03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ

プロフィール

Taitaimom

Author:Taitaimom
2012年3月、保護犬のタイ(当時推定1歳)がうちにやってきました。
そこから始まる、タイとわたしたちの暮らしのあれこれについて。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

いつでも里親募集中

検索フォーム

アルバム

じいじとばあばの家

2013.04.30 22:23|by タイタイ
今朝、いつものように河原に行って、
きなこねえちゃんたちと遊んだあと、ぼくだけ早引けだったんだ。

で、うちに帰って、いつもよりちょっとおいしいごはんを食べたら、

じいじとばあばが来た。

そして、車に乗ったっーていうか、乗らされたっー


でも、長い時間乗ったけど、
前ほど気持ち悪くならなかった( 注:ほろちゃんママにとっても効く酔い止めもらったため)


そして、着いた。

どこ、ここ?


知らないところだ
RIMG01960430.jpg

お友達(犬)もいないし
RIMG01980430.jpg

ママー 置いてかないでー
RIMG02020430.jpg

ママー ぼくと一緒にいるよね
RIMG02100430.jpg

ママ、なんでうちのベッドがここにあるの?
RIMG02150430.jpg

ぼく、なんでここにいるのかな
RIMG02130430.jpg

ねえねえママ、もしかして、ぼくずっとここにいるの?
RIMG02170430.jpg

ママ、あとで、一緒にお家に帰るんだよね?
RIMG02240430a.jpg

なんだか、みんなやさしいし、ちやほやしてはくれるんだ
RIMG02270430.jpg

でも、やっぱり、しんぱい
RIMG02280430.jpg

ばあばに、ここに座れといわれて座ってみた
RIMG02300430.jpg

ばあば、よろこぶ
RIMG023604300430a.jpg

でも、ぼくやっぱり、ママのそばにいるよ
RIMG02450430.jpg



いつもよりちょっと都会

2013.04.28 21:29|by タイタイ
パパとママの3にん散歩

よく行く街や、時々行く街を通り過ぎ、
結構遠くまで歩いてきた。

なんだか、ちょっとおしゃれじゃん
RIMG0137_0428.jpg

へへっ ぼくいっぱいカワイイって言われた


ここは、いつもより「とーかーい」って言うらしい。
RIMG0135_0428.jpg

へいへい、ぼく、いい子にしてるよ~
RIMG0133_0428.jpg

とりあえず、大人しくしている
RIMG0138_0428.jpg

むむっ お店の人がいっぱいお皿を持ってきた
RIMG0140_0428.jpg

よし、そろそろだ
RIMG0141_0428.jpg

でるぞでるぞ
RIMG0142_0428.jpg



へへー
RIMG0144_0428.jpg

うまーい
RIMG0145_0428.jpg



タイ、動物公園へ行く (車トラウマ克服大作戦第二弾)

2013.04.26 23:07|by mom
車のトラウマ克服大作戦第二弾は、距離にして約10キロ、犬OKの公立の動物公園。

わりと順調な滑り出し。


車慣れしているフィオナちゃんは、クレートがなくてもクレートと同じ姿勢。
RIMG0003_0423b.jpg

まるこは、存在を消して、時間をやり過ごすことにしたらしい。
RIMG0004_0423b.jpg

いつもみんなで遊んでいる川にかかる橋を渡って、しばらく走っても、
まだ、大丈夫。
RIMG0009_0423b.jpg

しかし、
ナビのとおりに走ったはずの目的地が、
なぜか、はではでしい建物と刺激的な看板が立ち並んだ裏路地。
入口には、男の人が、きょろきょろして立っている・・・・


目的地入力を訂正し、ぐるぐる回っていうるちに、

気持ち悪くなっちゃった・・・
RIMG0015_0423b.jpg


ようやくついた、古墳の上にある高台の動物公園。
気を取り直して、お散歩。

不思議の国のアリスに出てくるようなトンネル
RIMG0018_0423b.jpg

どこか、違う場所にでるわけじゃないよね。
RIMG0023_0426.jpg

動物園は、そこそこの大きさ。平日だから人もまばらだった。
RIMG0050_0423b.jpg

RIMG0081_0426.jpg
 
RIMG0088_0426.jpg



ぜひぜひ見たかったレッサーパンダ
RIMG0043_0423b.jpg
(※たまたまこの子のいたガラスケースが緑色なので、いまいちうまく写ってませんが・・・)

「むむむ」
RIMG0044_0423b.jpg

        「なんか、これ、色があんたと同じじゃない?(背中とお腹が逆だけど)」
RIMG0045_0423b.jpg



タイは、けっこう動物に興味ありありだけど
RIMG0046_0423b.jpg

                  「おっ なんだこれ」
「えー なんでそんなの興味あんの・・・」
RIMG0054_0423b.jpg


まるちゃんはこんな感じ。
RIMG0047_0423b.jpg

フィオナちゃんは、まあまあ大丈夫。
RIMG0052_0423b.jpg



ガラスケースに入っている動物は、犬なりに、リスクなく見ることができるのを理解するらしい。
RIMG0060_0423b.jpg

          「ほら、まるこ、へんなのいるよ」
「ええー」
RIMG0065_0423b.jpg

「まあいいや、別にそれがなにって感じじゃない?」
                「えー そうかな、面白いじゃん」
RIMG0066_0423b.jpg

そろそろ、限界に近づくまるこ
RIMG0058_0423b.jpg


そこで、現れたへらじか。
顔だけでタイくらい大きい。
RIMG0068_0423b.jpg

「うおー なんだこれ」 「んー まあ、静かにしてるからねえ。ほっとけばいいんじゃないの」
RIMG0069_0423b.jpg

「なんだなんだ かいだことない匂いだ」
RIMG0072_0426.jpg

もうわたしいいですから、というまるちゃんは、ここでやむなく離脱、
RIMG0074_0423b.jpg

タイはフィオナちゃんと、次のコーナーへ。
RIMG0083_0423b.jpg

ハクビシンに威嚇される
RIMG0084_0423b.jpg

フィオナちゃんが釘付けなのは、
RIMG0091_0423b.jpg

(普段、ママが「N公園で見た」とよく話題にしている)ミーアキャット。
RIMG0092_0423b.jpg

その隣では、テンジクネズミがネズミ算で増えている模様。
RIMG0093_0423b.jpg


最後に入ったのは、原猿系サルの小屋
RIMG0095_0426_20130427140116.jpg

なんだか各種の猿が四方から集まってきたと思ったら、
RIMG0097_0423b.jpg
ギャー、ワーと一斉に鳴きだし、

驚いて退散する
RIMG0098_0423b.jpg
そういやあ、犬猿の仲だっけね。



そのあと、公園内をぶらぶら散歩して、
RIMG0105_0423b.jpg

まるちゃんは、古墳のてっぺんの祠にお参りする。
RIMG0108_0423b.jpg

あれっ そのあとこっそりタイが真似してた
RIMG0114_0423b.jpg

「てへっ」
RIMG0116_0423b.jpg



閉園の時刻になり、駐車場におりてきた。

車に気付いて、固まるタイ。
RIMG0118_0423b.jpg

乗ることに特に抵抗ないフィオナちゃんと、諦めの境地のまるちゃん
RIMG0122_0423b.jpg

タイ、乗りたくなくて、腹ばいになる
RIMG0124_0423b.jpg

でも、そこは、所詮人間の1歳児の体重しかないタイ。
車に簡単に入れられちゃう


帰りは、この姿勢のまままったく動かなかった
RIMG0127_0423b.jpg

疲れてると、車酔いもない模様。
そして、無事に帰路についたのだった。


*****

明日からGW、なんと1時間超、距離50キロの移動を予定しているタイ。
どうなることやら。
乞うご期待!・・・なんちゃって




飼い主とその犬

2013.04.25 14:25|by mom
先日、とった写真を眺めていたら、
きなこちゃんの写真を見て、ちょっとびっくりした。
083b_0422.jpg
きなママに異様に似ているんですけど・・・!

首の線、足の運び方、これなに!?
という感じ。



そういえば、以前、きなママに
「河原の飼い主とその犬そっくり番付」があったと聞いたことがある。

そのときの横綱はたしか、
ハナちゃんとママ
023_0422_20130422153129.jpg


でも、年月を長く一緒に過ごした飼い主と犬たちは、
やっぱり、どこか似てくる気がする。

002_0422_20130422153057.jpg
     (帰りの時間になって、お互いにとぼけ合うリュウ番長とパパ)

026_0422_20130422153134.jpg
     (毎朝5キロくらいママと走ってくるおだやかーなポメラニアン、クッキーちゃん)


一方で、まだ子犬気分が抜けきらない若い犬は、
飼い主と似ているのか似ていないのか、まだよくわからないという感じ。
028_0422_20130422153156.jpg
人間に対してよりも犬に対して興味津々のうちは、まだその段階にないのかもしれない。

もちろん、例外もあるけれど。
003_0422_20130422153059.jpg
(なんで!?っていうくらい、パパにそっくりなふうまくん。でもそれをママにいったら「ヤダー、やめてー」といわれました)


似ているのは、外観とは限らない。
たとえば、クールちゃんは、とっても陽気でやんちゃくん(時に小心?)だけど、
パパもママも穏やかで温和な感じで、ぱっと見で似ていると感じることはあまりない。
037_0422_20130422153203.jpg

しかし、家族の末っ子クールちゃんはきっと、
クールちゃんちの明るくて幸せな雰囲気を体現してるんだろうなーと思ったりする。

「おいら、身長200セーンチっ!!」
013_0422b.jpg

046_0422.jpg
    (バランスが絶妙で、これまたみんな幸せそうなキータちゃんたち3きょうだい。)


だとすると、一見してこれ、というように、似ているところをいい当てられない場合も、

068_0422.jpg

実は、飼い主との本質的なところが共通している、ということがあるのかもしれない。

062_0422.jpg

ただ、私たちが(飼い主本人も)わからないだけで。

065_0422.jpg



タイと私たちは似てきたのかな?
008_0422_20130422153101.jpg

似ているといわれることもあるけれど、
001_0422_20130422153054.jpg

092_0422.jpg

それはそれでちょっと恥ずかしい。



聖母さま

2013.04.23 18:27|by mom
今朝、ちょっと早めに河原に入ったら、
保護団体DogShelterの
預かりボランティアさんをしているモクママが来ていた。

そして、そこには、モクママの片腕、モク君のほかに、新人さんが・・・


与論島でレスキューされた女の子(推定2~3歳)
003_0423b.jpg
はかなげーで、たよりなげーな風情に胸がきゅんきゅんしちゃうかわいらしさ。

しゅんちゃんにちょっと似てる気がするけど、
しゅんちゃんは、この1年ですっかり野球少年になっちゃたから、
010_0423.jpg

河原の運動部でで鍛えた体は、比べ物にならないくらい力強い。
008_0423.jpg

でも、この新人ちゃんは、このかわいらしさだから、もうすぐに速攻でおうちがきまっちゃったそう。
だから、河原にくるのももうあと何回もないかも。




ところで、モクママとは、遊ぶ時間帯がずれることが多いのか、
河原で、そうしばしばとは出会わない。
この間会ったのは、多分まだ冬だったかもなあという感じ。

タイも、会うたびいつもモク君のことを忘れていて、
いつも「あれっ きなこねえちゃんじゃないっ!」と近くに寄ってからびっくりする。


モクママのことも、タイははっきり「仲間」認識してるともいえないのかもしれないのだが、
いつも、しばらくすると、
いつの間にかすり寄っている。
002_0423.jpg

そして、顔をぺろぺろなめて甘える。
004_0423.jpg

それを見ると、
タイはやっぱり保護犬で、自分はレスキューされたってことを憶えているんじゃないかって思ったりする。

そして、きっとそんなタイにとって、
預かりボランティアのモクママは、聖母さまみたいに見えるのかもしれないって思うのだ。
005_0423.jpg


最近は、河原でおやつをたくさんもらって
うちのごはんを
「まずーい こんなの食べれなーい」って言ったり、

この間、雨がざんざん降っている中散歩に行こうとしたら、
行きたくないってがんばるので、さらに行こうと無理強いしたら、
「うるせえっクソババア!」とか言ったので、
その場でパパに「親をクソババアとは何事だっ」と言われて怒られたりして、

もうすっかりただのワガママ坊主っくりになったような気がしていたのだが、

やっぱり、タイは、昔のことを憶えているのかな・・・

なんて思って、ちょっとしんみりしちゃうのだった。

雨の日の夜遊び

2013.04.20 23:44|by mom
ひと月以上逆戻りしたような冷たい雨の土曜日の夜、

行ってきた。

昨日から、タイも時々お世話になっている近所のカフェで
開催している「文化祭」と称するわんこ祭り。

今晩は、柴犬えりパパプロデュースで、
河原のわんこパパママの学芸会が行われるのだった。

カッパを着せられ、ちょっとブルーなタイ。
しかし、夜に河原の面々に会って大興奮。

そして、えりパパの司会で、学芸会は始まった。


プログラム1番、クリスタルボウルの客演。

癒しの周波数を出すというクリスタルボウル。
演奏前の説明も、わんこたち、まったく、きいとらん。
080_421.jpg

しかし、
ぼーん と鳴った瞬間、
一斉にがん見。
081_421.jpg
あまりの一斉ぶりに、パパママたち笑いをおさえきれず。

タイ、ひきつづきがん見
085_421.jpg

きなこちゃん、聞きなれない音にママに助けを求める
087_421.jpg

まるこ、びっくりしたので、きなママに手当てを受ける
089_421.jpg

ふたり、落ち着く
092_421.jpg

カフェのオーナーの子で、看板犬の柴犬あおちゃん(9か月)
さすが、日ごろから人と音に慣れているため、最初から動じない
090_421.jpg

タイも前線より後退して寝る
094_421.jpg

フィオナちゃん、どうにも落ち着かず、きなママに手当てを受ける
096_421.jpg

そして、落ちつ・・・・かない。
100_421.jpg

「なぜ落ち着かないのか、わたしにもわかりません」
099_421.jpg




プログラム2番、プロとして活動中のテルミン奏者、
ヴォルちゃんママのユニット「月と白」(藤平明子・金木由子)の演奏
101_421.jpg

腹話術!?みたいな音色に、

タイ、寝る
102_421.jpg

きなこちゃん、寝る
110_421.jpg

まるこ、寝る・・・
103_421.jpg

と思いきや、
109_421.jpg

突然、ママに愛を感じて熱烈表現
105_421.jpg

重ねて、愛を熱烈表現
106_421b.jpg
周りのわんこパパママたち、失笑をおさえきれず。



そして、

当日までシークレットのサプライズ出演。

な、なんと、蘭蘭ママのベリーダンス!

タイ、かぶりつきで鑑賞
113_421.jpg

見る
119_421.jpg

見る
121_421.jpg

目が離せません
122_421.jpg




プログラム3番、の前の休憩中

はるちゃん、ちょきちゃんはママの膝でお行儀よい
125_421bb.jpg

きなこねえちゃんの周りにかたまっているその教え子たち
「ぼくたち、きなこ組だから。」
136_421.jpg

落ちつかないフィオナちゃんを手当てするきなこねえちゃん
126_421b.jpg

「蘭蘭ママ、お姫様みたいですてきね~」
130_421.jpg
きなこねえちゃん、どこでも活躍中。



そして、とうとうラストのステージ
プログラム3番、あかきいママボーカルで、カフェのオーナーあおパパひきいるバンド演奏

141_421.jpg

あおちゃん、パパの演奏をかぶりつきで応援
151_421.jpg

あおパパのバンドの演奏はプロはだしだった
あかきいママのボーカルも迫力満点、昔かなりやってたでしょ!?の高レベル

きなこちゃんも、タイもその迫力にびっくり
142_421.jpg

しかし、所詮、犬。
結局寝る
145_421.jpg

しかし、フィオナちゃん、ビリージーンに大興奮
146_421.jpg

なぜか、ママに限りない愛を感じる
147_421.jpg

タイ、フィオナちゃんのしっぽに困惑
148_421.jpg


そして、

熱狂と興奮の中、無事にステージは終了。


降りしきる雨の中、みんなお家に帰っていった。




*****



帰ってきたら、

なぜか、パパにいつになく甘えるタイ
153_421.jpg




ライバル登場

2013.04.17 18:02|by タイタイ
最近、まるこ、ぼくと遊んでくれないんだ



あそべーっていっても、
「ふふん」とか言って、どっか行っちゃうんだ

065_417.jpg

あっ

まるこー!あそべー
067_417.jpg

                    「ふふん」
ほら、やっぱし(がっくり)
068_417.jpg
「うふっ パスティスちゃん、遊ばないー?」
「おっ まるこ、やるか!」

えっ
おまえ、なんだよー
069_417.jpg

まるこ、なんだよ、パスティスとは遊ぶ気かー
074_417.jpg

             「うっひょー!」
  「うふー」
なんだよー!
075_417.jpg

             「なんだ、おまえら、オレが両方あいてになってやるぜ」
  「うふー 」
えっ なんだよ、いいとこみせやがって
076_417.jpg

こらっ (ぼくの) まるこに、なにするんだー
077_417b.jpg

          「えへっ まるこちゃーん」
ああっ
078_417.jpg

                    「うっひょー」
こらーっ!        
079_417.jpg

           「おらおらー」
                    「いやーん うふっ」
 こらーっ!!
080_417.jpg

「パスティスー、いくわよん」 「まるこっ」           うおー
081_417.jpg

ぐおおおっ
083_417.jpg

「あっ ちょっと、いやーん」
あっ まるこになにするんだっー やりすぎだぞー
084_417b.jpg

こらあっ パスティス、オレがあいてになってやるっ
085_417.jpg
「うるせえっ おまえおよびじゃないんだよ」
「そうよ タイ、あたし別にパスティスと、楽しく遊んでるよ」

えっ・・・そうなの・・・

なんだ・・・
086_417.jpg

                             なんだ、別にぼくお呼びじゃないんだ
                             まるこ、別にぼくいなくていいんだ・・・
087_417.jpg

「うっひょー」
088_417.jpg

や、やっぱり、ぼくいかなきゃー
089_417.jpg

あっ まるこのママ、まるこ、ぼくと遊ばないで、パスティスと遊んじゃうんだよ。
これって、どうなの
091_417b.jpg

                           まるこ・・・ぼくじゃだめなの・・・
092_417b.jpg





*****


その後、

なぜか男の子を妙に魅きつける、シュナウザーのトム君登場で、
わけわからん方向に・・・
094_417.jpg

男子会になっちゃった
097_417.jpg


ホネ、忘れてた

2013.04.14 23:03|by mom
タイは、わざわざ注意をひきそうなものを見つけてきては、
これみよがしに、私たちの前にそれをくわえて登場し、「あそべー」という。

今日も、
「おい、ママー、相手しろよー」


こっちとしてはけっこう、面倒くさいときもある

「うほっ」
002_414.jpg

だから、ちょっとひとり遊びしてもらおうと考えた

ほら、タイ、これ、忘れてない?

「んんん?」
004_414.jpg

数日前にあげたホネ型ガム
タイは、自分で自分のベッドに隠しといて、すっかり忘れている模様。
006_414.jpg
昔は、ちゃんと覚えていて、しっかり守ってたのになー
最近は、なんか、忘れちゃうんだよね

「むむっ それは・・・」
007_414.jpg

「うーむ 覚えは・・・ない
008_414.jpg

「しかし」
009_414.jpg

「それは、わしのものじゃ」
013_414.jpg

「むほっ」
015_414.jpg

「えへー」
018_414.jpg

「うほー」
019_414.jpg

「移動、移動」
021_414.jpg

「うーん 見渡したところ、隠すところは・・・ない。」
023_414.jpg

「やっぱ、ここしかないよな」
025_414.jpg

だだだっ
026_414.jpg

「ここだっ ここに定めたっ」
028_414.jpg

「よしっ」
030_414.jpg

「念入りに念入りに」
036_414.jpg

「まだまだ」
060_414.jpg

「絶対に、見つからないように」
061_414.jpg

「ん?何? ママ、ぼく別になにもしてないよ」 
064_414.jpg

「さあさあ、ママ、あっち行こう」
067_414.jpg

「ん?なに、ママ?」
068_414.jpg

どことなく、落ち着かないタイ。

071_414.jpg

「別に? なにもないよ」
074_414.jpg

でも、結局寝る
076_414.jpg


しばらくして、私も、ちょっと昼寝がしたくなったから、寝室に行くことにした。
ベッドに寝ようとしたら、

来た
081_414.jpg

ガムを守るのかと思いきや、

あれ? 寝るのか
085_414.jpg

結局また、完全に、忘れとる
087_414.jpg



電車で30分

2013.04.13 23:16|by mom
再びの、バギー特訓


今日は、下りの電車30分の距離に挑戦。
008_413.jpg


着いたのは、駅直結アウトレットモール
015_413.jpg
たくさんの人でにぎわっていた。
犬(ほとんど超小型犬だけど)もたくさん歩いている


(お昼時なので)犬OKのカフェに直行。
「せっかくバギーなんかに乗ってきたのに、これかい」と、タイ、ぶーたれる。
016_413.jpg

はいはい、わかってますよ、ほれ
024_413.jpg

ご期待通り、おやつだよ
025_413b.jpg





でも、タイは、カフェでわりと行儀がいい
027_413.jpg

つまんなそうではあるけれど、静かに待っている
030_413.jpg


隣のテーブルで、プードルがぎゃん吠えしてたけど、
039_413.jpg
なんでかなーという感じ。
040_413.jpg


以前は、結構テーブルの外側に陣取って「場」を守り、
誰かに侵入されたと感じると、吠えちゃう癖があったのだが、
035_413.jpg

最近はテーブルの下、私たちの足もとで静かに待てるようになった。
047_413.jpg
「ときどき、おやつももらえるしね」




モールの隣は、自然の雑木林を生かした公園だった

「これよ、これ!」とばかりに生き生きするタイ。
054_413.jpg

このあたりの犬の情報を調査・分析する
056_413.jpg



芝生広場に入ったら、桜餅の匂い・・・じゃなくて、
八重桜の匂いが一面に広がっていた
072_413.jpg

でも、見た目も桜餅・・・
075_413.jpg

「なにやってんの、ママ、上向いてさ」
077_413.jpg

いや、ほら、桜きれいだからさ・・・
081_413.jpg


ムスカリも、ちょうどきれいに咲きだしていた
089_413.jpg

踏まないように歩いてよ
093_413.jpg



そして、公園の外に出て、お散歩。

知らない街を歩くのは結構楽しい
096_413.jpg

大規模造成、分譲中の新興住宅地と、古い農家が混在している街。

空が大きく広々してた
101_413.jpg



モールに戻って、帰る前に一休み。
112_413.jpg

「おやつー」
120_413.jpg

「えへー」
125_413.jpg




そしてまた、無事、電車30分の課題をクリアして帰ったのだった。

春爛漫

2013.04.10 17:38|by タイタイ
河原は春爛漫だ

031_408b.jpg



最近転校してきたバーニーズのルビーちゃん3歳、
フィオナちゃんとは色違いだ (※注:違います)

でも、似ているふたり

「お・や・つっ  ぜひっ!」(びしっ)


なになになに おやつ?おやつ?(わらわらわら)
002_408.jpg

「はい、おふたりさん、
はい、まるこ」

003_408.jpg

「はい、タイちゃんも」
004_408.jpg

「ママー、もっとー」                    「えっっ!」
005_408.jpg

「ママー、くれー」               「ま、まるこ、まじ?自分のママに
            それやったら、あたしたちなんて・・・(考えたくもない)」
008_408.jpg

「いーの、いーの、うちのママ、あたしがこれやると実は嬉しいんだから!」
006_408.jpg

                       「えええっっ いいのか・・・」
009_408.jpg
「うっふふー」(得意げ)





ぼくたちも、・・・似ているふたり (びしっ)
012_408.jpg

                     「似ていません!」
013_408.jpg
がっくし




*****


秘密の花園も春爛漫。

035_408.jpg


いつも、お世話になっているからね、雑草を食べてあげるんだ
021_408.jpg

まるこ、雑草食べて、お掃除してあげるんだよ
025_408.jpg

しゅん兄も、協力してくれるんだ
042_408.jpg

フィオナちゃんも、珍しく、草食べてくれるんだ
045_408.jpg

みんな、一生懸命、草食べる
047_408.jpg

あー 満足満足
050_408.jpg

ぼくたち、いいことしたよなー
054_408.jpg

な、なんだよまるこ
057_408.jpg

「うん、いいことしたよ、タイ」
えへ、そうでしょー
061_408.jpg





バギー初体験

2013.04.07 21:45|by mom
1週間前に購入した、犬用バギー。

やっと晴れた日曜日、
とうとう出番がやってきた。

出かける前に、一応乗せてみる

乗せるそばから、出ようとするので、
002_407.jpg

むりやり閉める。

       「なんじゃー こらー」


・・・前途多難な旅立ち。





駅の改札で、
上記と同じ戦いを繰り広げ、むりやり乗せた後、
とりあえず、電車が来たので、乗る。
(双方必死のため、写真なし)


電車の中、

004_407.jpg
「ぼく、どうなっちゃうのどうなっちゃうの、心臓ばくばく」
オーラを出すタイ。

私は、「最初は、10分くらいの距離が妥当なんじゃないの~」と言っていたのだが、
乗り換えて合計30分超の電車の旅を強く希望、主張していたパパ。

タイの様子をみて、あっさり、前言をひるがえしたので、
わずか8分後、終点の駅で下車することにする。




「えっへへー なんだ、遠足じゃん」
006_407.jpg

バギーから下りたら、すぐ機嫌が直ったタイ。


運よく、バギーを、一時預かり駐輪場で預かってもらえることになったので、
お弁当を買って、3~4キロ先の森林公園を目指すことにした。

「ほらほらママー、はやくいくじょ」
016_407.jpg

「はりきって、いくじょー」
017_407.jpg

ようやくついた森林公園 (着く前の道程が長かったので、途中でお弁当は食べちゃった)
018_407.jpg

「うおっ ここ初めて来た」
026_407.jpg

「えっへへー」
028_407.jpg

「んん?」
034_407.jpg

「うおっ?」
035_407.jpg

「河原くんくん隊員としては、逃せん匂いだっ」
036_407.jpg

「むむう これは明日、きなこ隊長に報告せねばならん」
037_407.jpg



「ほらほらーはやくー」
038_407.jpg

「えっへへー」
041_407_20130407213529.jpg

「ここ、下りるのー」
044_407.jpg


「むむう 心はやる匂いだー」
050_407.jpg

なんだか、ひんやりしてる
054_407.jpg

「くんくん隊員の本領発揮だー」
059_407.jpg

「湿性植物園っていうんだって」
065_407.jpg

「なんだか、空気の匂いが違うなー」
066_407.jpg

「・・・ってパパが言ってますっ」
067_407.jpg





帰り道は休みながら。
069_407.jpg


帰りの電車は、タイも慣れ、私たちも慣れ、
写真を撮る余裕が出てきた

072_407.jpg
でも、こうしてみると、今さらながら、タイ、顔でかいぞ・・・

なんだか、この顔の大きさで、どうしてこのバギーに入りきるのか?
っていうふうに見えるぞ
073_407.jpg


電車の中、行きとはだいぶ顔いろが良くなって、

078_407.jpg

めでたし、めでたし、なのだった。





遠征 (車トラウマ克服大作戦)

2013.04.05 22:38|by タイタイ
今日もよく晴れて、気持ちいい朝

んん? なんか、うごくー
003_405.jpg

わっほほー
004_405.jpg

水たまり、たのしー
015_405.jpg







あれっ? ここどこ?
038_405.jpg

          「・・・うう・・・またどうせ病院か空港だよ・・・」
                         「あたし、全然へいきだけど~」
    「うっ・・・気持ちわる・・・」
                  うわー なんだこれ!!
036_405.jpg

 うおおーっ  
034_405.jpg



着いてみたら、いつもパパママと歩いてきている公園じゃんか。
(※注:たった3.5キロの道のり)

平日お昼時なので、ドッグランは貸し切りだった
080_405.jpg
といっても、さっき、河原でいっぱい走ってきたもんね
こんなところで特に走る気にならん、と盛り下がるぼくたち。

               「ほれ、タイ!」
まるこママ、遊んでくれるの
043_405.jpg

    「あたし、遊びには興味ないの~」
044_405.jpg
  
   「ほら、じゃタイ、走るよ!」
045_405.jpg

               わっほー
050_405.jpg

                       まること、わっふー!!
056_405.jpg

「えへへー おれ、ボールあればハッピーよ」
071_405.jpg

               うおー まるこ、ぶるぶる扇風機かー
072_405b.jpg


「ん? わたしのママのこの様子・・・ これはきっとかふぇの予約・・・(何度も経験済み)」
082_405.jpg


「やっぱし・・・(しかもあんまりおやつくれないバージョンのかふぇ・・・)」
111_405.jpg

万事休す
112_405.jpg

寝る・・・
110_405.jpg



そのあと、
歩いたり、
115_405.jpg

待ったり、
117_405.jpg


おやつもらったりしてママたちのおしゃべりにつきあい・・・


再び、ドッグラン
120_405.jpg
日が傾いてきたから、犬たちが増えてきた

ぼく、別に、社交とか、いいから。
121_405.jpg

ま、小さい犬なら別にあいさつしてもいいよ
131_405.jpg

だけど、あまりにも壁際だと、ママがっかりするからね
168_405b.jpg

うう・・・でも、ちょっとこわい
あっちいけっていっちゃう
132_405.jpg

もういいやぼくここで
136_405.jpg


「かわいい~」
ママたちに大人気、アキタのらんちゃん
144_405.jpg

実は、しゅん兄と同郷の保護犬だった
187_405.jpg


でも結局は、河原組でかたまって、団体旅行状態。
183_405.jpg





・・・ドッグランをでたら、すっかり夕日だった
191_405.jpg
なんだかランをでたら、みんなむしろはりきって、元気になったー
193_405.jpg



ようやく晴れ

2013.04.04 22:55|by タイタイ
ようやく、晴れた


昨日、おとといとずっと雨だったから、今朝は大集合だ
029_404.jpg



ボール投げチーム、今日は特にはりきっとる
046_404.jpg

はりきりすぎて
052_404.jpg

なぜか、水たまりにわざわざ、とびこむ
053_404.jpg



きなこねえちゃんも、はりきっとる
080_404.jpg

はりきって、くんくん隊出動だー
093_404.jpg
このへん、多分、昨日は川の水がどうどう流れてたんだ

蘭蘭、このへん、すごいぞ
128_404.jpg
って、蘭蘭ずいぶん久しぶりに会った気が・・・
「ん? タイちゃん、気のせいよ~(嘘)」




ようやく、まるこ登場
と、ともにおやつでる
086_404.jpg

こっそり、まるこにちゅーする
088_404.jpg




川岸の先のほうへ移動
103_404.jpg

大きいお子様チーム+きなこねえちゃん、はしゃぐ
118_404.jpg

お子様チーム+きなこねえちゃん、ママたちに呼ばれて、上がる


と、思ったら、テディ熊、「ぼく、行かない」
120_404b.jpg

すると、アリス姉が呼びに来る
「なにやってんのよ!ママ呼んでるでしょ!」
133_404.jpg

「こらっ テディ!」             「やだやだやだ」
134_404b.jpg

        「知らないよ! ママとわたし、行っちゃうからね」
137_404.jpg

「・・・・」(それでも動かない)
154_404b.jpg

結局、残りのメンバーが上がる段になって、ようやくテディ熊動き出す


「ほらほらほら テディ熊! はやくはやく」
             「ええー、まるちゃん、いつアリス姉になったの・・・」
173_404b.jpg

         「ほらー あたしがテディ連れてきたよー」
176_404.jpg



まるこ、得意になって走り回る
185_404.jpg

ぼくだって、短い足だけど、負けないぞ
187_404.jpg

うおっほー
190_404.jpg


※テディは、最近、アリスちゃんの弟として迎えられた保護犬です。

まるこの石投げ

2013.04.01 21:50|by タイタイ
今日も、みんな帰っちゃった後、まること寄り道。


春の草はおいしいんだ
018_401.jpg

んん?
040_401.jpg

「ほらママ! タイ見てるから、あれ!あれやって!」
041_401.jpg

「まるこお、また石投げー?向こうでさんざんやったじゃん。しょうがないなー」
046_401b.jpg


   「ほらっ」          わっふー!
047_401b.jpg

         「ママっ!つぎつぎー!!」
048_401b.jpg

まるこ、すげーな
049_401.jpg

054_401.jpg

空中で一回転してんぞ

053_401b.jpg

すごい勢いだし。
055_401.jpg
   
         「うぉっふー! タイが見てると盛り上がるわあー」
057_401.jpg

まるこ、すげー顔だ
060_401.jpg

でも、よく考えてみたら、あれって意味あんのかな
061_401.jpg

             「タイ、あたし、すごいー!?」
ただ、まるこママの石投げに合わせて、回ってるだけじゃん
064_401.jpg

あれっ
065_401.jpg

あれ、なんだ
071_401.jpg

鳥だ
075_401.jpg

でも、あんなとこにいたら、とりに行けないや
076_401.jpg

とりに行けたら、少なくともまるこの石投げよりは生産的だよな
077_401.jpg

まあ、しょうがないから、くんくんでもするか
078_401.jpg

まるこの得意げな顔、見ててもつまんないしね
079_401.jpg