
いつもタイとふたりぼっちで寂しかったから、
今年はなんだかちょっと温かな気分だ。
DSC08139.jpg


さあ、そろそろ日の出の時刻、うっすらと雲が輝きだし、
DSC08157.jpg

太陽が顔を出す瞬間をみんなが今か今かと待つ瞬間
DSC08159_20170107223311575.jpg

この方たちはおやつに夢中
DSC08147.jpg

「しかも、それオレのママの手作り抹茶ケーキ!」
DSC08161.jpg

「むむうー ケーキ!!」
DSC08162.jpg

うう・・・ほらほら
お願い、せっかくの初日の出の瞬間…
DSC08165_20170107223332a61.jpg

見逃しちゃあもったいない
DSC08175_20170107223347f3b.jpg

「は?なんじゃい」
DSC08160.jpg

あっ
DSC08187.jpg

「ん?」
DSC08180.jpg

出ました
DSC08208.jpg

「・・・・。」
DSC08230.jpg

今年は快晴、雲一つない初日の出。
DSC08212.jpg

「なんだかわからないけどだまっとこう」
DSC08227.jpg

「むふふー うまーい」
DSC08228.jpg

今年もいいことがいっぱいありますように
河原でみんなが楽しく無事にすごせますように
DSC08229.jpg

「おやつが今、もっともらえますように」
DSC08234.jpg

あれあれまめちゃん、いつからそんな3枚目キャラになっちゃったかね
前はあんなに渋い高倉健キャラだったはずなのに
DSC08237.jpg
(↑真剣)

さあ今年の太陽が生れ落ちる瞬間だ
DSC08243.jpg

「・・・・。」
DSC08255_201701072235022e6.jpg

ああ、上がったねー
今年もよろしく
DSC08254.jpg

よし、じゃあおふたりさん
DSC08257.jpg

せっかくだから朝陽の中をちょっと歩くか
DSC08258.jpg

上に上がると急にはしゃぎだす男子ふたり
DSC08265.jpg

あらあ、このふたりで遊びだすなんてなんて珍しい
DSC08267_20170107223524ab8.jpg
っていうかほとんど初めてなんじゃないだろうか。

歩いて行ったら、蘭々に遭遇して
DSC08298_20170107223525d7c.jpg

タイは、早起きでハイになっているのか、蘭々にも遊びをしかけるが、
DSC08304.jpg
あっさりかわされる。

そして再び、遊びだす男子
DSC08307_201701072235283fb.jpg

10歳と6歳、新年の幕開け
DSC08313.jpg

楽しそうだねえ
DSC08316.jpg
(↑通りすがりのおじさんも笑顔でつい足を止める)

自分の犬が子供みたいにはしゃいで遊んでいる姿を見ると、
なんでこんなにうれしく、幸せな気持ちになるんだろう。
DSC08328.jpg
オトナになっちゃってタイは今や河原ではめっきり遊ばなくなったからなおさらだ。

ふたり、こんなに楽しくなるなら、
今日は早起きしたかいがあったというもの。
DSC08331_20170107223613f74.jpg

「ママも遊べー」
DSC08337.jpg

今日は一緒に来てくれてありがとうね、まめちゃん
DSC08352.jpg

きっと今年は良い年になるね。