01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
月別アーカイブ

プロフィール

Taitaimom

Author:Taitaimom
2012年3月、保護犬のタイ(当時推定1歳)がうちにやってきました。
そこから始まる、タイとわたしたちの暮らしのあれこれについて。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

いつでも里親募集中

検索フォーム

アルバム

三寒四温のはじまり

2014.02.26 21:39|by mom
昨日から、春がはじまった。

空は霞み、空気が一気にゆるむ

RIMG0558_0226.jpg

タイ、春の匂いがする?

RIMG0560_0226.jpg

          「いや、ぼくたちが探してるのはハルとかの匂いじゃないよ?」
RIMG0561_0226.jpg

はいはい、そうだった
そのへんは、河原くんくん隊の重要探索地なんだよね

RIMG0563_0226.jpg

「まるこ、待っててもどいてくれないから、新しいところさがそっと」
RIMG0564_0226.jpg
あれっ?ふたりの手前に咲いているのは、
大根の花。

桜の咲くころ、河原にはこの花が一面に咲き乱れる。
RIMG0574_0226.jpg
ちょっと気が早い気もするけれど、でもきっと、こういうふうにして春ははじまるんだ

足元には、一面に春の小花、イヌのなんとか
RIMG0566_0226.jpg

陽の光で青く光る
RIMG0568_0226.jpg


まだまだ季節は浅いから、これから逆戻りの天気もあるだろうけど、
この暖かさは間違いなく春。季節外れなんかじゃない。

ようやく今年も、三寒四温のサイクルに入ったんだろう


あっ タイっ なんか食べてる!?
RIMG0571_0226.jpg

   「草だよん」
RIMG0576_0226.jpg


そうそう、春、犬はよく草を食べるんだ
タイもそろそろ春じたくだね

春じたく・・・

と、いえば、換毛期・・・
しばらく楽してたけど、そろそろ、そろそろ、はじまる換毛期・・・

RIMG0577_0226.jpg

このぼんぼりみたいな巨大なおしりも見おさめだね。







*****
(おまけ)




河原の出口のアジアン雑貨のお店。

閉店セールがいつのまにか卸値セールに衣替え
RIMG0594_0226.jpg

まるちゃんのママの大量お買い物により、
おまけのバンダナ
RIMG0579_0226.jpg

タイも、おまけのバンダナ
RIMG0578_0226.jpg

おいおい、そんなにブルーになる?
RIMG0583_0226.jpg

ふたりおそろいで、
RIMG0588_0226_20140226212622cbb.jpg

並んで帰ったとさ

RIMG0612_0226.jpg



春待ち

2014.02.24 21:34|by mom
立春を過ぎても、まだまだ寒い河原。

ここのところはずっと平年より気温が低い状態が続いていて、
いい加減、代り映えしない冬の景色にも飽きてきた感じ。

と、そこに突然、川にそそぐ小川の水門の上のランプが点滅し、
「ゲートが動きます」のアナウンスがひびきわたる。

「おおっ」とばかりにみんな見物する。

(注:黄色いテープは、立ち入り禁止のテープではなく、黒柴なつちゃんのロングリード)

区のトラックが横付けになっていて、小川の河口には何人もおじさんたちが降りていた。
この間の大雪でなぎ倒された大枝小枝が、河口にたまっているのを、
清掃するために、小川の水をせきとめるらしい。


ゆっくり、ゆっくりゲートは降りていく。
RIMG0425_0223.jpg

        「ね、なんでみんなここで待ってるの?」
RIMG0431_0223.jpg

ま、確かに、犬たちは、ここにみんなで待っている意味はわからないだろう

「わかった オヤツ待ち!」
RIMG0433_0223.jpg

             「わかったー」        「わかった」 
                   「わかった」  
RIMG0441_0223.jpg

(ゲート、ようやくしまる)
RIMG0445_0224.jpg


*****

代り映えのしない冬景色の河原を歩いて、
たどりついたのは、いつものおしゃれカフェ。

またもや、オヤツ待ちのみなさん。
RIMG0454_0223.jpg

           「あたしにもくれるんでしょ!」
RIMG0456_0223.jpg

と、そこに、
RIMG0462_0223.jpg

柴犬めもちゃん(7~8カ月)登場
RIMG0460_0223.jpg

めもちゃん、富士額だし(柴犬だけど)足が短くて、なんだか、タイに似てるよ
RIMG0473_0223.jpg
(これには飼い主さんも積極同意)


そのうちに、ヴォルちゃんも登場して、

またまたオヤツ待ち。
RIMG0482_0223.jpg


オヤツ待ち。
RIMG0490_0223.jpg

「・・・・」(←まるちゃん、出遅れる)
RIMG0484_0223.jpg



ママたちのおしゃべりの間、

アイドリングタイム・・・じっとオヤツが出るのを待つ
RIMG0500_0223.jpg

オヤツか、出発か、どっちでもいいから、待つ。
RIMG0503_0223.jpg

「オヤツ出たーっ」
RIMG0519_0223.jpg

                    「むむむっ」
RIMG0520_0223.jpg

「はいしゅんちゃん」
RIMG0522_0223.jpg

「はいタイちゃん」
               「むはっむはっ」
RIMG0524_0223.jpg

            「まだ出るか?」
RIMG0526_0223.jpg

            「もう出ない?」
RIMG0529_0223.jpg



そして、はりきって出発、ヴォルちゃん、よかったね
RIMG0535_0223.jpg


まるちゃんも帰宅
        「じゃあねーまたあしたー」
RIMG0537_0223.jpg

「まるこ、帰っちゃった・・・」
RIMG0540_0223.jpg



どんよりうすら寒い曇り空で、
犬たちの動きも小さく、ひたすらオヤツ待ちの光景が多かったような・・・、


河原の学校活動も、こんな天気の今日はなんとなーく行き詰まりの感じ。
早く、春が来ないかな・・・



春待ちのこの期間、

ほんとに春は来るんだろうか!?と思ったりするんだけど、
本当は、夜明け前が一番暗く感じる時、なのかもね。






*****
(おまけ)


河原のお友達のアメリカ土産


まるちゃん、CM出演中!?
RIMG0452_0224.jpg





バンダナ・コスプレ大会

2014.02.20 21:01|by mom
今日は首元にバンダナでおしゃれをしてきたまるちゃん。

河原で、犬の名札とカラーの落し物を拾ったので、記された連絡先に届けたら、
お礼にもらったバンダナだそうだ。


温かみのある赤の色が、まるちゃんの毛色にとてもよく似合っていたけど、
河原で犬と遊んでいるうちに、ピーンと来ちゃったまるちゃんのママ、

タイに、かぶせてみる。
RIMG0309_0220.jpg

「・・・・。」
RIMG0316_0220.jpg

「あははー」
「かわいいー」
「赤ずきんちゃんみたいー」


「えっ・・・」
RIMG0308_0220.jpg

「はいはい、おやつよーこっち見てー(写真撮るから)」

「はーい」
RIMG0307_0220.jpg

「赤ずきん・・・っていうかマッチ売りの少女?」
RIMG0311_0220.jpg
「・・・って、あたしのママが言ってます」


「あははー」
「そうそう、うまーい」
「ぴったしーマッチ売りの少女ー」


「ぼく、しょうじょ、なんだっけ」
RIMG0321_0220.jpg

「なんか・・・ぼく、笑われてるし・・・」
RIMG0324_0220.jpg
   

「よし、じゃあ次はきなこちゃんね」
RIMG0331_0220.jpg

「えっ・・・なんであたし、こんな目に・・・」
RIMG0332_0220.jpg
きなこちゃん、東欧あたりの民族衣装を来た乙女になる。

「おおー」
「かわいいー」


「いくらかわいいっていわれても・・・」
RIMG0335_0220.jpg

「うははーきなこー かわいいよっ!!」
               「あっ きなこねえちゃん、あれ、ぼくがやられてたやつだ」
RIMG0339_0220.jpg

  「きなこねえちゃーん、大丈夫?」
RIMG0341_0220.jpg

   「・・・大丈夫なわけないじゃない」    「えっ 聞こえないけど」
RIMG0348_0220.jpg

   「大丈夫なわけないじゃないっ」    「・・・そうだよね、そりゃそうだよう」
RIMG0350_0220.jpg

「はいはい、きなこ、ご苦労さま」
          「えーん、ママあ」
RIMG0353_0220.jpg

さて、フィオナちゃんにも試してみようとするも、
木の棒に夢中。

                          「あっ 次はフィーちゃんだわ」
RIMG0354_0220.jpg

フィオナママ、棒を取り上げようとして、棒(綱)引き状態。
RIMG0356_0220.jpg

疲れたので、まるちゃんの頭に座りながら行う。(←嘘)
RIMG0357_0220_201402201712406ef.jpg



フィーちゃんは棒をあきらめないので後回しにすることにして、
まるちゃんにトライ。
RIMG0360_0220.jpg

あれ・・・まるちゃん・・・なんだかちょっと貧乏くさい・・・?
RIMG0361_0220.jpg

「ヤダーッヤダヤダヤダーッ」
RIMG0363_0220.jpg
断固抵抗。

                「ふんっ」
                           「ん?なんだそれボールか?」
RIMG0364_0220.jpg

しゅんちゃん、そこで興味を示したのが運のつき

「ほらほらー次はしゅんちゃんだー」
RIMG0366_0220.jpg

        「うう・・・これ・・ぎゃ、ぎゃくたい・・・」
RIMG0367_0220_20140220161849f68.jpg

「あらしゅんちゃん、似合うわー」
「普通に似合うー」
「どっちかって言えば自然ー」


RIMG0373_0220.jpg
「しゅんやん、大丈夫かね」                  「しゅん兄ー」

             「しゅん兄、しゅん兄、ぼく、気持ちわかるよー」
RIMG0374_0220.jpg

    「しゅん兄ー かわいそうー」
RIMG0379_0220.jpg



そして、おやつを使ってフィオナちゃん棒引き離し作戦、見事成功。

フィオナちゃんにかぶせてみる
RIMG0382_0220.jpg

チロル地方のおばさん
RIMG0383_0220.jpg

いやいや、お嬢さん
RIMG0386_0220.jpg

        「どっちでもいいの、おやつちょうだい?」
RIMG0391_0220.jpg

「あららーなにふたり、かわいいねー」(写真パチリ)
「えへ」
RIMG0396_0220.jpg

「かわいいわー」(写真パチリ)
「えへー」
RIMG0397_0220.jpg

「ぼくたちねーかわいいんだよ、ママ知ってる?」
RIMG0403_0220.jpg

「でも、フィーちゃん、大丈夫?、そのへんなのかぶってー」
RIMG0404_0220.jpg

         (↓実は、フィオナちゃん、かぶりものはまったく気にしない)
RIMG0406_0220.jpg


最後に、まるこにバンダナを返して、バンダナコスプレ大会は終了に。

「はい、まるこ、また、首に巻こうね」

      「ヤダーーーッ」
RIMG0417_0220.jpg

「なんでー?まるちゃん、ここに来た時は得意げにバンダナしてきたじゃん」

         「ママ、もう金輪際ヤダからー」
RIMG0418_0220.jpg

「ママっ あたしにそんなのつけるなら、かんでやるうーーっ」
RIMG0419_0220.jpg


バンダナコスプレ大会の成果、

RIMG0421_0220.jpg


なんと、まるちゃんを最高にバンダナ嫌いにする、だった・・・





河原のお宝ボール

2014.02.19 17:02|by タイタイ
河原に落ちてた、最高にいい匂いのするボール

RIMG0275_0219_20140219163151bb7.jpg

明日来た時にとっておこうと思って、草むらに隠した。

・・・そしたら、隠したそばからまるこがやってきて、得意げにくわえてほっぽり出すんだ

まるこ、ひどいことするよ・・・
RIMG0276_0219_20140219170103dc2.jpg


だから、今度はまるこが見つからないような場所に隠さなきゃ
RIMG0277_0219.jpg

そうだ、今度はこっちの奥の方に隠そう
RIMG0278_0219.jpg

この辺はどうかな
RIMG0279_0219.jpg

「ふふん」         (内心)あっ・・・しまった、まるこ、また来たか・・・
RIMG0282_0219.jpg

(まるこ、通り過ぎる)

よかった、まるこ行ったぞ・・・気がついてないみたいだ。
じゃあ、念のため、この草むらの奥ーのほうに入れておこう。
RIMG0283_0219.jpg

よし、よーし、ここ深いぞ
RIMG0284_0219.jpg

まるこ、見てないな
RIMG0287_0219.jpg

ふん、ふうーーん
RIMG0288_0219_20140219161941cd1.jpg

よし、これで大丈夫
RIMG0289_0219.jpg

「ん? タイ、何してんの」
RIMG0290_0219.jpg
        
               どきーん
RIMG0291_0219.jpg

「なになになに」                         (↓聞こえないふり)
RIMG0292_0219_201402191626124b8.jpg

            どきどきどき
RIMG0293_0219.jpg

「なになになにっ」
RIMG0294_0219.jpg

       「なになになにーっ? あいつまたなんか隠したね!?」
RIMG0295_0219.jpg

       「どれどれどれ、まるこデカ出動!」
RIMG0296_0219.jpg

        「わからん」(←あっさり)
RIMG0298_0219.jpg

「なにー タイチ、どこ隠したって?まるちゃん見つけなよー(面白いから)」
RIMG0299_0219.jpg

「ないねー 見つかんないわー」
RIMG0300_0219.jpg

「ママ、まったく情けないんだから」(←責任転嫁)
RIMG0301_0219.jpg

            どきどきどき
RIMG0302_0219.jpg

「ママー、何やってんの」(←もうどうでもいい)     どきどきどき
RIMG0303_0219.jpg

さあー行こうかー まるこー
                 「ん?なんだ? なぜか後ろ髪ひかれる気が・・・」
RIMG0304_0219.jpg






雪と青空と

2014.02.16 14:27|by タイタイ
久しぶりの河原だ。

RIMG0248_0216_20140216135003a62.jpg
(注:タイの足がかなり短く見えますが、足首が雪に埋もれているためで、本当はもう少し長いですので、念のため)


昨日の朝、ほんとうは来たかったのに、
河原の手前まで来て、ママが「ギブアップ」って言うんだ

なんだよ、「ギブアップ」って。

まあ、でもぼくもお腹まで水につかっちゃうしなんだかけっこう大変だったんだ


でも、せっかく今日来たのに、河原に誰もいないじゃんか。


・・・と思ったら、まるこ、来たー

RIMG0250_0216.jpg

  うわっ       「ふおーっ」
RIMG0251_0216.jpg

    「ふっふっふっ」    なんだよなんだよまるこっ  
RIMG0252_0216_20140216134751ebe.jpg

    まるこー       「うっひょひょーいっ」
RIMG0253_0216.jpg

                      こらーまるこー
                         「シャアーーっ」
RIMG0254_0216.jpg

(まるちゃん、なぜかポーズを決めたまま、動かない)
RIMG0255_0216_20140216135631fa6.jpg

                 ・・・・まるこ、なんだかかっこいいぞ・・・
RIMG0256_0216.jpg



                    まるこー、たのしいねー
             「まーねー」
RIMG0258_0216.jpg






*****
(おまけ)



帰り道、これから河原のフィオナちゃんに会った坂道で、
振り返ったら富士山が。
RIMG0274_0216.jpg

今日は、久しぶりの青空。
RIMG0270_0216.jpg
なにか、パワーをもらえたかな・・・






再びの大雪

2014.02.14 23:40|by mom
再びの大雪の予感がする朝。

道路にはまだ積っていないけれど、
吹雪いている河原に降りると、そこは銀世界だった。
RIMG0145_0214.jpg

例によって、はしゃぐ犬たち。
RIMG0147_0214.jpg

記念撮影する保護者。

   「・・・・ママ、早くしてくれ。」
RIMG0148_0214.jpg

「うっほほーい」
RIMG0154_0214.jpg

「うっしょしょー」
RIMG0156_0214.jpg

しかし、さすがに吹雪いている風は、犬にとっても厳しいらしい。

「うう・・・見えん」
RIMG0163_0214.jpg

だけどそれでも、飽きることなく、河原を徘徊
RIMG0166_0214.jpg

(くんくん隊、活動中)
RIMG0168_0214.jpg

(しゅんちゃん、ひとり野球部活動中)
RIMG0171_0214.jpg

         「ママ・・・おしゃべりしてて、全然投げてくれん・・・」
RIMG0172_0214.jpg

          「しゅたっ」
RIMG0173_0214.jpg
(しょうがないので、投げてもらったつもりで、飛びつく自主練中)




・・・こんな吹雪の中でも、続々と集まる皆さんたち。
RIMG0190_0214.jpg

   「きなこねえちゃーん、おはよーう」
RIMG0196_0214.jpg

                      「えへへー ぺろぺろぺろ」
RIMG0198_0214.jpg


一方、まるちゃんは、

         「こらーっ」
RIMG0202_0214.jpg

          「こらーっ」
RIMG0203_0214.jpg

        「アリス、最近生意気言ってんじゃないわよっ」
「うう・・・まるちゃん、あたし、もう改心したのに・・・」
RIMG0205_0214.jpg

「まったくまったくー アリスったら、最近、河原で威張ってんじゃないわよー」
RIMG0206_0214_20140215105056a62.jpg

        「うう・・・あたしが威張ってるって、まるちゃん・・・それちょっと古い情報だよ・・・」
RIMG0209_0214.jpg

                          「こらー」
   「うう・・・まるちゃん、あたしどうしたらいいのよー」
RIMG0222_0214_20140215131305e58.jpg

2歳になってちょっと偉くなったつもりになっていたアリスちゃん、
最近、河原で、元気な黒ラブ君にやっつけられ、身の程を知ったらしい

・・・んだけど、まるちゃん、今日はやたらアリスを追いかけまわす。
(いやむしろ、それに乗じて、まるちゃん、アリスちゃんにヤキを入れてるのか?)


RIMG0223_0214_20140215131307f70.jpg
タイは、たくさんの犬が集まると、そのへんをうろうろくんくんするだけだ。

「きなこねえちゃん、そこなんかあるのかな?」
RIMG0227_0214_201402151313098c4.jpg

きなこちゃん、鼻の上に雪ついてるよ
RIMG0215_0214_20140215131449b97.jpg


さてさて、
吹雪の中、犬と違って走りまわらない人間が時を過ごすのは限界がある。
そろそろ、みんなそれぞれ家の方向の河原の出口に向かって歩き出す。

           「ママー あたし遅く来たし、遠回りして帰るわよー」
RIMG0233_0214_20140215133419972.jpg
勝手に、出る出口を遠くの方へ決める方たち。


雪はますます降り続く。
RIMG0242_0214_20140215133313668.jpg

なんだか犬と一緒にスノートレッキングしている気分。

RIMG0243_0214_201402151333163eb.jpg


本当は、おうちはみんな目と鼻の先。

いつでも暖かいおうちに帰れるけど、
いつでも暖かいおうちに帰れるからこそ、

楽しい楽しい雪、なのかもね。






遊び盛り

2014.02.13 23:02|by mom
初めてお目見えのシェルティ、カイくん7か月。

RIMG0074_0213.jpg

シェルティとなると、どうしてもお近づきになりたいわたし。

しかも、可愛い盛りの、子犬のカイくん、
遊びたくて、突進しかけるのをママに抑えられる。

          「なんか知らんけど、この種類の犬はみんな知り合いだって、ママ勘違いしとる」
RIMG0067_0213.jpg

タイは、子犬が遊べーと近づくと、

               「うるさーい、オレはオトナだー」
RIMG0068_0213.jpg
と、拒否。

2年前は、よく初対面の犬でも「あそぼっ」って自分から誘ってたのにね
今はすっかり、オトナ気どりで子供を遠ざける。

                「ぼく、オトナだもん。えっへん」
RIMG0070_0213.jpg

「ほらータイ、そんな威張んないのよー」
「この子タイに似てるよー 優しくしなきゃー」
 
(若干1名↓、人のふりした毛モノがまじっています)
RIMG0075_0213.jpg

「なんだよ、こいつ、会ったの今日初めてだし、友達じゃないぞ」
RIMG0082_0213.jpg

                 「ねー 遊んでっ」
「こらー オレは遊ばないぞー 来るなー」
RIMG0083_0213.jpg

ほらータイ、そんな顔しないでさー
シェルティの子供なんだよー タイ、遊んであげればいいのに

「なんだよ、シェルティって。関係ないじゃん」
RIMG0085_0213.jpg

カイくんは、たっぷりした毛量とすっきりした顔つきで、
もう大人みたいな感じもあるけれど、実は7カ月ってことだから、まだきっともう少し大きくなるね。
RIMG0086_0213.jpg
やっぱり、こうやってシェルティに会うと、タイに似ているなあって思う。

でもシェルティの飼い主さんからは、
積極的には、タイに似てるってあまり言われない気がする・・・
・・・気のせいだろうか・・・

やっぱり、タイの第一印象が頭でかくて足短いからかな・・・
そりゃ、シェルティじゃないよね・・・


   「あっ じゃあ、ぼく、あっちの子と遊ぼうかな」
RIMG0087_0213.jpg

「おっ じゃあフィーちゃん遊んであげなよ」
    
          「えっ あたし?まじ?」
RIMG0088_0213.jpg

(タイ、カイくんの興味がフィーちゃんにいくと、勝手に輪の中から離脱)
RIMG0092_0213.jpg

    「そうだ、フィーちゃんが相手すればいいんだ」
RIMG0095_0213.jpg

               「ええーちょっと、あたし、コドモは苦手なんだけど」
RIMG0097_0213.jpg

                          「ちょっとちょっとー」
RIMG0099_0213.jpg

                                 「いやーだっ」
RIMG0100_0213.jpg
 
(ママ曰く)母性ゼロ、のフィーちゃん、ママのところに避難
RIMG0101_0213.jpg


一方、これら一部始終の間、まるちゃんは

RIMG0104_0213.jpg

周囲の芝と同化中
RIMG0105_0213.jpg

                    「ちっ 見つかっちゃった」
       「ねえねえー」
RIMG0107_0213.jpg

                  「ほらーまるちゃん、遊んであげなさいよー」
「あそぼーよー」                「んー」         
RIMG0110_0213.jpg

「ねーねー 名前なんていうのー」
RIMG0111_0213.jpg

                      「ちょっと、それ、失礼だから!」
RIMG0112_0213.jpg

「ほら、急には失礼よっ」            「ふふん」
RIMG0113_0213.jpg

「こらー まるこに何してるんだー」
        「これっ、タイ、なんでよ、赤ちゃんにそんなコワい顔しないの」
RIMG0114_0213.jpg

「え・・・だってだってあいつがさ・・・」
RIMG0115_0213.jpg

                     「なんだよなんだよぼく悪いことしてないもん」
RIMG0116_0213.jpg



遊びたい盛りのカイくん、なのに残念ながら、三人とも大人ぶるだけで誰も相手をせず。

そして、カイくんが去った後に、

・・・ふたり、遊びだす。
RIMG0118_0213.jpg

                           「ぐおー」
RIMG0136_0213.jpg


3歳ともなると、もう新しい誰かと遊ぶことはしなくなるらしい。
タイも、もう、まるちゃん以外の子と、こうやってお相撲することはなくなった。

でも、大人になっても、小さいころから遊んでいる竹馬の友は特別で、気が向くたび遊ぶと聞く。

タイが遊んでる姿を見るのは、とても嬉しく楽しい。

タイはまるちゃんという竹馬の友が得られて本当によかったな
RIMG0126_0213.jpg


カイくんも、どこかで竹馬の友、見つかるといいね




寒い日、うちに毛っこがいる幸福

2014.02.11 23:23|by タイタイ
むふっ
RIMG0048_0211.jpg

ママー ぺろぺろ
RIMG0049_0211.jpg

ママ、ぼくのこと、そんなに好き?
RIMG0050_0211.jpg

もーまいっちゃうなー
RIMG0051_0211.jpg

むほほっ
RIMG0053_0211.jpg

えへへー ぺろぺろ
RIMG0054_0211.jpg

ぺろぺろぺろ
RIMG0055_0211.jpg

えへー ぼくもママのこと大好きー
RIMG0056_0211.jpg

おおー そこ気持ちいいー
RIMG0057_0211.jpg

むふふー
RIMG0058_0211.jpg

むほほー
RIMG0059_0211.jpg

もっともっとー
RIMG0061_0211.jpg








集中することが楽しいのだ

2014.02.10 23:22|by mom
昨日の雪がまだまだ残る河原。

さんざん遊んだ帰り道、ある場所で突然、きなこちゃんが熱心にくんくん匂いをかぎ始めた。

と、それを見てきなこねえちゃんの弟子のまるちゃんとタイは真似してくんくんし始める。
RIMG1349_0210.jpg

                          「いるわ、いるのよ」
「むむむっ もぐらかねずみか、地下帝国でござるな きなこ隊長」
RIMG1365_0210.jpg

きなこちゃんと同じようにあたりをくんくん嗅ぎまわるタイ。
でも、まるちゃんは、いったんきなこちゃんの真似をしてみたものの、
どうもその意味するところを理解しないらしい。


「かっ なんかちょっとおかしくない?あのふたり」
RIMG1357_0210.jpg


そこへ、少年ラッセルが通りかかった。
少年ラッセル、きなこちゃんとタイのあまりの熱中ぶりに興味をそそられ、
RIMG1371_0210.jpg

・・・ついくんくん隊に参加。
RIMG1366_0210.jpg


少年ラッセルの参加で、すっかり少数派になったまるちゃん、
    
       「なに? くんくんってそんなに楽しいもんかね?」
RIMG1367_0210.jpg
まるちゃん、ちょっと面白くない。


そして、とうとう、きなこちゃん、
もぐらだかねずみだかの袋小路を探り当てたか?
RIMG1368_0210.jpg

「・・・」(ひたすら集中)
RIMG1375_0210.jpg

「ぼすっ」(なにかタイミングを図って、顔を入れる)
RIMG1377_0210.jpg

          「むむっ きなこねえちゃん、捕まえるのか?」
RIMG1379_0210.jpg

       「よ、よし、ぼくもっ」
RIMG1380_0210.jpg

         「きなこ隊長、援護しますぞっ」
RIMG1381_0210.jpg

                  「もしかして、こっちの穴に、逃げてくるか?」
RIMG1382_0210.jpg

(タイの援護、きなこちゃんの計画の中に特になし) 
RIMG1383_0210.jpg
                   「だめだ・・・きなこねえちゃんですべて完結してるわ・・・」



きなこちゃん、体勢を変えて集中。
RIMG1384_0210.jpg

そこへ、まるこ登場
RIMG1388_0210.jpg

          「きなこ、なにやってんのよう」(←面白くないので呼び捨て)
RIMG1389_0210.jpg

(↓ひたすら集中するきなこちゃん)   「ええっ?」
RIMG1398_0210.jpg

         「なにようーきなこー そこになにがあるのよう」
「えっ・・・ちょっとまるちゃん・・・」
RIMG1399_0210.jpg

きなこちゃん、まるこの乱入で音と匂いを見失いそうで焦る。

            「ふふん」
RIMG1402_0210.jpg

きなこちゃん、見失った音と匂いを探す

     「どれどれ、きなこ、この穴に一体何があるのよ」
RIMG1405_0210.jpg

きなこちゃん、完全に見失う

                  「おおっ この穴楽しいーっ」(←まるちゃん全くわかってない)
                   「ええっ まるこなになに」(←まるちゃんにだまされるタイ)
RIMG1409_0210.jpg

「なんか、あのひとたちちょっとおかしくない?」
RIMG1410_0210.jpg
ことの成行きに疑問を持つ少年ラッセル。



・・・まるちゃん、形相が変わっちゃったよ
RIMG1411_0210.jpg

さあ きりのいいところで、みなさん、そろそろ帰ろうよ
    
                        「はーい」
RIMG1414_0210.jpg

しかし、ひとり、あの穴に(なぜか)夢中で離れないまるちゃん
RIMG1412_0210.jpg

きなこちゃんも、実はまだあきらめていなかった。
すきあれば・・・        「こらきなこ、もう帰るわよ」
RIMG1416_0210.jpg

        「・・・・みんな、自分勝手すぎないか」
RIMG1417_0210.jpg

まるこ、ようやくあきらめてこっちにやってきたと思ったら、その形相・・・
上記の写真よりいっそう黒くなっており、まるで顔と手足の黒い羊になっていた。

その顔についみんなで大笑いしたら、まるちゃんは恥ずかしいのか、顔をそむけて写真をとらせてくれない。
(ので写真なし)

そして、わきの新雪の中に走っていったと思ったら、大暴れ、

RIMG1419_0210.jpg

・・・と思ったら、体を洗っているつもりらしい。

(ごろんごろん転がりまくる)
RIMG1420_0210.jpg

まるちゃん、とにもかくにも、みんなと同じ、夢中になれてよかったね






記録的大雪

2014.02.09 23:26|by mom
昨日一日、13年ぶりの大雪警報だとかはたまた積雪記録は45年ぶりだとかいう、
記録的大雪が降った東京。
河原は、昨日の朝からすでに一面の雪景色だったが、
夜半まで降り続いた雪のために、今朝はまた一段と雪深い景色に変わっていた。


昨年の大雪の時は、タイは歩きづらそうで、あまり雪が得意な感じではなかった。
しかし今年は、昨日の吹雪の中も、河原で嬉しそうに走り、
夕方の、しんしん降る雪道も、ともすればぴょんぴょん走り出す勢いで張り切った。


今日も、張り切って走る走る
RIMG1152_0208.jpg

すぐにまるちゃんと出会って、タイ上機嫌。




まだ朝早いし、子供たちが出てくるのにはまだちょっと時間がある。
こんな日は車が出せないので、遠方から来る知らない犬もいない。

RIMG1169_0208.jpg

よって、オレの天下!とばかりに調子に乗るタイ。

RIMG1163_0208.jpg

調子に乗るまるちゃん。
RIMG1175_0208.jpg

そこに、永遠の野球少年、弥七登場。
RIMG1180_0208.jpg

勝手に、川辺に行く相談がまとまる
RIMG1184_0208.jpg

へりについたけど、わたしたちは、さすがに雪の法面を下りる気にならなかったので、
犬たちを川辺に行かせないで、しばらくしゃべってたら、

ん?

RIMG1190_0208.jpg

タイ、なにやってんの?
RIMG1191_0208.jpg

(ずりずりずり・・・とゆっくり降りて?落ちて?いく)
RIMG1192_0208.jpg

「・・・・」               「ん?タイ?」
RIMG1193_0208.jpg

           「ちょっとタイ、降りてんのか落ちてんのか?」(←まるちゃんもわからない)
RIMG1194_0208.jpg

(タイ、とりあえず体勢を立て直して、そのまま動かない)
               「あたしも行ってみようかな」
RIMG1195_0208.jpg

「だめだだめだ、こんなところあたしの長い足でもコントロール不能だわ」
RIMG1197_0208.jpg
「やっぱり、タイ、これは落ちたんだわ」


・・・ということらしい。



万事塞翁が馬、タイは下を歩いて探検。

タイー、下の景色はどうよー
なかなか、見ない光景でしょー

RIMG1200_0208.jpg

           「まるこ、来るといいのに」
RIMG1201_0208.jpg

まるちゃん、タイの崩した雪の後をたどって、下に降りる。
RIMG1203_0208.jpg

あれ?でもまるちゃん、タイは右だけど
RIMG1205_0208.jpg

(タイはひとりで探検中)
RIMG1207_0208.jpg

その時、さすがの弥七は、自力で簡単ラクラク下に降りる。
RIMG1208_0208.jpg

        「あ、あたし弥七の後について行こうっと」
RIMG1209_0208.jpg

女はやっぱり強い男が好きらしい
・・・と思ったけど、

「あーでもでもあたしやっぱりこんな雪深いところ歩くの好きじゃない」
RIMG1212_0208.jpg
すぐにまるちゃん、上に上がる。




その後、結局、法面を降りる技術を持つ雪国出身のまるちゃんママたちにつれられ、川辺に降りた犬たち。

RIMG1264_0208.jpg

「うおー ママ、怠けてるんじゃないぞー」
RIMG1266_0208.jpg

いーぬーは喜び、河原、駆け回る♪
RIMG1268_0208.jpg



「うおーまめちゃん、来たー」
RIMG1289_0208.jpg



あっという間に時間は過ぎて、いつもの犬メンバーも続々登場。
子供たちも橇を持って出てきた

RIMG1302_0208.jpg


今日一日限定、河原はさながら(平たい)スキー場。





*****(おまけ)

《雪に埋まる その1》


「あっちの道行こう」
RIMG1305_0208.jpg

「あれ?」
RIMG1306_0208.jpg

「あれれれ?」
RIMG1307_0208.jpg

(何とか前へ進む)

「あー びっくりした」
RIMG1308_0208.jpg

「なんだよー こんちくしょー」
RIMG1309_0208.jpg




《雪に埋まる その2》

ずぼっ ずぼずぼっ
RIMG1329_0208.jpg

「ううっ なんだっ ちょ、ちょっと無理・・・」
RIMG1330_0208.jpg

(必死に向きを変える)

「うう・・・」
RIMG1331_0208.jpg

「ううっ 向き変えても す、進めない・・・」
RIMG1332_0208.jpg

「れ、冷静になんなきゃ・・・」
RIMG1333_0208.jpg

「うっ ぐぐっ」
RIMG1334_0208.jpg

「はっ ほっ」
RIMG1335_0208.jpg

「おおータイー 頑張った頑張った」

(・・・放心)
RIMG1336_0208.jpg

(陸に上がっても放心中)
RIMG1338_0208.jpg



みんな、同じ所で、埋まってた
RIMG1342_0208.jpg
RIMG1343_0208.jpg
RIMG1344_0208.jpg
(まるちゃんだけ、雪をよけて、これみよがしに走る。
・・・そういえば、まるちゃん、昨年、一昨年はママの故郷、北海道で冬をすごしたんだっけね。)





閉店セールでつい白熱

2014.02.04 13:20|by タイタイ
(散歩の帰り道、河原の出口にある、きなママ行きつけのアジアン雑貨の輸入販売店に、なんと閉店セールの文字が。)

「じゃあ、ちょっとここは車通りも人通りもないし、みんなに待ってもらってのぞいてみる?」
「わー、そうしましょーっ」



「ええっ ママたち、早く帰ってきてよう」
RIMG1029_0204.jpg

                   そうはいっても、ぼくのママ、今そこにいるし


          「はいー みなさんお利口に待ってますかー おやつあげるねー」
「あたしのママとかわるがわる見に来てるわ」
RIMG1032_0204.jpg

「あたしのお母さんは?」     えっ       「えっ」
RIMG1036_0204a.jpg

       そういえば、きなこねえちゃんのママ、全然見に来ないな
RIMG1037_0204.jpg

             「あれっ きなこのママ、一緒に入っていったきりよね」
RIMG1039_0204.jpg

        ママ、きなこねえちゃんのママ、どうした?
RIMG1040_0204a.jpg

「お母さん、さっきガラス越しに見えた気がしたけど・・・」
                     「あれーどうしたのかしら、きなこのママ」
きなこねえちゃん、大丈夫だよ
RIMG1041_0204a.jpg

                   「タイのママ、きなこのママ、呼んでこれないの」
RIMG1042_0204.jpg

「えーん、お母さん、どこー」(←きなこねえちゃん、泣く!)

きなこねえちゃーん、大丈夫だよう
RIMG1044_0204.jpg

   ・・・来ないね           「うん、来ないねえ」
RIMG1046_0204.jpg

「しくしくしくしく・・・」
RIMG1048_0204.jpg

  ・・・泣いてるよ          「あーあ」         
RIMG1049_0204a.jpg

               「ちょっと、きなこのママ、きなこのこと心配じゃないのかしら」
    しっ フィーちゃん、聞こえるよ
RIMG1050_0204.jpg

                  「来ないわ」
     来ないね
RIMG1052_0204.jpg


(きなママ、お買物と店の女主人とおしゃべりを楽しんで、ようやく出てくる)

「お母さん!来た!」
RIMG1053_0204.jpg

「お母さんっ」
RIMG1056_0204.jpg
(予想外の縦の突然の動きにより写真がきれてしまっています)

「お母さん、もおー心配したわー」
RIMG1061_0204.jpg

めでたしめでたし






(なお、このお店、閉店セールと書いてあったけど、店員さんの話では続行が決まっているとのことでした)