07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ

プロフィール

Taitaimom

Author:Taitaimom
2012年3月、保護犬のタイ(当時推定1歳)がうちにやってきました。
そこから始まる、タイとわたしたちの暮らしのあれこれについて。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

いつでも里親募集中

検索フォーム

アルバム

祝 きなこねえちゃん復帰

2013.08.30 15:42|by タイタイ
な、なんと、

あれは・・・


きなこねえちゃーん


きなこねえちゃーん

(飛びついて、泣きついて喜ぶタイ)


(・・・痛恨のカメラ操作ミスで、これしか写真なし)

「うふふっ タイちゃんのママ、元気だった?」
RIMG0239_0830.jpg

うへへー みんなー きなこねえちゃん、今日いるよー
RIMG0242_0830.jpg

「暑いわー」
ん?そう? きなこねえちゃん、ぼくがきなこねえちゃんいなかった間のこと、教えてあげるね
RIMG0243_0830.jpg

あれっ でも今日、みんないるなー
もしかして、ぼく、今日遅かった?
RIMG0244_0830.jpg

(リュウ番長率いるジャック組&チビタ父娘はすでに宴たけなわ)
RIMG0245_0830.jpg

「はあー なんだか、暑いわー」
RIMG0249_0830.jpg

ということで、川辺に来た仲良し3人組
RIMG0250_0830.jpg

「うう・・・なんだか忘れていた、この暑さ」
RIMG0253_0830.jpg

「ま、やっぱり水の中は冷たいわね」        「ママ、早く石投げろっー」
RIMG0258_0830.jpg

まるこ、きなこねえちゃんがいるから、異常にはりきっとる
RIMG0259_0830.jpg

あれっ 蘭蘭来た
RIMG0263_0830.jpg

「蘭蘭ー!」
RIMG0265_0830.jpg

「うおーきなこねえちゃんー」
「蘭蘭ー 元気にしてたー」
RIMG0272_0830.jpg

「なにー 今日きなこねえちゃん帰ってきてたのー」
うん、そうなんだよ
RIMG0273_0830.jpg

「ママ、次っ 次っ!」      まるこ、はりきっとる
RIMG0275_0830.jpg

(そこに、上で遊んでいたはずのリュウ番長がてけてけ登場)
RIMG0276_0830.jpg

(突如乱入、と思いきや)
RIMG0278_0830.jpg

        「おい、小僧、きなこ帰ってきたのか」
うん、帰ってきたんだよ
        「オレ、きなこに話があるんだ」
えっ そうなの
RIMG0283_0830.jpg

(まるこ、相変わらずはりきる)
RIMG0285_0830.jpg

                     「おい、きなこ、話あるぞ」
「えっ・・・」
RIMG0288_0830.jpg

「なになに、リュウ番長」
RIMG0289_0830.jpg

「あのなあ、おまえいなくなっちゃったから言いそびれてたんだが、」
RIMG0291_0830.jpg

「オレ、おまえに番長、譲ってもいいと思ってんだ」 「ええっ」
RIMG0292_0830.jpg

「ふふん」     「えっ・・・それって、それって」
RIMG0293_0830.jpg

          「女番長ってこと・・・?(すごいヤダ)」
RIMG0294_0830.jpg

  (一応、ボールはとる)
RIMG0295_0830.jpg

「(内心)まったくもう、リュウ番長ったら、心にもないこと言うんだから」
RIMG0296_0830.jpg

「ほーらほーら蘭蘭」         「あっ なんだきなこ、オレのボール、なにするんだ」
RIMG0298_0830.jpg

「いーなー、きなこねえちゃん、それー」
RIMG0299_0830.jpg

「だって、あたしが番長ならなにやってもいいんでしょー ねーリュウくんっ?」
                   「がーん」
RIMG0300_0830.jpg

「ふふーん」
   「き、きなこ、今の話、ナシナシナシ」
RIMG0301_0830.jpg

  「まったく、もうリュウ番長、コドモなんだから」
RIMG0306_0830.jpg

「えーん きなこー、ボクきなこ帰ってきて嬉しかったから、ちょっとはしゃいじゃったんだー」
RIMG0307_0830.jpg

          「そう、それならよろしい。あたしは絶対女番長なんてみんなに呼ばせないからね」
「へいへーい」
RIMG0309_0830.jpg



※※※※※


今日は、きなこねえちゃん帰ってきたからお祝い?
河原わんこ勢ぞろいでした。

RIMG0322_0830.jpg




行く夏の、川遊び

2013.08.27 13:18|by mom
今朝もまた、まるで高原に来たような、びっくりするくらい涼しい朝。

そして、昨晩降り続いた雨で川は増水中。


川遊びチーム、はりきる
RIMG0115_0826b.jpg

しゅんちゃんに至っては、もはや犬というより、川の生き物に。
RIMG0116_0826b.jpg

基本的に水遊びに興味のないタイ。
今日みたいに涼しい日は水に入るインセンティブはまったくないらしく、川に背を向けて立つ始末。
RIMG0120_0826b.jpg

蘭蘭も、すでにまるこの朝めし弁当のスタンバイ中
RIMG0121_0826b.jpg

 「ママ、あっちの茂みの先の川辺に、行ってみようよ」
RIMG0127_0826b.jpg
          「えっ まるこ、あっちに移動するの?」


「わやわやわやわや」  ・・・大移動始まる
RIMG0129_0826b.jpg

特に声かけしなくても勝手に移動する犬たち。
             (今夏ニューフェース、黒ラブハルちゃん(4か月)は↓まだ状況把握できず)
RIMG0130_0826b.jpg

しかし、茂みの手前ですでに水浸しのため、図らずもジャングルクルーズになる
RIMG0134_0826b.jpg

そして、茂みの先は、川辺ではなく、川の中だった
RIMG0135_0826b.jpg

   「ええん ぼくパンツぬれちゃったよ」
RIMG0136_0826b.jpg

 「ねー どうするの、しゅんママー、 こんな水の中にきちゃって」
RIMG0138_0826b.jpg

            「ここじゃあ座れないし、なんにもできないよう」
  「・・・・(これじゃあ、朝めし弁当、出る場所がないわ)」
RIMG0139_0826b.jpg

ハルちゃん、赤ちゃんでもさすがラブ、おおはしゃぎで走り回る
RIMG0140_0826b.jpg

                     まるちゃん、石投げ回り、スタンバイ中
しゅんちゃん、ふかーいところでスタンバイ中
RIMG0141_0826b.jpg

「うう・・・ こんなところにいる意味わからん」
RIMG0143_0826b.jpg

「集中、集中!」                「ママ、早く投げろっ!」
RIMG0146_0826b.jpg

しゅんちゃん、興奮しすぎて、もはや「だれ?」状態
RIMG0147_0826b.jpg

しかし、さずがにこんなところに長くいられないと、早々に撤収へ
RIMG0148_0826b.jpg

しゅんちゃん、納得できず。
RIMG0150_0826b.jpg

納得できん
RIMG0151_0826b.jpg

ひとりで遊んでみる
RIMG0152_0826b.jpg

「やっぱ、ひとりじゃだめだ・・・」
RIMG0153_0826b.jpg

遠ざかる皆さん
RIMG0154_0826b.jpg

さすがに、しゅんちゃんあわてる
RIMG0155_0826b.jpg

「ぶほっ」・・・せめてもの腹いせか、すごい水しぶきをあげて走り追い越された
RIMG0156_0826b.jpg

のに、なぜにまた、戻ってくる!?
RIMG0157_0826b.jpg

あきらめわるく、川に戻るしゅんちゃん
RIMG0158_0826b.jpg

と、思ったら、結局また水しぶきあげて(かけられて)追い越していく
RIMG0159_0826b.jpg
うう・・・しゅんちゃん、長靴の中にまで水入っちゃったよ・・・


「・・・ママ、陸地、ついたよ」
RIMG0161_0826b.jpg

うん、よかったよかった、しゅん兄、ようやくあきらめたね


そして、無事に、まるこの朝めし弁当。
RIMG0164_0826b.jpg

「オレはまだ水遊び第二練習、残ってるぞ!」
RIMG0166_0826b.jpg

そして、また、しゅんちゃん、かわうそになる
RIMG0170_0826b.jpg

なんだかもうどっちが頭かおしりかわからん
RIMG0171_0826b.jpg

ハルちゃんも、しゅん兄お手本に、
RIMG0174_0826b.jpg

がんばれっ
RIMG0175_0826b.jpg



※※※※※


川から上がると、タイ、まるちゃんを誘っておおはしゃぎ
RIMG0176_0826b_20130827122621620.jpg

暑いときは、何かと休んでいたタイも、涼しくなると、とたんに走りだす。
RIMG0177_0826b.jpg

最近はめっきり日が短くなったし、このまま、夏、終わっちゃうのかな。

RIMG0193_0826b.jpg


それはそれで、なんだかさびしいような・・・


夏の終わり

2013.08.26 14:14|by タイタイ
今日は、空が高いんだ



ママ、なんだか、今日、気持ちいいね

RIMG0057_0826.jpg


「オレも、今日絶好調よ!絶好調!」
RIMG0063_0826.jpg

「・・・おい おまえの母ちゃん、今日おやつくれないな」
                  うん、なんか、今日忘れたらしいよ・・・
RIMG0064_0826.jpg


あれ、まるこ、遅いなあ・・・
RIMG0067_0826.jpg

ようやく、まるこ、遅れて登場
RIMG0072_0826.jpg

木陰は気持ちいいんだー
RIMG0073_0826.jpg

うぐっ これはなにかいるぞ!
                 「んん? どれどれ」
RIMG0077_0826.jpg

(まるこ、匂いをかいだら、すぐ飽きて、走りだす)
RIMG0078_0826.jpg

うおっ 間違いないっ
RIMG0080_0826.jpg

うーむ (上から狙いをつける)
RIMG0081_0826.jpg

だだだだっ
RIMG0089_0826.jpg

(結局、あきらめる)
RIMG0092_0826.jpg


(そして)

まるこ、涼しいけど、結局水遊びかあ・・・
RIMG0096_0826.jpg

「ほらほら、フィオナの足見て見て 足が開いてて、カンジキ履いてるみたいでしょ」
RIMG0097_0826.jpg

「こういうところ歩くのって、足にいいんだって、グリップ力がつくらしいよ」
RIMG0099_0826.jpg

「ふーん そうなんだー タイは?」
RIMG0098_0826.jpg

「おっ それなり開いてるじゃん」
RIMG0103_0826.jpg
            (注:タイの右前脚のかゆいかゆいは完治したようなので、本日水遊び解禁)

「まるちゃんは?」
RIMG0100_0826.jpg

「まるちゃん、張り切り過ぎてるから、水の上からはよくわからないよー」
RIMG0108_0826.jpg





河原の上は秋の空。

そろそろ、夏も終わりかな

RIMG0095_0826.jpg




※※※※※


本日朝散歩、最終便のみなさんたち

過ぎゆく夏を見送ります。
RIMG0109_0826b.jpg
(ほんとうは、お姉ちゃんの夏休み宿題の写真撮りのため遅くなったクールちゃんの川遊びを見送っています)



タイの顔

2013.08.24 17:19|by mom
最近、タイの顔が自分の顔に見えてきた。



日ごろ、あまりにもタイの顔ばかり眺めているせいか、
その顔がもはや他者の顔に見えない。

RIMG0007_0823.jpg

少なくとも、自分の顔を鏡で見る時間よりは、
タイの顔を見ている時間のほうが圧倒的に長いし、

RIMG0009_0823.jpg

自分の顔をあーだこーだ化粧筆で修正する努力より、
タイの表情をあーだこーだ読む努力のほうに圧倒的に時間を費やしているのは間違いない。


「ま、ママの顔、修正するのも限界あるしね・・・」
RIMG0015_0823.jpg


そして、
顔だけでなく、もはやタイの存在自体を、自分と切り離された他者として考えていないことに気づく。

RIMG0018_0823.jpg

毎日、3時間くらい、散歩のときは当然ずーっとタイの背中を見ながら歩く。


「えへ」
RIMG0020_0823.jpg

家にいるときは、タイはわたしについて歩くということはないけれど、

「まーねー いつもいるしねー」
RIMG0021_0823.jpg

わたしが寝る時は、
必ず横に来て添い寝する。

RIMG0040_0823.jpg

添い寝どころか、くっついてくる
RIMG0043_0823.jpg

っていうか、わたしあんたの枕か?
RIMG0045_0823.jpg

「まーまー いいじゃん」
RIMG0051_0823.jpg



どんな地域でも必ず野良猫に餌を配る猫おばさん・おじさんがいるし、
公園では、池の鯉に与えるえさをよく販売している。

動物園に行けば、必ず、
「餌を与えないでください」という貼り紙が貼ってある。

そんなことを考えると、
人間にはきっと動物と仲良くしたいという本能があるんじゃないかと思う。

RIMG0024_0823.jpg

そうだとすると、
一匹の犬とこれだけ関係を深く結べた自分は幸せだなと思う。

RIMG0025_0823.jpg


まあ、まだまだタイは若犬でこれから成長するだろうし、
わたしも、まだまだ犬飼いとしては未熟者だけど、

RIMG0028_0823.jpg

これから、長く一緒に歩いて行こう。

RIMG0032_0823.jpg

あ、
「おいで」っていったら、どこにいても、問答無用でちゃんとこっちにきてほしいんだけど、

RIMG0033_0823.jpg


だめかなー

RIMG0037_0823.jpg

お願いしますよ



まること、最後じゃなかった夏の日

2013.08.19 14:26|by タイタイ
まるこ・・・


まるこお・・・!
RIMG3279_0819.jpg

まるこおおー
RIMG3282_0819.jpg

       「ハイっ ワタクシ、予定通り(←嘘) 昨日、北海道より帰還しましたっ」
RIMG3283_0819.jpg

(仲良し3人組、はりきる)
RIMG3286_0819.jpg

(蘭蘭、先走って、まるこを待つ)
RIMG3288_0819.jpg

「えー どおしよっかなー」(まるこ、もったいつける)
RIMG3289_0819.jpg

「とつげーきっ」
あっ ぼくも、ぼくもいくう
RIMG3290_0819.jpg

「えー、なんか、やっぱもう少しここにいようかなあ~」 (蘭蘭、もったいつける)
                        なんだよ、おまえら
RIMG3292_0819.jpg

ぼく、いくぞうっ!
RIMG3293_0819.jpg

「なに? なんか今日タイちゃんはりきってるね」
RIMG3296_0819.jpg

ママ、みんな後から来てる?
RIMG3298_0819.jpg

来てるね?
RIMG3299_0819.jpg

「もうー タイ、ちゃんときてるよっ」
RIMG3301_0819.jpg

茂みの先の川辺、今日はみんな勢ぞろいだー
RIMG3310_0819b.jpg
先週は、あんなに閑散としてたのに。


今日は、蘭蘭、まるこから離れない
RIMG3313_0819.jpg

さて、そろそろみんなスタンバイ
RIMG3318_0819.jpg

出たー、まるこのあさめし弁当!
RIMG3321_0819.jpg



川から上がったら、しゅん兄も、来たー
RIMG3323_0819.jpg

えへへっ
RIMG3325_0819b.jpg


さてさて、そろそろ帰り道。
でも、木陰でまず休憩。


ねえねえ、まるこ、ぼくのために急きょ帰って来たってほんとう?
RIMG3326_0819b.jpg
「うーんそうね、タイの手が黄色くなっちゃっていうから心配でね。」

          ママ、きいたあ?
RIMG3327_0819b.jpg

「ま、あたしが来るの楽しみにしてくれてたじいじとばあばには悪いことしちゃったけど。」
            まーねー
RIMG3328_0819.jpg

         うへー でも、まるこ、ぼくのために帰ってきてくれたなんて
RIMG3329_0819.jpg

「でも、タイ、もう手、きいろくないじゃん」
                  ん?もう治った
RIMG3330_0819.jpg

              うーん まるこ、感動だ・・・         
RIMG3331_0819.jpg
               (注:タイの右前脚は今のところベストシナリオで推移)


(実は、お盆休み、タイを除き、旅行疲れのみなさん)
RIMG3335_0819b.jpg


RIMG3333_0819.jpg

「ママ、わかってると思うけど、あたし、ママに会いたかったから帰ってきたんだよ」



ぼくのきいろい手

2013.08.17 22:39|by タイタイ
ぼくね、びょうきになっちゃったんだよ、びょうきだよ


見て、このきいろくなっちゃった手。
RIMG3214_0817.jpg

前、ママに白くされちゃったことがあったけど、それならすぐとれるのに
RIMG3215_0817.jpg

これは、全然とれないんだ
RIMG3217_0817.jpg

むー (一応トライしてみる)
RIMG3221_0817.jpg

だめだ
RIMG3225_0817.jpg

別に、ほんとうはそんな大したことないのにさ
RIMG3227_0817.jpg

ちょっとかゆかったからなめてただけじゃんか
RIMG3228_0817.jpg

むむ? ママ、ぼくをこんな目にあわせて、反省しとる?
RIMG3232_0817.jpg

へへっ
RIMG3233_0817.jpg

えっへへー
RIMG3234_0817b.jpg



だってさ、ぼく、今日きっと誰かお友達に会いに行くのかと思って喜んで出かけたんだよ
RIMG3238_0817.jpg

でも、信号渡ったら、ママ、びょういんにはいっていくんだ
RIMG3239_0817.jpg

なんだよ、楽しい気分、だいなしじゃんか
RIMG3242_0817.jpg

ぼくの右手、こんななっちゃうし
RIMG3243_0817.jpg


そうそう、ママ、ぼくびょうきなんだから、やさしくしなよ
RIMG3253_0817.jpg

うっとりー
RIMG3255_0817b.jpg

あっ ママ、なでるのやめたね
RIMG3258_0817b.jpg

そうそう・・・くるしゅうない
RIMG3260_0817.jpg



・・・もう、ぼく寝るわ

ぐー
RIMG3269_0817.jpg




注:(by mom)

タイがいう「病気」、というには大げさですが、右前脚の狼爪の付け根を舐め過ぎて、5ミリ四方程度のはげができてしまいました。
ここ1週間ばかり、なんらかのきっかけで、右前脚の狼爪の付け根が気になり舐めていたらむれで雑菌が繁殖してかゆくなり、さらにえんえん舐め続けるのでますますかゆみが増すとい状況に。
ぺろぺろ坊主のタイは、とにかく舐め続けるので、自力では回復不能と考え、病院で抗生物質にかゆみどめが入った塗り薬と包帯をしてもらって、ついでに遠因となってそうな爪を切って足裏バリカンをしてもらって帰ってきました。

さすが、プロが巻く包帯はタイがどんなに舐めてもとれませんね。歩くのにも支障がありません。
ベストシナリオは、2、3日でタイが包帯をとるのに成功するも、すでに完治、舐めなくなる・・・というものですが、ワーストシナリオは、治らずとうとうカラーの登場、ということになります。





※※※※※



今晩は、近所の花火大会。

なのに、テレビでみる・・・!?
RIMG3271_0817.jpg
(なぜか、画面と家に聞こえてくるリアル花火音が同時)


タイの場合、家の中で聞く分には、花火音はOKなんだって。
RIMG3274_0817.jpg



まること最後の夏の日

2013.08.14 12:14|by タイタイ
まるこー まってたぞー
RIMG3140_0814.jpg

            まるこっ まるこっ
RIMG3142_0814.jpg

ねーねー 今日なにして遊ぶー?
RIMG3146_0814.jpg



「タイ・・・知らないと思うけど・・・」
RIMG3148_0814.jpg

「実は、あたしさあ・・・」
RIMG3149_0814.jpg

                 ん?なに、まるこ
「ううん、なんでもないわ」
RIMG3150_0814.jpg

なんだろ・・・まるこ、なにか言いかけてたけど
RIMG3151_0814.jpg


で、結局、いつもの水遊び
RIMG3156_0814.jpg

「ママ、早く!」
RIMG3158_0814.jpg
まるこ、はりきっとる

「うほおっ」
RIMG3159_0814.jpg

                      「うしょしょー」
RIMG3161_0814.jpg

                        と、思ってたら、向こうからもく君が全速力で走ってきたー
RIMG3164_0814_20130814165147ab3.jpg

「ママ!もく君に負けないからねっ どんどこ投げてっ」
RIMG3174_0814b.jpg

                「ぶしょうっ!」
RIMG3173_0814.jpg

まるこ、さらにはりきっとる
RIMG3175_0814.jpg



でも、なんだか、楽しそうだなー
RIMG3176_0814c.jpg

もく君も、(今預かりっ子がいなくて)一人っ子だから、すごいハイテンションだー
RIMG3180_0814.jpg

ぼくも、まるこのところへ、行かなくちゃ
RIMG3181_0814.jpg

まるこー
RIMG3182_0814.jpg

あっ  (後ろから来たもく君にぴゅーとあっという間に抜かされる)
RIMG3184_0814.jpg

なんで、ぼく、早く歩けないんだろ
RIMG3187_0814.jpg



でも、まるこのあさめし弁当、もらえるから、いいやー
RIMG3192_0814.jpg



さんざん遊んだ帰り道
RIMG3197_0814.jpg

「じゃあね、タイちゃん、まるこ今日出発だから、しばらくさよならね」
                         えっ 
RIMG3200_0814.jpg

「まるこ、北海道のじいじとばあばのところ行くから、しばらく河原はお休みするね。」

                  え?え?どういうこと?まるこ、もう来ないの?
RIMG3201_0814.jpg

「じゃあね、タイちゃん、元気でね」

RIMG3202_0814.jpg

まるこ・・・
RIMG3206_0814.jpg




※※※※※


またひとり、友達が避暑に旅立っていったタイ。

・・・2歳の夏、
とうとう最終楽章に突入。


つづく猛猛暑

2013.08.12 15:54|by タイタイ
朝の散歩、梅雨明けで1時間早まったけど、
昨日からまたさらに1時間早まった。

ぼく、今まで、夜明けの時間に一度起きて、ママの顔ぺろぺろして、
「ママ、おきろー」って言ってたんだけど、ママ、無視してたんだよねー

でも、それが、ようやく功を奏した?

で、早早朝の河原、

いたー しゅん兄ー

          「ふふん」


しゅん兄ーしゅん兄ー今までどうしてたのう

「え?オレいつもこの時間に来てたよ?」  えっ・・・そうだったの
RIMG2955_0813.jpg

でも、さすがに、しゅん兄、この暑さでボール練習もだれ気味の模様・・・

しばらく一緒に歩いてたけど(←ふたり、おしりふりふり)

あれっ

しゅん兄、帰っちゃうの
RIMG2965_0813.jpg

「タイ、しゅんちゃんは、パパをお見送りしなくちゃいけないから、もう帰るのよ」

RIMG2960_0813.jpg

えー、ぼくもあっちいくう
RIMG2963_0813.jpg

「だめだめ、タイはこっち行こう」
やだー

「ほらほら、だって、こっちからもうすぐまるちゃん来るよ」
えっ・・・!
RIMG2966_0813.jpg

じゃ、行かなくちゃ
RIMG2977_0813.jpg

あっ
RIMG2985_0813.jpg

まるこおっー
RIMG2987_0813.jpg

まるこっ まるこっ
RIMG2988_0813.jpg

まるこー
RIMG2990_0813.jpg

まるこー
RIMG2991_0813.jpg

まるこっー
RIMG2994_0813.jpg

あれっ・・・まるこ・・・
RIMG2995_0813.jpg
ぼくのこと、まいた・・・?



なんだー こっちにいたアレックスちゃんに挨拶しに行っただけかあー(ほっとしたー)
RIMG3001_0813.jpg





※※※※※


まること水門まで戻ったら、
今日は平日だけど、まめちゃんが珍しく来てたー

「まあね、今日、オレのママ、オレのために夏休みとったんだぜ」
RIMG3004_0813.jpg

「ふふん」
RIMG3009_0813.jpg

「きゃあー まめちゃんがーまめちゃんがーあたしの足ふんでるー(嬉)」

RIMG3011_0813.jpg

「へっ こんなことでオレのママ喜ぶんだぜ」
RIMG3013_0813.jpg
とかいいつつ、まめちゃんも、幸せそうだよ


しばらく、まることまめちゃんとぼくとで水遊び~
RIMG3016_0813.jpg

でたー まるこのあさめし弁当ー!
RIMG3044_0813.jpg



あれっ まめちゃん、どうしたの?
RIMG3046_0813.jpg

「あれー まめちゃーん、まさか、『もう帰る』なのー」

RIMG3047_0813.jpg

「へへっ 作戦、作戦」
RIMG3048_0813.jpg

「ほらー じゃ、まめちゃーん、おやつよーおやつー 機嫌なおしてー」

   「作戦、成功!」
RIMG3049_0813.jpg
              そういうことかあ・・・



今年一番の猛暑日

2013.08.10 13:40|by タイタイ
ママー 

今日、朝の散歩、パパ、短かったしい
なんか、ぜんぜんつまんないんだけどおー

「なによー、タイ、これで遊ぶ?」
んん?

それじゃないー

「じゃ、これ?」

ちがうー


「じゃあ・・・これかなあ・・・これどう?この、ゴムがでろでろになったパパの靴下に、シカの角をIN!」


うおーっ!
それそれっ!

うぐー
RIMG2880_0810.jpg

うおー これよー
RIMG2881_0810.jpg

ぐはっ
RIMG2882_0810.jpg

うししっ
RIMG2884_0810.jpg

うぐぐぐ
RIMG2886_0810.jpg

むふふ・・・
RIMG2887_0810.jpg

ぐわしっ
RIMG2888_0810.jpg

ふーむ
RIMG2889_0810.jpg

ぐしぐしぐし
RIMG2892_0810.jpg

うっとりー
RIMG2896_0810.jpg

はっ
RIMG2898_0810.jpg

ぐわしっ
RIMG2899_0810.jpg

ふむふむふむ
RIMG2902_0810.jpg

ふおー
RIMG2905_0810.jpg

ふーむ
RIMG2907_0810.jpg

ぺろぺろぺろ
RIMG2908_0810.jpg

ふー
RIMG2909_0810.jpg

ぐわーっしっ
RIMG2914_0810.jpg

ぐしぐしぐし
RIMG2915_0810.jpg

ほおー(達成感)
RIMG2916_0810.jpg

えっへへー
RIMG2917_0810.jpg

おわりおわり
RIMG2918_0810.jpg


(終わりの図)
RIMG2925_0810.jpg




暦の上では秋だけど、まだまだ暑い朝

2013.08.09 14:37|by タイタイ
昨日、まるこ川辺にいたし、今日もきっとそうだと思っておりてきたけど、
いない・・・

ママ、まるこは?


まるこ、どこ?
RIMG2795_0809.jpg

おかしいな、まるこの声聞こえないし・・・
RIMG2797_0809.jpg

じゃあ、まだはらっぱにいたのかな
RIMG2799_0809.jpg

上に戻ったら、いるかな
RIMG2803_0809.jpg

いない・・・
RIMG2804_0809.jpg

ママ、まるこ、どこ?                「お、なんだ、小僧」
RIMG2808_0809.jpg

         「なんだ、おまえ、女か? へへーん、さてはふられたな」
RIMG2809_0809.jpg
リュウ番長・・・

              「かー! なさけねーなー、おまえ。何、女の尻追いかけまわしてんだよ」
・・・・(そんなんじゃないもん/タイの心の声)
RIMG2811_0809.jpg

「タイ、まるちゃん、やっぱあっちの川辺にいるよ」

えっ
RIMG2806_0809.jpg

           うおー やっぱあっちにまるこ!?
RIMG2812_0809.jpg
(タイに乗じて再び川辺に戻るリュウ番長)

ママ、こっちにまるこ、いないけど。
RIMG2814_0809.jpg

「ほら、左手、左手の先のほうにいるよ」

えっ・・・こっち・・・?
RIMG2821_0809.jpg

ママ、こっちでいいの? まるこの声、きこえないけど・・・
RIMG2824_0809.jpg

んあ!?まるこのママの声だっ
RIMG2825_0809.jpg

まるこっー
RIMG2826_0809.jpg


まにあったー まるこのあさめし弁当ー
RIMG2833_0809.jpg




※※※※※


まるこー そばにいきたいけど、ぼく、ぱんつぬれちゃうしな・・・
RIMG2872_0809_20130809141948b4e.jpg

あれっ リュウ番長・・・
RIMG2840_0809.jpg

ぼくに、あんなこと言っといて、
RIMG2841_0809.jpg

若い女の子(蘭蘭)とずいぶん楽しそうじゃん
RIMG2844_0809.jpg

しかも、蘭蘭に花持たせてるよ
RIMG2845_0809.jpg




※※※※※


(おまけ)


RIMG2850_0809_20130809141946e70.jpg

今朝は、まだ赤くない赤とんぼが、たくさん川の上を飛んでいました。
こんなに暑いけど、やっぱり暦どおり、立秋なのかな

犬種の話

2013.08.06 10:34|by mom
先週29日、タイが箱根へ出発する日の朝は、
きなこちゃんも、ママの帰省で北海道へ出発する日だった。


賢いきなこちゃんは、ずいぶん前からその日の出発を知っていたらしい。

RIMG2321_0806.jpg

ところで、きなこちゃんは、涼しい北海道へ1か月も避暑に行くけれども、

RIMG2330_0806.jpg

本当は、暑いアフリカ出身の、マサインジーという犬種。
マサイ族の近縁で、古くから犬とともに暮らしてきた部族の犬だ。
RIMG2334_0806.jpg

ひょんなことから縁があってきなこちゃんをもらいうけたママは、
それを知って、アフリカに興味を持ち、
RIMG2336_0806.jpg

ジャンベという太鼓に出会った。

RIMG2337_0806.jpg

部屋でジャンベの練習をしていると、きなこちゃんは先祖の歌を思い出すのか、
一緒に鳴くそうな。

RIMG2339_0806.jpg

もしかして、きなこちゃんとママは、
前世でもそうして一緒に歌ってたのかもしれないね。

RIMG2340_0806.jpg

早く、きなこちゃん、河原に帰っておいでー

RIMG2343_0806_20130806102507602.jpg

                           (以上、7月29日撮影)


そして、
実は、まるちゃんは、
ママがその容姿にほれ込んで、スペインからわざわざ空輸した犬だ。

     「そうなのー 実はわたしお高い犬なのよー」
RIMG2746_0806.jpg

スペイン、アンダルシア地方の農家で昔から飼われていた犬で、
畑で種や実を食べてしまう鳥を追ったり、
野兎を追っ払う役目をしていたらしい。

RIMG2754_0806.jpg

しかし、まるちゃんのママは、そんなことは知らなかった(あくまでも容姿が好きだっただけだそうだ)。

でも、なぜか、まるちゃんに、
河原で鳩が群れていると、
「はとっ!」と指さして、まるちゃんに鳩を追わせる遊びをしたり、
ぬいぐるみをくわえさせて、
パンっと手をたたくのを合図に、まるちゃんにぶんぶん振り回せさせたりして遊んでいた。

もしかして、やっぱり、
まるちゃんとママも、前世において、スペインのアンダルシア地方で一緒に働いていたんじゃないか?

            「・・・・・(ノーコメント)。」
RIMG2752_0806.jpg


ところで、タイは、実は、
古代ケルト人がイギリスに持ち込んだ古い犬、
ケルティック・ブラウンブラック・ショートレッグ、という犬種だ。

RIMG2757_0806.jpg

ウェールズ地方で分岐した、コーギー・ペンブローク、そしてカーディガンは、
この犬種を牛追い用に改良したもの。

今、この犬種は本場イギリスでも数少ない希少種である。

RIMG2762_0806.jpg

ちなみに、河原デビューした時に似ていると評判だった、しゅんちゃんも、
タイと同じ、ケルト人がイギリスに持ち込んだ犬で、
こちらは、ケルティック・ホワイト・ショートレッグといういわば近縁種。

RIMG2080_0806_2013080610250564a.jpg
(しゅんちゃんはこの酷暑中の野球部朝練のため、早早朝散歩でずっと会えず、7月23日撮影)

こちらは、ケルトの猟犬として使われていたらしい。
そして、実はフィオナちゃんのイングリッシュ・ゴールデンレトリバーの原種という説もあるらしい。
(このへんは定かではない)



このように、河原にはたいへん珍しい犬種が多くいる。

しかし、この犬ほどの珍種はいないかもしれない。

それは、この、熊猫犬。
RIMG2745_0806.jpg

熊猫犬は、中国四川省に生息している犬で、パンダに擬態して天敵から身を守るという術を身に付けた犬。
長い間、パンダの子供と間違えられ、その存在を知られていなかった。

ところが、最近は、中国の南部地方のお金持ちの間で人気爆発。
蘭蘭そっくりの白黒犬が、洋服着て、バギーに乗って、街中を闊歩しているらしい。




「ママ、それ、嘘・・・嘘だよね・・・!?」
RIMG2766_0806.jpg

ん・・・?
タイ、なんか言った?


あ、そうそう、そしてこのコータくんは、
ツキノワグマに擬態して・・・
RIMG2748_0806.jpg


「ママっ! いいかげんにしろっ!!」
RIMG2767_0806.jpg

・・・はい、すみません



(※いうまでもありませんが、以上の犬はすべて保護犬です)

真夏の夜

2013.08.03 23:26|by mom
今まさに真夏の東京。

でも、土曜日の今日は朝夕、風が吹いてちょっと過ごしやすい。
それで、早めの晩御飯を食べて、ちょっと足を延ばした夜散歩に出かけることにした。

目指した先は、再開発中の公園の中に先々週オープンしたばかりのあのおしゃれカフェ。
RIMG2717_0803.jpg

公園の小高い丘に突如出現したカフェは、
なんだかどこか別の場所に来たみたいな錯覚に陥いらせる。

RIMG2701_0803.jpg


夜8時過ぎの店内は7割程度の客の入り。
のんびりした雰囲気は、まるで外国のリゾート地に来たみたいだった。



流れるBGMは、チェット・ベイカー。

私たちは、お酒を飲まないので、
今は、夜のおしゃれスポットに出没することはほとんどない。

だから、こんな夜の風景を前にすると、
ディカフェやマンゴージュースでもちょっとわくわくしちゃう。
RIMG2682_0803.jpg

タイは、こういうときは・・・

RIMG2674_0803.jpg

ぼけっとする。

RIMG2685_0803.jpg

おやつをもらった後は、スイッチをオフにして、
ぼけっと時が過ぎるのを待っている感じ。

RIMG2691_0803.jpg

飼い主によっては、こういうところに自分の犬を連れていくことを好まない人もいるが、
わたしは、できるだけタイと一緒に時を過ごしたい。

RIMG2696_0803.jpg

そりゃあ、河原で嬉々として遊んでいる表情とは違うけど、
寝る時ですらわたしに体を擦り付けて眠るタイは、
一緒にいるだけでも、それなりに私たちと時間を共有した気になっているのではないかと思ったりする。



そして、涼しい夜風に誘われて、しばらく公園内を散歩する。
RIMG2703_0803.jpg

           「えっへへー」
RIMG2714_0803.jpg

正面から吹く川風があまりにも気持ちよくて、階段の上でしばし休憩。
RIMG2723_0803.jpg

向こうのハイウェイを走る車の音に混じって、
遠くに「パンパーン」という(タイの嫌いな)花火の音、
「ごとごとごと・・・」という(タイの嫌いな)電車の音・・・
RIMG2726_0803.jpg
そのたび、タイの耳がぴくぴく動く


さあ、そろそろカフェも閉店時間。
RIMG2737_0803.jpg

おうちに帰ろう