04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ

プロフィール

Taitaimom

Author:Taitaimom
2012年3月、保護犬のタイ(当時推定1歳)がうちにやってきました。
そこから始まる、タイとわたしたちの暮らしのあれこれについて。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

いつでも里親募集中

検索フォーム

アルバム

タイ、美容院に行く

2013.05.30 21:15|by mom
シャンプーしたて、犬のかわいらしさは3割増。

霧雨の中、河原を走った犬のかわいらしさは、3割減。


しゅんちゃん、わざと? わざと土の中走ってる?
RIMG0425_0530.jpg

まるちゃん、その口どうよ?
RIMG0430_0530.jpg

そして、時間になったので、河原を引き上げる皆々様御一行

時間とは・・・
RIMG0444_0530.jpg

まるちゃんのみ、なんのために設定された時間かがわかる
RIMG0445_0530.jpg

「こんにちはー お願いしまーす」
RIMG0447_0530.jpg
今日は、犬の美容院でシャンプー・カットのまるちゃん。
タイも、夏に向けて、お腹の毛を短くカットしてもらうため、一緒にシャンプー・カットをお願いしたのだった。

タイは犬の美容院初体験。

なので、何も知らずに意気揚々と入ってきたタイ、
しかし、不穏な空気を察知しておじけづく
RIMG0450_0530.jpg

尻ごみするタイのお尻をおしこんで、閉めたドア。

RIMG0451_0530.jpg

なんだか、もめているようだけど、見ないふりして店を出た
RIMG0454_0530.jpg

       「くわばら、くわばら」
RIMG0455_0530.jpg
(しゅんちゃん、そのまま店を出ることができてほっと安心した表情)

通り沿いに、店の中が広いウィンドウ越しに見える

タイ、早くもまるちゃんと寄り添ってケージの中で、順番を待っていた
RIMG0457_0530.jpg

ま、落ち着いているみたいで、ちょっと安心する
RIMG0458_0530.jpg
・・・まるちゃんと、くっつきすぎのような気もするけど



しゅんちゃんは、まるちゃんちで待機、の前に、水洗いされる
RIMG0462_0530.jpg


そして、私たちは、晴れて近所の中華料理店でランチへ出発!

・・・の前に、美容院の前を通る
RIMG0468_0530.jpg
すでに、まるちゃんは、シャンプーに入った模様。
タイ、こっちを見てるけど、気が付いているのかな

酢豚と回鍋肉とチンジャオロースーと餃子を食べた私たち。

帰ってきたら、
シャンプーを終えたふたりが店の中からこっちを見てた
RIMG0470_0530.jpg

タイは尻尾を乾かされている模様
RIMG0472_0530.jpg

一足先に乾かし終わったジェイソン・まるちゃんは、あたりを睥睨中
RIMG0475_0530.jpg


まるちゃんの家に着いたら、しゅんちゃん、笑顔でしっぽふってお出迎え
RIMG0477_0530.jpg
(しゅんママ、このとき、実は地味に感動中)

しばらく、お茶飲みながらまったり過ごした後、

美容院から終わったコールが鳴る。

店の前に着くと、
ふたり、よりそってウィンドウ越しにこっちを見る
RIMG0485_0530.jpg

「うおおーっ ママー!」(ふたり声合わせて)
RIMG0488_0530.jpg
やっぱり、ふたり、私たちがこの店の前を行ったり来たりしていたのわかってたんだ

レジで会計中、まるちゃん、待ち切れずのぞきこむ(タイ、背が届かないので見えず)
RIMG0494_0530.jpg

そして、出てきたー
RIMG0495_0530.jpg

「うおー うおー」
RIMG0499_0530.jpg
興奮するタイ、でもどっちかといえば、私より、まるちゃんママに飛びついて喜んでる・・・?

ここ2時間ばかり、逐一まるちゃんの後をついてまわっていたので、
ママに喜ぶまるちゃんの後をも、ついていってしまっているような・・・?


そして、ふたり意気揚々と引き上げる
なんだか、タイ、つやつやー
RIMG0502_0530.jpg

まるちゃんちについて、ふたりの美姿を見分。
あれっ まるちゃんのおなか、まっすぐになっちゃった
RIMG0504_0530.jpg

タイのお腹も、すっきり。(思ってたよりも短くなかったけど)
RIMG0509_0530.jpg

でも、なんといっても、この足のかわいいこと
RIMG0507_0530.jpg

かわいいー
RIMG0510_0530.jpg

たまには、美容院もいいもんだわー
RIMG0513_0530.jpg


まるちゃん、今日はタイと一緒にいてくれてありがとうね

「いやー 別に大したことじゃ・・・」
RIMG0511_0530.jpg




*****


(家に帰ってから)


やっぱり、かわいいー
RIMG0529_0530.jpg



まるこに挑戦 2

2013.05.29 17:51|by タイタイ
なんだか、昨日くらいから、空がくもりだから、


案外と、涼しいんだ
RIMG0337_0529.jpg

だからかな、河原の学校は、たくさん生徒が集まっている
RIMG0338_0529.jpg
(注:犬に囲まれている人はトレーナーなんかではなく、リュウ番長のパパです)


こんな、絶好の走り日和、
今日こそ、まるこに走りの挑戦をするんだ

さっきまで、まるこが喜んでくわえてたこのおもちゃ、

まるこっ とってみろっ
RIMG0340_0529.jpg

                         ほらほらっ まるこっ!
RIMG0342_0529.jpg

               まるこー 追いかけろー
               「はあっ? タイ、意味分からん」
RIMG0343_0529.jpg

                            あれっ まるこ?
RIMG0345_0529.jpg

まるこ・・・ 追いかけてこない・・・
RIMG0347_0529.jpg

まるこ・・・来ない
RIMG0348_0529.jpg

まるこ・・・ なんでかな・・・
RIMG0349_0529.jpg

「ふん タイ、あたしに挑戦なんて100年早いわ」
RIMG0350_0529.jpg


(第2ラウンド)

まるこー 遊べー
RIMG0379_0529.jpg

うおっ まるこっ 走るかっ
RIMG0382_0529.jpg

「へへん タイ 追いかけてみな」
うおっ まるこお
RIMG0386_0529.jpg

うおー
RIMG0388_0529.jpg

まるこめー
RIMG0389_0529.jpg

「タイになんて、絶対つかまらないよおだ」
RIMG0393_0529.jpg

うおっ まるこっ つかまえたよ
RIMG0394_0529.jpg

まるこっ 今度はぼくのことおいかけてみ!
RIMG0395_0529.jpg

     「やだ」 (急にやる気をなくす)
                    うおー(←やる気をなくしていることに気づかない)
RIMG0396_0529.jpg

             まるこおー げきとーつっ
RIMG0398_0529.jpg


           「こらあー タイー」
                   うほーっ
RIMG0399_0529b.jpg

うほほーっ!
                              (すぐ、やる気をなくすまるこ)
RIMG0400_0529b.jpg

あっ なんだー まるこー
RIMG0401_0529b.jpg

こらあーまるこー                         「ふん」
RIMG0402_0529.jpg

               なんだよーまるこおーやる気出せよー
RIMG0403_0529.jpg

(まるこ逃げる)       なんだよーまるこー 逃げるなんて卑怯だぞー
RIMG0404_0529.jpg



(第3ラウンド)

         (またもや)まるこー遊べー
RIMG0406_0529.jpg

ぐおー
RIMG0407_0529.jpg

ぐわおー
RIMG0412_0529.jpg

                       「だだっ」(←まるこ、つい走り出した)
RIMG0413_0529.jpg

まるこ・・・!                        「うっひょーっ」
RIMG0419_0529.jpg

                 「ぶほっ」
RIMG0420_0529.jpg

まるこお・・・!
RIMG0421_0529.jpg

                         うひょー まるこーぼくのこと追いかけてみー!
「あっ なによ、タイ!」
RIMG0422_0529.jpg

「なによう タイっ タイがあたしのこと追いかけるって決まってるんだから!」
                                 んん?そうなの
RIMG0423_0529.jpg

        そんなこと、決まってたんだっけ
「そうなの! 決まってたの!」
RIMG0424_0529.jpg


まるこに挑戦

2013.05.28 22:22|by タイタイ
ぼく、まること遊びたいのに、


まるこ、なかなかぼくのところに来てくれないんだ
RIMG0284_0528.jpg

まるこ、蘭蘭とか、ユーキちゃんとか、年下の女の子とばかり遊ぶんだ
RIMG0285_0528.jpg

                     「うふふー ユーキちゃん、これとってみー」
RIMG0286_0528.jpg

あっ 今がチャンス!
RIMG0287_0528.jpg

まるこー 遊べー
RIMG0289_0528.jpg

                   「あー あたしも、いれてえー」
あっ なんだ
RIMG0290_0528.jpg

                  「いれてよー」
RIMG0292_0528.jpg

こらっ ユーキ、なんで入ってくるんだ
RIMG0293_0528.jpg

ぼくが、まること遊ぶんだぞー 許さんー
RIMG0294_0528.jpg

「ごめん、ごめん、タイちゃん、そんな邪魔するつもりじゃなかったのよー」
RIMG0295_0528.jpg

まったくもう、まるこ、せっかくその気になってくれたのに
RIMG0296_0528.jpg

(再度)まるこー 遊べー
RIMG0297_0528.jpg

うおっうおっ
RIMG0302_0528.jpg

(タイ、勝手に走りだす)

まるこー 走れー
RIMG0303_0528.jpg

「えっ なに 走るのー」
RIMG0305_0528.jpg

うおっ
RIMG0307_0528.jpg

まるこー、オレのこと追いかけてみろー

            あれっ まるこ、追いかけなよー
「はあっ なんであたしがタイのこと追いかけんのよ」
RIMG0308_0528.jpg

「ねえ?ママ」
RIMG0309_0528.jpg

なんだよ なんだよ まるこ
RIMG0310_0528.jpg

「ママ、なんだかタイがへんなこと言ってるんだけど」
RIMG0311_0528.jpg

うおー まるこ オレけっこう最近足、速いんだぞー
RIMG0313_0528.jpg

          「なに、いってんのー 足速いっていうのはこういうのー」
RIMG0314_0528.jpg

                ほらほらみろよーまるこー
RIMG0317_0528.jpg

                「タイ、バカじゃないのー」
RIMG0319_0528.jpg

        「ほらっ まるこ! タイちゃん遊びたいってよ」
       
         「もーう タイがあたしに挑戦するなんてなんか許せない」
RIMG0320_0528.jpg

            「ママ、もう、あたし、タイなんて相手にしないんだからねっ」
 えっ まるこ、なんでだよー(がっかり)
RIMG0321_0528b.jpg



ながーいお散歩

2013.05.24 23:05|by タイタイ
朝、河原で遊んだ後、
また、ママたちのカフェ会合につきあわされるぼくたち

ママたちだけ、ご飯食べてずるいんだ


「でも、今日は、おやつ(けっこう)くれるバージョンのカフェだし」
RIMG0082_0524.jpg

「うふふ うふふっ」
RIMG0088_0524.jpg

あっ フィちゃん、もしかして、もらってるの? (←テーブルの上は高すぎて見えない)
RIMG0083_0524.jpg

「もう、こうなったら、実力こーうしっ!!」
RIMG0084_0524.jpg

「しゅんママー おっ皿の中はー、なーにかっしらーん」
RIMG0096_0524.jpg

「だめっ まるちゃん!」

                          「・・・・」
「ふん まるこ オレのママ結構厳しいんだぜ」
RIMG0100_0524.jpg

「まるちゃん、いいこねー」
                        「へへー」
   「けっ」
RIMG0102_0524.jpg

あれっ でもおやつ、くれるんでしょっ
RIMG0089_0524.jpg

わーい
RIMG0091_0524.jpg

はー でも、ここから先のママたちのおしゃべりが、結構長いんだ
RIMG0149_0524.jpg

愛想振りまき隊長のフィちゃんまで、寝る
RIMG0150_0524.jpg

「えへっ(見られた・・・)」
RIMG0152_0524.jpg

しゅん兄、おとなーしくしてて、みんなにほめられたのに
RIMG0118_0524.jpg

なぜか、ママに持ち上げられる
RIMG0130_0524.jpg

もう、なんだか、ママたち、好き勝手やっとる
RIMG0123_0524.jpg


それから、日陰を求めて、森林公園に行ったり、
線路沿いの、まることぼくの秘密基地に行ったり、
渓谷公園を通って、秘密の花園に行ったりしているうちに、
(なんかね、若返りの奇跡の?葉っぱを探しているんだってさ)


すっかり、夕方に。

そしたら、あれっ ここはヴォルちゃんちの前じゃん 

あれっ ママ、ぼく置いて、なんで行っちゃうの?

ママー!

って呼んでたら、

出てきた。
ヴォルちゃんと一緒だー
RIMG0158_0524.jpg
              (注:今日は、ヴォルちゃんの夕方散歩をママの代理でする約束がありました)
RIMG0160_0524.jpg

「なんだ なんだ なんで、みんなここにいるんだ」
RIMG0162_0524.jpg

「なんだ なんだ なんだ」
ヴォルちゃん、事態を把握できず。
RIMG0166_0524.jpg

そして、出発
RIMG0167_0524.jpg

夕方のながーい影をひきながら、仲良く、行列して歩く
RIMG0169_0524.jpg

ヴォルちゃん、みんなとお散歩、うれしい?
「んー なにが起こってるのか、よくわからんー」
RIMG0171_0524.jpg

そして、しゅん兄、帰る
RIMG0175_0524.jpg

フィちゃん、帰る
RIMG0194_0524.jpg

3にんで、寄り道、団子状態
RIMG0195_0524.jpg

さいごに、まるこのうちでお水もらって
RIMG0200_0524.jpg

まるこ、ばいばいなんだー
RIMG0211_0524.jpg

そして、長い帰路につく
RIMG0212_0524.jpg

(チームワークは、今一つあるんだか、ないんだか・・・どちらかといえば、ない、ふたり)
RIMG0214_0524.jpg

(寄り道ばっかりして、なかなか進まないし)
RIMG0215_0524.jpg

(でも、家まであと3分の1くらいのところで、なぜか急にチームワークばっちしになる)
RIMG0218_0524.jpg

そして、ヴォルちゃんちの前になって、

「ぼく、帰らない」
RIMG0221_0524.jpg

「ぼく、帰らないことにする」
RIMG0224_0524.jpg

ヴォルちゃん、そうはいかないらしいよ。
お散歩はいつかは終わるんだ

ママになだめられて、おうちに入る

ヴォルちゃんが、ご飯を食べている間に、ぼくたちは出てきたのに

鍵を閉めていたら、ヴォルちゃん、大急ぎで食べ終わって、お見送り
RIMG0225_0524.jpg

ヴォルちゃん、ばいばいねー
RIMG0226_0524.jpg

朝から歩いて、もう薄暮の時間。

今日は、ながーいお散歩だったなー


びっけ兄

2013.05.20 22:23|by タイタイ
お客さんが来た


ママのいーもーうーと、わこおばちゃんと、

びっけ兄
RIMG1057_0520.jpg

あと、大・福子ちゃん (犬用即席ベビーサークルが大気に入り)
RIMG1055_0520.jpg


・・・・。

びっけ兄、なにしてるんだ
RIMG1059_0520.jpg

全く、わからん
RIMG1060_0520.jpg

なにしてるのか
RIMG1062_0520.jpg

全く、わからん
RIMG1063_0520.jpg


「・・・・」
RIMG1061_0520.jpg


「あっ もっといいヤツさがしてこなきゃ!」
RIMG1064_0520.jpg

「あったー あったー」
RIMG1072_0520.jpg

「はいっ!」
RIMG1074_0520.jpg

・・・・。
かくさなきゃ (←自動的)
RIMG1077_0520.jpg

「・・・?」
RIMG1070_0520.jpg

びっけ兄、来ちゃうかな
RIMG1081_0520.jpg

来ちゃうかな
RIMG1084_0520.jpg

やっぱ、来た
RIMG1085_0520.jpg

まあいいや
RIMG1089_0520.jpg

ここだっ
RIMG1092_0520.jpg

ここにかくすんだ
RIMG1093_0520.jpg

                       「タイちゃん、これも使うといいよ」
むむむ
RIMG1099_0520.jpg

                      「ほらほら、あと、まくらとかさ」
うーむ おぬし、意外とやるな
RIMG1103_0520.jpg

あと、しあげに、しわ寄せてえ
RIMG1104_0520.jpg

                 「ほらほら、枕の上にこれのせるといいよ」
んん?
RIMG1111_0520.jpg

やっぱり、なんかよくわからん
RIMG1116_0520.jpg

まあいいや
RIMG1118_0520.jpg

               「ほらほら タイちゃん、これとか、これとかさー」
RIMG1127_0520.jpg

なんか、よくわからんのだけど
RIMG1123_0520.jpg

             「ほらほら、タイちゃん、これあげるよ」
RIMG1135_0520.jpg

おやつかー それならわかる
RIMG1132_0520.jpg

なんか、いろいろ並べられたけど、

意味わからん
RIMG1129_0520.jpg

大・福子ちゃんまで来る
RIMG1140_0520.jpg




そうこうしているうちに、びっけ兄の興味もそれ、

(びっけ兄、面白そうなので、サークルに入る)
RIMG0009_0520.jpg

平穏になる
RIMG0002_0520.jpg


わこおばちゃん、何してんの?
               「あっ タイちゃん、おむつかえてんのよー 匂いするー?」
RIMG0004_0520.jpg

            「タイちゃん、おやつ食べるー?」
まじっすか!
RIMG0018_0520.jpg

びっけ兄、おやつくれる!?
RIMG0022_0520.jpg

わこおばちゃん、今日来てくれて、ぼくうれしいんだよ
RIMG0026_0520.jpg

わかった
ぼく、びっけ兄より、ほんとはお兄ちゃんなんじゃないか?
RIMG0027_0520.jpg

そうだ、ぼく、お兄ちゃなんだから、
びっけ兄にやさしくしないといけないってことなんだ
RIMG0028_0520.jpg




*****


ママ、今日はつかれたでし
RIMG0034_0520.jpg


忠犬ハチ公?

2013.05.19 21:12|by タイタイ
ママ、出かけるんだ


ぼくとパパおいて、出かけるんだ
RIMG1023_0519.jpg

なんで、出かけちゃうの
RIMG1025_0519.jpg

今日は、せっかくパパがいるのにさ
RIMG1026_0519.jpg

ぼく、見送んないよ
RIMG1028_0519.jpg

ママなんて、知らないよ
RIMG1029_0519.jpg


・・・・。

ママ、行っちゃった
RIMG1031_0519.jpg
(パパ撮影)
ちゃんと、玄関の前で待ってたら、早く帰ってくるかな
RIMG1032_0519.jpg
(パパ撮影)

・・・帰ってこない
RIMG1033_0519.jpg
(パパ撮影)
もう、4時間も帰ってこない
RIMG1034_0519.jpg
(パパ撮影)





(帰ってから、狂喜乱舞の歓迎の後)

「あっ こらタイ、なに靴下いたずらしてんの!」

こらァ ママー
RIMG1040_0519.jpg

今日、ぼくのこと、いったい何時間お留守番させたのっ!!
RIMG1044_0519.jpg

何時間お留守番させたのっ!!
RIMG1047_0519.jpg

ママ、今日はもう、ぼくのこと怒れないんだからねっ!!!
RIMG1048_0519.jpg



受難

2013.05.16 13:40|by タイタイ
まるこママに、へんなのかけられた
RIMG0930_0516b.jpg

             「今日は、わたし落ち込んでるのよ・・・」
あっ きなこねえちゃん
RIMG0931_0516.jpg

          うう きなこねえちゃん、これどう思う
「タイ・・・! そりゃたいへんだわ、落ち込んでるどころじゃないわ」
RIMG0932_0516.jpg

と、とれた
RIMG0933_0516.jpg

          「タイー またかけてやるうー」
ま、まるこママ・・・
RIMG0936_0516.jpg

ええー やめてー
RIMG0939_0516.jpg

         「ママ、やめなよ!」
                                 「・・・・」RIMG0941_0516.jpg




「ちょきちゃん、かけてやるう」
RIMG0943_0516.jpg

「あっ だめだ 動きが早すぎて、つかまんない」
RIMG0944_0516.jpg

「ほらほら、ボールだよー」
RIMG0945_0516b.jpg

         「もう、ママったらー」
RIMG0946_0516.jpg
       
         「やめなよ!」
                             「・・・・」   
RIMG0947_0516b.jpg




                 「きなこおー」
RIMG0949_0516.jpg

                                「やった、やったー」
RIMG0950_0516.jpg

「・・・・」
RIMG0952_0516.jpg

「なんか、今日は、いいことが起こらないんだわ」
RIMG0954_0516.jpg

きなこねえちゃーん 大丈夫だよー ぼくついてるよー 
RIMG0955_0516.jpg

「だって、今日はわたしのママ、ここにいないし」
RIMG0960_0516.jpg

「ほらきなこ、とってあげるよ」
RIMG0961_0516.jpg

「はー もうなんだかいいことないわー」
RIMG0962_0516.jpg

「なんだか、ぜんぜん気分がのらないの・・・
      だって、わたしのママ、ここにいないんだもの」
RIMG0963_0516.jpg




*****


今日はまるこママに連れられて河原に来たきなこねえちゃん、
元気がない

おうちのほうばっかり振り返って見てる
RIMG0987_0516.jpg

RIMG0989_0516.jpg

ぼくたちだけじゃ、だめなのかなー
RIMG0991_0516.jpg

まるこママ、心配する
RIMG0994_0516.jpg

でも、きなママが川に入ってもいいよって言ってた・・・と思う?ということで、

きなこねえちゃん、川入る
RIMG0997_0516.jpg

きなこねえちゃん、喜んでる
RIMG1002_0516.jpg

あっ なんか、いつものきなこねえちゃんに戻った
RIMG1005_0516.jpg

いつものきなこねえちゃんだ
RIMG1006_0516.jpg


迎えに来ていたハナ大姉ちゃん
RIMG1009_0516.jpg

今日はハナ大姉ちゃんとお泊りなんだって
きなこねえちゃんは、ハナ大姉ちゃんとならママと離れてても落ち着くんだって言ってるよ
RIMG1019_0516.jpg

またねー
RIMG1020_0516.jpg



穴、見つけた

2013.05.14 15:19|by タイタイ
穴、見つけたっ


これは、すごい穴だっ
「なになになに タイちゃん、いいもの~?」
RIMG0892_0514.jpg

すごいぞすごいぞ これっ こっちのほう、すごい深くなってるっ
             「んんー タイちゃんたち、もしかして、そこにいい穴ある・・?」
RIMG0894_0514.jpg

「・・・でも、 年長の者として、この子たちの間に割って入るのはためらわれる・・・」
RIMG0895_0514.jpg

          (でも、やっぱり気になる)
RIMG0896_0514.jpg

        (タイのお尻の匂いをかいで、とりあえず気持ちを静める)
RIMG0899_0514.jpg

      「やっぱり、なんだか、大物っぽいわ」
RIMG0900_0514.jpg

(蘭蘭、飽きる)
RIMG0901_0514.jpg
 
                 のしのしのし
                「あっ フィちゃんも、もしかして、この穴に興味・・・?」
RIMG0902_0514.jpg 

               「なんか、おいしいものないかな~」
                                   「・・・・」
RIMG0903_0514.jpg 

ん? この上のほうはなんだ?
RIMG0904_0514.jpg 

えーと、えーとお
                「あっ タイ、やっと穴から興味がそれたわ」
RIMG0905_0514.jpg 

                        「もう少し、もう少し」
ん? なんか、視線を感じるなあ
RIMG0906_0514.jpg 

              「やった 今だわ」
ん?きなこねえちゃん、ぼくの穴、興味あんの?」
RIMG0907_0514.jpg

          「ううん、別に、それほどでもないんだけどね」
そうなんだ
RIMG0908_0514.jpg

        「はー ようやくだわ」
RIMG0909_0514.jpg

        「どれどれどれ」
RIMG0911_0514.jpg

「穴としては、結構古いし、ずいぶん前に掘ってるわね」
RIMG0914_0514.jpg

「むしろ、直前に獲物はこっちのほうへ移動したんじゃ・・・」
RIMG0916_0514.jpg

「そうよ 多分こっちのほうよ」
RIMG0917_0514.jpg

「いや、やっぱり、こっちのほうへ戻ってきた形跡があるわ」
RIMG0918_0514.jpg

「タイ、やっぱり、ここだわ」
えっ きなこねえちゃん・・・何が・・・?
RIMG0919_0514.jpg

「最新は、ここよ!」
えっ そうなの ほんとになんかいたの
RIMG0920_0514.jpg

「そうよ 今はもういないけど、ここに戻ってきてるわ」
RIMG0921_0514.jpg

そうなんだ・・・
RIMG0922_0514.jpg


一件落着。





「んー なんか、ここ、あるのー」
RIMG0923_0514.jpg

「草の根っこね~」
RIMG0925_0514.jpg

「むっしゃむっしゃむっしゃ」
RIMG0928_0514.jpg





記念日

2013.05.11 22:52|by mom
今日、午後になって気がついた。

あれっ
今日って結婚記念日じゃない?

多分、9日、じゃなくって、13日、じゃなくって、11日だったような・・・

「えへっ ぼく、パパにかわいがってもらってるの」



夫に、確認したら、
「・・・・。そうだ。11日だ。すっかり忘れてた」

記念日は、数えてみると今年で、17回目。
ここまでくると、お互い記念日なんてどうでもよくなるらしい。

「えへー パパ、そこ気持ちいいよー」
RIMG0780_0511.jpg

正直、何周年かということも、10年過ぎたら、全く数えなくなった。

この1年は、タイのおかげで、知り合いがたくさん増え、
結婚何年か聞かれることが多かったから、あらためて数える機会があった、
という感じだ。

「うほー ママもぼくのことそんなに好きなんだー まいるなー」
RIMG0782_0511.jpg


そのくせ、タイに関する記念日は、
私たちふたりはやたらきちんと把握していたりするのだが。

「んー 今日はとくにやることないなー」
RIMG0788_0511.jpg
「ひまだー」
RIMG0789_0511.jpg


タイが来た3月4日。
タイの誕生日の11月24日。


「そうだ、なんか、おもちゃであそぼうかな」
RIMG0795_0511.jpg

「えっとえーっとお、ぼくのおもちゃ箱にはー 」
RIMG0797_0511.jpg

「うーんとお、これがあるんだ」
RIMG0798_0511.jpg

「いや、やっぱり、ぼくのほしいのはこれじゃなかった」
RIMG0800_0511.jpg

「これこれこれ」
RIMG0801_0511.jpg

「しっかのつのー しっかのつのー しっかのつのー 今日はしっかのつのーのきーぶーんー」
RIMG0803_0511.jpg



昔は結婚記念日は、どこかちょっとおしゃれなところとかでおいしいものを食べに行ったっけ。


そうしたら、突然、夫が
「じゃあ、今晩、タイチーおいて、ステーキハウスでも行く?」
とか言う。
う~ん、というわたし。

結局、タイを置いて、ふたりでどこか外に食べに行くインセンティブが全くわいてこない

「へへっ ぼく、パパの読書のお伴してるの」
RIMG0813_0511.jpg


タイが来る前、私たちはもう十分外にご飯を食べに行ったもんね。


今は、タイと一緒にご飯を食べて、
一緒に時間を過ごすほうが楽しいんだ。

「なに、ママ、食べていいんでしょ」
RIMG0814_0511.jpg

「もふもふもふ」
RIMG0817_0511.jpg






久しぶりの河原

2013.05.07 21:29|by タイタイ
わーい クールちゃんのパパー


わーい ルビーちゃんのママー
RIMG0696_0507b.jpg

「わーい」
RIMG0699_0507b.jpg
                           (注:ユーキちゃんです)

「わーい」
RIMG0701_0507b.jpg
                           (注:クールちゃんです)

しゅん兄ー 向こう行こうぜー
RIMG0704_0507b.jpg

まるこおー
RIMG0706_0507b.jpg

まるこおー (同級生だけど、うれしくって、ぺろぺろする)
RIMG0715_0507b.jpg

しゅん兄が、なぜかママにはがいじめにされとる(注:まるこママにさわってもらうため)
            「しゅんママー、わたしのママのためにそんなことしなくていいよお」
RIMG0721_0507b.jpg

しゅん兄ー
RIMG0722_0507b.jpg

しゅん兄ー ドンマイドンマイ
RIMG0724_0507b.jpg

来たー

きなこねえちゃん、来たー
RIMG0728_0507b.jpg

   「んんん??  なんでしゅんちゃんまで???」
RIMG0729_0507b.jpg

「すごーい しゅんちゃん、きなこちゃんに挨拶しに来たよー」
          「むむむ オレそんな特別なことしたのか?」
しゅん兄ー そんなことないよー ぼくいつもしてるよー
RIMG0732_0507b.jpg


わーい おやつー
RIMG0736_0507b.jpg

その後もいっぱい仲間が来た
RIMG0737_0507b.jpg

わーい  フィオナちゃんのママー 久しぶりー
RIMG0739_0507b.jpg

まること走りっこもしたし、

エリスちゃん、なっちゃんと追いかけっこもした
RIMG0740_0507b.jpg


最後は、また、まるこの石投げ回りを見学して、
RIMG0744_0507b.jpg

まること一緒に秘密の花園を経由して帰った。
RIMG0755_0507b.jpg

あー いつも通りっていいなあ
RIMG0752_0507b.jpg



帰る日

2013.05.05 21:10|by mom
とうとう、今日は帰る日。

朝、タイはいつもと違っていた。

来てから二日目以降、朝起きると自ら階下に下り、てけてけ家中を歩いて、
じいじとばあばに愛想を振りまいていたのに、
今朝は起きても、階下におりようともせず、洗面するパパの足もとを離れない。

朝の軽い散歩に行って、帰ってきた後は、
しっぽを下げて、こちらの気配を探るように見る。


そして、出発。


玄関に出てこない

RIMG0603_0507.jpg

ハーネスをつけて、うながすと、しぶしぶ出てくる

RIMG0606_0507.jpg

「タイ君、元気でね。また来てね。」
RIMG0607_0507.jpg

「ぼく、みんなで、このままこっちで暮らすのもいいと思ったのに」
RIMG0610_0507.jpg



帰りは、電車の旅。
路線は、人気観光地を通過するため、空いている午前中に帰ることにした。


駅に行く前、せっかくなので、近くの公園をまわることに。
RIMG0611_0507.jpg

本当は、一面のポピー畑なのだが、まだわずかに旬前。
RIMG0616_0507.jpg

秋はコスモス畑になる
RIMG0622_0507.jpg

ひたすら、ポピー畑の坂を登って、多分一番標高の高い、広場へ。
RIMG0625_0507.jpg
でも、なんだか、タイ、今一つ、気分がのっていない。

そして、そろそろ、時間が気になるので、下りることにする。


帰りは別の林道ルートで下りる。

やっぱり、この辺は、自然が豊かだ。
RIMG0660_0507.jpg

私たちが住むところは、東京都区内でも緑が多いところだと思っていたのだが、
このあたりの原生林を目の当たりにすると、所詮、箱庭に過ぎないように思える。

前方に、なぜか、多くの人がこっちを向いて立っていた。
RIMG0662_0507.jpg
見上げている先を見ると、5メートルはあろうかという木々の上に、
野生の藤がたくさん咲いていた。

タイ、木々の香りの中で、すっかり元気になったとみえたが、
RIMG0672_0507.jpg

駅につき、再び、いやーな予感におそわれる。
RIMG0673_0507.jpg

予感的中
RIMG0675_0507.jpg

でも、電車の中では、落ち着きを取り戻し、
RIMG0678_0507.jpg

寝る
RIMG0685_0507.jpg

電車の旅は、たくさんの人の中での移動なので、
どうしても私たちは、ひやひやする思いをしないかと、何かとひやひやするので大変なのだが、
タイの身体的には、車よりむしろ楽なような気もする。

そして、無事、何事もなく到着。
RIMG0686_0507.jpg


帰ってからは、さすがに疲れていたようで、ひたすら寝る。

6日間、お疲れ様。
RIMG0689_0507.jpg

タイ、楽しかったかな。
わたしは、楽しかったよ。



海と山と、古い昔

2013.05.04 22:21|by mom
今日は、車で15~20分の海岸に、家族5にんで、お散歩。

車コワいコワいのタイも、
みんなにおいて行かれたらたいへんだと思ったらしく、
妙に従順に車に乗り込む。


行き先は、一応観光地。
すでに、どの駐車場も満車になりつつあった、けど、滑り込みセーフ。



おしゃれなところじゃないけど、海はやっぱりきれいだった。

RIMG0504_0504.jpg

「わー きれいだなー」  「えー なんか、ふかくないー?」
RIMG0512_0504.jpg

「もおー パパー、これ、落ちたらたいへんだよお」
RIMG0514_0504.jpg

実は、この場所のすぐそこに、私たち家族は、わたしが小学校3年生になるまで住んでいた。
海岸沿いはやや見飽きた感があるので、後ろの山の公園を歩くことにする。


RIMG0517_0504.jpg

この公園は、江戸時代から戦中まで、要塞として使われたところ。
そこかしこに、その時に築かれた石堤、門、壕などが残されている。

幼いころは、なんとなくそれが怖かった。
RIMG0525_0504.jpg

でも、今、とくに陽光光輝くこの季節、たくさんの人が歩いている中で見ると、
どちらかといえば、古い昔を感じて興味深い。

RIMG0534_0504.jpg


「えへー みんなで団欒、おやつももらえてまんぞくー」
RIMG0536_0504.jpg


公園の半分を歩いた後、軽いランチを食べて、両親は車で帰り、
わたしたちは、もう半分を周ってから、歩いて家を目指すことにした。

この公園は、らくーな遊歩道で歩けるはずなのだが
何を間違ったか、まるで山道を歩くことに。

しかし、タイ、はりきって、ひょいひょい登っていく。
RIMG0543_0504.jpg

海岸の岩場といい、タイはちょっとけわしい登り下りが大好きらしい
RIMG0544_0504.jpg

「なに、ママ、ここが目的地なのー」
RIMG0550_0504.jpg
ここは、慰霊塔。
こどものとき、「い・れ・い・と・う」って、意味がわからなくて、なかなか覚えられなかった。
そして、きれいなところなのに、やっぱりなんとなく怖かった。


その後も、短いけれど、ハイキング気分を味わい、
RIMG0561_0504.jpg

出口へ。
RIMG0562_0504.jpg

長い帰り道につく。

「よし、はりきっていくぞー」
RIMG0564_0504.jpg



そして、帰り道のハイライト、
RIMG0568_0504.jpg

湾を渡してくれる、ぽんぽん船に乗る。
RIMG0570_0504.jpg

昔は、ちゃちい木の舟のようなものだった気がするが、
今はすっかり観光船に。
RIMG0574_0504.jpg

でも、なんといっても素晴らしいのは、犬ものせてくれるところなんだよね。

RIMG0575_0504.jpg

おとなしくって、いい子ねーといわれる。

RIMG0583_0504.jpg

乗船時間はわずか3分

RIMG0579_0504.jpg

一艘しかない渡し舟は、ふだんは、乗る人がいれば一人でも出航するという程度の閑散さだが、
さすがに連休中は、着いたらまたすぐに満員で出航していった

RIMG0587_0504.jpg

舟が着いた町は、江戸と明治・大正、昭和が混在した非常にレトロな町並み。

私が小学校3年から卒業まで通った小学校が、その町の山の上にあるのだが、
そんなこと、なんにも気がつかなかった。

「ぼくは、今、江戸時代の石橋のうえにいます」
RIMG0590_0504.jpg

50段の階段を登ると、そこがわたしの通った小学校。
多分、来たのは、卒業以来初めてだ。

今見ると、ずいぶん急な階段に驚く。
RIMG0595_0504.jpg

タイ、階段の上で、寝る
RIMG0596_0504.jpg

小学校の校庭は、地元の人が抜け道で使っているらしく、
休日なのに、人が行き来している自由さ。

なので、ちょっとおじゃますることに。
RIMG0598_0504.jpg

              「あっちいくー」
「もう帰るよ!」
RIMG0601_0504.jpg



海風に吹かれ、古い昔を感じて、
おまけに自分の子供時代を思い出したりして、
ちょっと、想い出深い散歩になりました。

パパ来た

2013.05.03 22:44|by タイタイ
えっ ばあば だれ?パパ?


パパ? パパ?
RIMG04290503.jpg

パパー!
RIMG04330503.jpg

パパっ! パパっ!
RIMG04340503.jpg

うおー
RIMG04350503.jpg

うおっ うおっ(興奮のあまり、ばあばの手までなめる)
RIMG04360503.jpg

えーん パパ 今までなにしてたのう
RIMG04380503.jpg

えへへ えへへ (いつまでも離れない)
RIMG04420503_20130504174316.jpg



*****


ほらほら、パパ、 
じいじにつれてきてもらったところ、ぼく教えてあげるよ
RIMG04470503.jpg

「すごいながめだなー」      まあねー (←見えてない)
RIMG04510503.jpg

ほらほら、パパ、これが海だよ
RIMG04570503.jpg

ほらほら、パパ、先行くよー
RIMG04700503_20130504174348.jpg

「タイチー 元気にしてたか?」   まあねー ぼく最初からぜんぜん平気だったよ(←嘘)
RIMG04780504b.jpg

パパー、急にいなくなんないでよー
RIMG04820503.jpg

ここはねー ばあばと来たんだよ
ほらほら、ぼく、カート乗り、ぜんぜん平気でしょ?
RIMG04910503.jpg

しっぽもあがってるよ
RIMG04920503.jpg





*****



夜は川の字になって、寝ました。

RIMG04930503b.jpg



じいじとばあばの家 3

2013.05.02 22:06|by mom
3日目

再び、海を見に、今日はばあばと一緒にえんえん歩いてきた。



しかし、遊泳禁止のこの海岸は、タイを連れてはちょっと降りられそうにない。

RIMG03650502.jpg

しかたないので、海沿いの道をしばらく歩いて戻ってきた。
RIMG03670502.jpg



帰り道、ずっとあこがれていた、ホームセンター・犬のカート乗せ入店が、思いがけず実現。
RIMG0382b0502b.jpg

タイ、やはり顔がでかい
RIMG03860502.jpg


その後、夕飯の買い物をするばあばと別れ、
隣にある黒船来航記念の公園にちょっとよったりして、
RIMG03970502.jpg

歩いていたら、ばあばを迎えに来たじいじの車に遭遇!

じいじだ!と喜んで走りよるタイ。

乗せられちゃった
RIMG04050502.jpg




*****

タイが来る前、リビングの隣の和室は、犬立ち入り禁止、とばあばが定めた

しかし、夜、じいじが、
ベッドをおいとけば、どうせそこにいるからいいじゃんといって、いれちゃう
RIMG04080502.jpg

当然、こうなる
RIMG04100502_20130503103916.jpg

一家団欒の図
RIMG04180502.jpg

あ~極楽極楽、だってさ
RIMG04210502.jpg



じいじとばあばの家 2

2013.05.01 21:49|by mom
じいじとばあばの家に来て2日目。

一夜明けたら、しっぽはあがっていた。


朝、起きてひとりで階下に行ったなあと思っていたら、
先に起きていたじいじとばあばにしっぽを振ってぺろぺろし、
おはようのあいさつをしたらしい。

そして、庭を勝手に歩き、
RIMG02630501.jpg

ひとりでずんずん歩いて
RIMG02660501.jpg

勝手にこの家の番犬になっていた
RIMG02780501.jpg





*****


午後、じいじと一緒にやってきたのは、

海!


RIMG02800501.jpg

この辺の海岸はみな、灰色の砂と認識していたのだが、

なぜか白砂に
RIMG02820501.jpg

青い海
           「じいじ、パパが河原でするのと同じことしてる・・・」
RIMG02830501.jpg

遊泳禁止のこの海は、WEEK DAY にはほとんど人がいないらしい。
RIMG02860501.jpg

タイ、急に遊びのスイッチが入って、
RIMG02880501.jpg

走り回る
RIMG02920501.jpg

そして、じいじのあとをついて歩き、
RIMG03010501.jpg

(いまさらながら)波に驚く
RIMG03080501.jpg

岩場をはりきってのぼる
RIMG03130501.jpg

意外なほど岩場に強いタイ。ひょいひょいのぼっていく
RIMG03170501_20130501202905.jpg

岩場の向こうにも海岸は続いていた。
RIMG03230501.jpg


この場所は、江戸時代の灯明堂だったところ。
RIMG03270501.jpg

きっと黒船も見えただろう
RIMG03310501.jpg

タイ、再び、波に驚く
RIMG03390501_20130501202447.jpg

寄せ波と
RIMG03420501.jpg

引き波。
RIMG03430501.jpg


また、急に遊びのスイッチが入った
RIMG03500501.jpg

最後に、じいじと遊んでもらって
RIMG03520501.jpg

初めての(?)海をあとにしたのだった
RIMG03550501.jpg