03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ

プロフィール

Taitaimom

Author:Taitaimom
2012年3月、保護犬のタイ(当時推定1歳)がうちにやってきました。
そこから始まる、タイとわたしたちの暮らしのあれこれについて。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

いつでも里親募集中

検索フォーム

アルバム

今年も実家に帰省

2014.04.30 23:15|by タイタイ
車に乗った。

ずーっと乗った。
(注:1時間ちょっとです)



ママ、ここどこ?
RIMG1133_R.jpg

カフェじゃないし
RIMG1137_R.jpg

犬の匂いはしないし
RIMG1141_R.jpg

えーと、えーっと
RIMG1143_R.jpg

と、とりあえず、
RIMG1144_R.jpg

カフェの時と同じ、テーブルの下で
RIMG1145_R.jpg

待機。
RIMG1147_R.jpg


(父とわたしがケーキを食べてると)

あれ?
RIMG1151_R.jpg

ぼくのうちと同じベッドがある。
RIMG1153_R.jpg

あれあれ?
RIMG1154_R.jpg

なんでだ?
RIMG1158_R.jpg

ま、いいや。
RIMG1160_R.jpg

ぐー
RIMG1161_R.jpg

(しばらくすると)

あれー なんだか、
RIMG1165_R.jpg

前も、ここで、こんなことあったような
RIMG1169_Rr.jpg

おっ じいじ、おやつくれるの
RIMG1180_Rr.jpg

あれー? この感じ、なんだっけ
RIMG1183_R.jpg

なんだっけ
RIMG1184_R.jpg

じいじ、行っちゃった
RIMG1185_R.jpg

えーと、えーっと
RIMG1189_R.jpg

そうだ、ママ、ケーキくれ
RIMG1191_R.jpg



えーっと
RIMG1195_R.jpg

なんでかなあ
RIMG1202_R.jpg

ぼく、ここ知ってるなあ
RIMG1208_R.jpg

なんでかな
RIMG1212_R.jpg

えーとお、ここは足あらうところだ
RIMG1216_R.jpg

ここはげんかんだしい
RIMG1219_R.jpg

こっからごはん出てくるんだ
RIMG1223_R.jpg

ぼく、ここ来たことあるんだ
RIMG1227_R.jpg

うーん、なんで?
RIMG1233_R.jpg

なんでか、わからないけど、わからない・・・
RIMG1234_R.jpg






*****
(おまけ)


昨年は、初日の夜、わたしがお風呂に入ったら、そのドアの前から離れなかったタイ。
今年は、お風呂から上がってみると、

ばあばと勝手に団らん中
RIMG1246_Rr.jpg

と、思いきや、
RIMG1247_Rr.jpg

ばあばにヨガを習っていたそうです。
RIMG1248_Rr.jpg




連休の合間の河原

2014.04.28 21:43|by mom
連休の合間の月曜日の河原。
昨日までの賑わいとはうって変わりいつものわんこ仲間以外、誰もいない。

RIMG1096_0428.jpg

今朝は、日差しが柔らかく、
初夏の緑の風に包まれて、暑くもなく寒くもなくとても快適。

                 「うほー」
RIMG1096_0428_20140428143716cc1.jpg

あまりに快適だから、河原でのんびりゆったり過ごす気分。

   (何気に、ボールの攻防をしているしゅんちゃんときなこちゃん)
RIMG1097_0428_2014042820302055a.jpg


あれ?タイは、なにしてんの

RIMG1098_0428.jpg

        (おやつをもらいにきたけど↓かわいいねーといわれごまかされているフィオナ)
RIMG1099_0428.jpg

なぜか、ちょっとみんなから離れて、風に吹かれるタイ。
RIMG1101_0428.jpg

         「んー 別に」
RIMG1103_0428.jpg

          「・・・・・。」
RIMG1104_0428.jpg

なんだなんだタイ、今日はまるちゃんは来ないんだよ

         「知ってるよー、ママ、もう何度も何度も聞いたもん」
RIMG1105_0428_201404281731388e8.jpg

         「・・・・・。」
RIMG1106_0428.jpg

          「なんだよー 草食べてるだけだもん」        
RIMG1107_0428.jpg

           「・・・・・。」

RIMG1108_0428.jpg

           「・・・・・。」
RIMG1108_0428_20140428173141094.jpg




静かな、河原。
少し、みんなでゆっくりのんびり歩く気分に。

RIMG1111_0428.jpg


水門まで歩いたら、
辺りに、クラシックギターの美しい旋律が響いている。


よく見ると、ベンチで譜面台を前に練習する外国人が。
 ↓
RIMG1115_0428.jpg

穏やかでちょっと寂しいメロディーに、
なんだかみんな聞き惚れる。

             「えへー」
RIMG1117_0428.jpg

(目の前にボールがないので、とりあえず何も考えないことにしたらしい、しゅんちゃん)
RIMG1119_0428.jpg

(いつもあんなに大人っぽいのに、ママの前では幼子みたいにふるまうきなこちゃん)
RIMG1123_0428.jpg

                 「うほー エリスのママー 苦しゅうないぞ 」
RIMG1125_0428.jpg

                 「うへへ」
RIMG1127_0428.jpg



ゆっくりのんびり、
ちょっと贅沢な時間を過ごした気分の、朝だった。





*****
(おまけ)


このところ、何かとみなさんに、
「足先の毛、切らないの?」と言われていたタイ。
RIMG1077_0428.jpg
                             (4月25日撮影)
いやー、実は、このぼさぼさ感がなぜか結構好きだったんだけど

朝散歩の後、近所のショップに、爪切りのついでに足先・足裏カットに行ってきた。
RIMG1128_0428.jpg
おおーすっかりおぼっちゃんの御足に。

足裏も、すっきり。
RIMG1129_0428_20140428143151370.jpg
このとってもかわいい肉球、
もし肉球選手権があったら入賞ものじゃないかしら

と思うのだった。





明日から、G.W.

2014.04.25 22:41|by タイタイ
                ま・・・ ま・・・ま、
RIMG0996_0425.jpg

                まるこおーーっ
RIMG0999_0425.jpg

        まるこーまるこー  「ふふん」
RIMG1000_0425.jpg

    「ふふん、あたしきのう美容院行っちゃったからねー 美人まるこなんだもーん」
RIMG1008_0425.jpg

            まるこー 昨日さー、ぼくさー          
RIMG1011_0425.jpg

                 ぼく、河原でまるこの匂い、見つけたんだよ?
RIMG1012_0425.jpg

      でもさー、もうそこに、まるこ、いなかったんだー
RIMG1014_0425.jpg

                     ねーねーまるこ、きいてる?
RIMG1015_0425_20140425214957077.jpg

「タイ、そんなことよりさ、今日の匂いのほうが大事じゃないの」
               あっ そうだねまるこ、そうだそうだ
RIMG1016_0425.jpg

                「今日、みんな来るかなあ?」
   えっ・・・来るんじゃないの、なんで?
RIMG1018_0425.jpg

    あっ しゅん兄とルビーちゃん、来たー
RIMG1021_0425.jpg



*****


(川辺に行くと、率先して美容院シャンプー・カットを台無しにするまるちゃん)
RIMG1032_0425.jpg

「まるちゃーん、久しぶりの気がするー」    「えー そうお」
RIMG1034_0425.jpg

「タイちゃん、まるちゃん来て嬉しいねー」  まあね(←年下相手に余裕を見せる)
RIMG1040_0425.jpg

         「ねえねえまるちゃーん」(←今日は蘭蘭も離れない)
                        「ふふん」
RIMG1041_0425.jpg

(まるちゃんの石投げ回り、始まる)
RIMG1047_0425.jpg

(始まると、きなこちゃんも走ってきてスタンバイ)
RIMG1053_0425.jpg

               「ママ、そろそろー」
おっ くるぞくるぞ
RIMG1054_0425.jpg

          出たー  「(まるこを中心に)整列っ!」
RIMG1059_0425.jpg
(↑コドモのラッセル、システムがわからず後ろにいます)

(朝ごはんを食べるまるちゃんと、おこぼれをもらうみなさん)
RIMG1065_0425.jpg



*****

今日は、まるこ来てよかったな
RIMG1069_0425.jpg

「ま、あたし今日美人だしね」
RIMG1071_0425.jpg

うん、まるこ、美人だよ
RIMG1074_0425.jpg

                    「へへー」
あっ まるこ、それ・・・
RIMG1078_0425.jpg

「タイチもケッシー(ブラシの名前)する?」

                 ううん、ぼくそれであそぶー
RIMG1080_0425.jpg

                「くおらー タイー」
RIMG1081_0425.jpg

                  「あたしとあそべー」
RIMG1082_0425.jpg

          「ぐおー」
RIMG1084_0425.jpg

      なんだとーがおー
RIMG1085_0425.jpg

    「(内心)ほんとは、あたし、明日から北海道へ帰省なんだよね・・・タイ、知らないけど」
RIMG1090_0425.jpg

「タイ、またしばらく、ばいばいね」
RIMG1092_0425.jpg
   
                  (↓知らないで、調子に乗っている)
RIMG1093_0425.jpg




(明日からGW。河原の学校もしばらくお休みになることでしょう。)



まるこに会えない

2014.04.24 16:40|by タイタイ
今日、河原に降りてったら、確かに、確かに、まるこの匂いがしたんだ

RIMG0964_0424.jpg

だから、ぼくは川辺に走ってきたんだ

RIMG0965_0424.jpg

でも、まるこ、いないんだ

RIMG0966_0424.jpg

まるこ、さっきまで、ここにいたっぽいのに

RIMG0967_0424.jpg

ここに、いたっぽいのに

RIMG0969_0424.jpg

まるこ、まるこ

RIMG0970_0424.jpg

まるこ、きっとここで石投げ回りしてたのに

RIMG0971_0424.jpg

いない・・・

RIMG0972_0424.jpg

まるこ、まるこ

RIMG0973_0424.jpg

もう、ずーっと、まるこに会ってないんだ (注:3日間だけです)

RIMG0975_0424.jpg

まるこ?
RIMG0976_0424.jpg

まるこ・・・
RIMG0978_0424.jpg

あっ もしかして
RIMG0979_0424.jpg

いない・・・
RIMG0981_0424.jpg

もうここにはいないんだ
RIMG0982_0424.jpg

でも、でもまるこ、きっと今日ここにきたんだ
RIMG0984_0424.jpg

まるこ
RIMG0986_0424.jpg

まるこお
RIMG0989_0424.jpg

えーん
RIMG0991_0424.jpg

まるこ?
RIMG0992_0424.jpg

まるこ、なんでいないんだよう
RIMG0994_0424.jpg

まるこのばかあー
RIMG0995_0424.jpg





続きを読む >>

霧雨の天気の中

2014.04.21 22:50|by mom
週末、予想以上に気温が低く、なんだか季節がちょっと逆戻りしたみたいな感じ。

今日ははりきって、河原の学校に来たけど、残念ながら霧雨が降ったりやんだりだ。

(おそろいのレインスーツのふたり)
RIMG0875_0421.jpg

「でもぼく、こんなの着るのは、いまいち・・・」
RIMG0876_0421.jpg
(注:しっぽが不自然に長いように見えますが、はみだしちゃうおしりの毛としっぽがひと続きになって見えるだけです)


けむる草原を、はりきって走るキータちゃん。
RIMG0879_0421.jpg

わたし、このために生きてるの!とでも言いたいみたいに何度もボールを追いかける。
RIMG0882_0421.jpg
ママも、その喜んでる姿を見たいがために、何度も何度もボールを投げる。


「ぼく、スーツ着てるから、走れん」
RIMG0884_0421.jpg

別に着てるからといって、歩くのにはそう支障がないようなんだけど、
本人としてはちょっと違和感があるので、
特にみんながまわりにいるとき、気後れするようだ。

       「あっ おやつ出とるーっ」
RIMG0890_0421.jpg

   「しゅん兄ーっ」
RIMG0893_0421.jpg

    「えへえへえへ」
RIMG0896_0421.jpg

まあ、レインスーツを着る着ないにかかわらず、
こんな天気の日は、人も犬も行動範囲は小さくなりがち。

(飼い主の輪に入って、話を聞く犬たち。)
RIMG0901_0421.jpg


週末、飼い主たちの間のSNSで、
きなこちゃんの河原デビューの時の写真と、
ここに来る前の預かりさんのブログが話題になった。

 「えっ おかあさん、なにか?」
RIMG0903_0421.jpg

その中に動物愛護センターにいる生後3か月のきなこちゃんの写真もあって、
そのいたいけな姿にみんな、ぐっときたらしい。

                   「きなこおー おまえつらかったねえ」
RIMG0911_0421.jpg    
                                 (↑まるちゃんのママ)

                            「えっ あたしのお口匂う?」
RIMG0912_0421.jpg

        「いや、そんなことないけど」
RIMG0917_0421.jpg

                  「おおー きなこおー」
RIMG0920_0421.jpg

         「なになに? あたし、なんかしたっけ」
RIMG0921_0421.jpg

               「きなこー」
       「なになに?あたし、別になんにもしてないけど」 
RIMG0926_0421.jpg

               「・・・・。」(←特に何も考えてない)
RIMG0931_0421.jpg

              「えへー」(←同上)
RIMG0933_0421.jpg

            「おっ タイチ、あたしお口匂いする?」(←なぜかこだわっている)
RIMG0937_0421.jpg

        「え・・・別にそんなことないよう」
RIMG0938_0421.jpg

    「なんだなんだ、まるこのママ」
RIMG0939_0421.jpg

今は昔になっちゃったけど、ここにいる多くの犬たちは、
まるで前世みたいなそれぞれの過去があるんだよね。

RIMG0941_0421.jpg

でも、当の本人たちは意外とそんなこと気にしてないみたいで、
わたしたちは救われた気持になる。

(まるこが遊ぼうと誘っているのに、タイ、スーツをきているのでその気になれないらしい)
RIMG0943_0421.jpg

(結局同じ恰好になる)
RIMG0946_0421.jpg

「なになに、まるこ、ちょっとそんな風体でぴょんしないでよー」

RIMG0948_0421.jpg

      (↓そう言われて、不満。)
RIMG0950_0421.jpg



みんな帰った後、誰もいなくなった河原をひとり歩くタイ。

RIMG0954_0421.jpg

明日は晴れて、スーツ脱いで思いっきり走れるといいね。

RIMG0955_0421.jpg







*****
(おまけ)



週末、夫が買ってきた本を(一足先に)夢中になって読了。

RIMG0963_0421.jpg
「野良犬トビーの愛すべき転生 W・ブルース・キャメロン (新潮文庫)」


野良犬トビーが一人称で語る物語。

野良犬トビーは、人を愛し愛されることを求めながら短い不運な一生を終えた後、
家庭犬ベイリーとして転生、愛する少年と一緒に幸せな人生を全うしたのに、
不本意ながらもまた転生、今度は警察犬エリーとして人命救助、満足して一生を終える。

しかし、その後また転生、
今度はいい加減な飼い主に捨てられ、さまよううちに、
なんと、ベイリーの時の愛する少年(すでに老人)のところにたどりつく。

そして、孤独な暮らしをしていた老人を幸せにし、
老人は、最期の時に「ベイリー、おまえだったのか」と気づくのだった。


英語タイトルは「A Dog’s Purpose」

2011年刊行で全米ベストセラーになった作品らしい(知らなかったけど)。
犬を好きでない人、または犬をよく知らない人は、
全編で語られる、
「人(飼い主)をひたすら愛慕し、人(飼い主)が幸せになるよう心身を捧げるために生きる」
という犬の目的は、人間にとって都合よく書かれすぎてないか、と思うかもしれない。

でも、犬を愛し犬とともに生きていれば、
やっぱり、
犬は私たちのことを、そういうふうに思って生きている、
と感じずにはいられない。





晩春へ

2014.04.16 15:35|by mom
今日は、レトリバー・デイ!?
というくらい、たまたま集まった大勢のレトリバー(注:レトリバーMIX含む)のみなさんたち。
RIMG0768_0416.jpg


おっ フィーちゃん、もうすぐママ帰ってくるね

「うん、そうなのー」
RIMG0781_0416.jpg


と、そこに、新人ちゃんが。
RIMG0760_0416.jpg

「あたし、アンジーっていう名前です。1歳10カ月です」
RIMG0762_0416.jpg

まるで子羊ちゃん!? いたいけな少女の風情のアンジーちゃんは、
クールちゃんの妹候補として4日前にやってきた。
RIMG0763_0416.jpg
アンジーちゃんは、
クールちゃんの生まれた、ゴールデン×プードルMIX専門犬舎の繁殖犬として1回赤ちゃんを産んだものの、
犬舎経営支援の一環として、家庭犬の道を歩むべく、送りだされたもの。

「まだ若いのに、一回お母さんになったんだねー、大変だったねー」
RIMG0794_0416_20140416144058aa4.jpg

                     「おいら、アニキになるんだぜい」
RIMG0767_0416.jpg

クールちゃんは、今のところ、意外なまでに(←失礼!)、
よきお兄ちゃんぶりを発揮しているらしい。

RIMG0780_0416.jpg

自分のベッドでもおもちゃでも、率先してなんでもアンジーに譲るとか。
RIMG0764_0416.jpg

やるなあ、クール。
アンジーちゃんが、今まで苦労してきたこと知ってるのかな。
RIMG0765_0416.jpg
アンジーちゃん、
できれば、ここでうまくなじんで幸せな犬生の再スタート、
踏み出せればいいね。



「おおっ フィオナー、おいらのヨメに・・・」
RIMG0791_0416_201404161440561ba.jpg
しかし、河原では相変わらず、フィーちゃんのスカートまくり少年を続けるクールちゃん、なのであった・・・





*****


河原からの帰り道、狂犬病予防接種のために病院へ行くまるちゃん、

病院が超・超・嫌いなまるちゃんのために考え出した
「うっかり、気がつかないうちに病院に入っちゃう」大作戦を敢行。
(なんのことはない、タイと一緒にするっとカフェ気分で入っちゃう、というものなんだけど)

首尾よく入ったはいいが、この時期なので1時間以上待ち・・・

なので、受付を済ませて、近くの小さい公園で、プチ・ピクニック。
RIMG0821_0416.jpg

            「ママー ぼくにも(当然)くれるのうー」
RIMG0823_0416.jpg

    「うおーママー あたしにもー」
RIMG0825_0416.jpg

         「わほー」
RIMG0827_0416.jpg

           「うまーい」
RIMG0828_0416.jpg


単純に、ピクニックだと思って喜んでいたふたりだが、そろそろ時間だということで、再び病院へ。
そして、今回も首尾よくするっと入るのに成功。
すばらしい、まるちゃん、まったく疑いなし。

タイはすでに注射を済ませているので、まるちゃんが落ち着いているのを見届けて出てきた。
まるちゃんの顔の前で、自動ドアが閉まるのを、振り返って見るタイ。

信号待ちの間も、閉まった自動ドアから目を離さない。
RIMG0833_0416.jpg

「ママ、まるこどうなるの、まるこ大丈夫なんだよね」
RIMG0834_0416.jpg

大丈夫だよー タイもこの間、フィーちゃんと一緒に受けたでしょ、狂犬病注射」
それより、ほら、信号、青になったよ

「えー ぼくここで待ってたいけどう」
RIMG0841_0416.jpg
だめだめほら早く渡りなさい。

        「えー」
RIMG0844_0416.jpg

  「ママ、ぼくやっぱりしんぱい」
RIMG0845_0416.jpg

  「まるこ、閉まるドアからこっち見た顔が、なんか、ちょっと不安そうだったんだ」
RIMG0846_0416.jpg

大丈夫だよー 注射するだけなんだから。そんなのあっという間だよ。
タイだって、ほとんど気がつかないうちに終わってたじゃん。

        「えー」
RIMG0847_0416.jpg

       「でもさあ、やっぱりまるこ、ぼくに助けを求めてた気がするんだ」
RIMG0848_0416.jpg

       「まるこ、どうしよう、今ごろ泣いちゃってるかも」
RIMG0849_0416.jpg

大丈夫大丈夫、まるちゃんにはまるちゃんのママがいるんだし。
用事のないタイがあそこにいたら、みんなの迷惑になるでしょう。
あしたまたまるちゃんに会えるから、そのとき、なぐさめてあげたらいいよ

     「うー、んそうかなあ」
RIMG0852_0416.jpg

     「まるこ、ぼくがいるからね、離れててもぼくとまるこは一緒だよ」
RIMG0853_0416.jpg

     「ねっ そうだよねっ ママ」
RIMG0855_0416.jpg




*****


動物病院からの帰り道、生産緑地に咲く八重桜が満開に。
RIMG0861_0416.jpg

この桜は、最初白、というよりほとんど薄いグリーンで咲き、
RIMG0862_0416.jpg

それが白くなってきたなあと思うと、そのうちに真中が薄紅色に染まりだす。
RIMG0864_0416.jpg
そして、最後はピンクの牡丹餅のようになって咲き誇り、はらはらと散り始める。


その桜吹雪が終わるころ、あたりに初夏の風が吹く。





陣中見舞い

2014.04.14 16:12|by タイタイ
「ほらほら、フィーちゃん、出てくるよー」

            「なになに、ママ」
          え、ここフィーちゃんちじゃないけど
RIMG0714_0414.jpg

   あっ フィーちゃんだっ
RIMG0715_0414.jpg

        えー フィーちゃんどうしてここいるのう
RIMG0716_0414.jpg

そういえば、フィーちゃん最近あんまり会わないし、会うときは、ママじゃなくて必ずあんりさんが連れてきてるよね
RIMG0719_0414.jpg
 
フィーちゃん、フィーちゃん、なんでここにいるのう?
RIMG0720_0414.jpg


「えー あたし、ここでママが迎えに来るの待ってるのよ。
あたしのママ、今ちょっといろいろ大変なの。ママも頑張ってるから、あたしも頑張らなきゃいけないの。 」
RIMG0721_0414.jpg 

そうなの・・・ フィーちゃんも大変なんだ、ママいなくてさびしいね。
RIMG0722_0414.jpg

「そうなのよー あたし、大変なのう」
(内心)ん?でもママがいないわりには、そんなに深刻そうでもないような?
RIMG0723_0414.jpg

(そこへお隣さんのキータちゃん三きょうだいが帰還)
RIMG0725_0414.jpg 

「なんだ?おまえ、ここオレのうちの前だぞ」
えっそうなの
RIMG0726_0414.jpg

「あれあれ あなた、ここにいるなんて珍しいわね?」
 
うう・・・ぼく別に悪いことしてないよ
RIMG0728_0414.jpg

「うっふふー」
なんだおまえ、こどものくせにー
RIMG0729_0414.jpg
(↑現在あんりさんがお預かり中の、ラブちゃん5か月)


わらわらわら
RIMG0730_0414.jpg 

「もうーうちはいつもこんな感じなのよう、お騒がせしてすみませんー」
RIMG0737_0414.jpg 
(↑あんりさんの愛犬、アリサちゃん13歳)


「ねえねえ キータちゃんのママー、あたし淋しいのよう」
RIMG0739_0414.jpg 
「よしよしいい子ねーフィーちゃん」
「えへへー」
RIMG0740_0414.jpg

「もおーフィーちゃん、甘えん坊なんだからー」
「うふふー」
RIMG0742_0414.jpg

「あれっ そういえば、タイのママ!  おやつはっ!」
RIMG0745_0414.jpg
「えっへへー」

RIMG0746_0414.jpg 

「ねえねえーなんかさー、フィーちゃんちょっと調子にのってない?」
RIMG0750_0414.jpg

 

「あっ、よく考えてみたら、フィーちゃん、ママとはなれてまだ1週間、たってないんじゃんよ」
RIMG0752_0414_20140414155839c2c.jpg

「あたしなんてお正月のとき2週間くらい、ここにいたよっ まったくまったくうっ」
RIMG0753_0414.jpg 


「さあ、そろそろ帰ろうか、みんな」



「なんか、最後の最後に、散歩の時間がちょっと延長になって得したよね」
RIMG0754_0414.jpg


じゃあねー フィーちゃん、
RIMG0755_0414.jpg


ママ、早く帰ってくるといいね。



まだまだ河原で遊びたい

2014.04.10 23:32|by タイタイ
1歳児どうし、ラッセルとあおは仲良しらしい。

RIMG0631_0411.jpg

さっきから、ずっと川でふたり、走りまわってるんだ。
RIMG0636_0411.jpg


まるこは横で石投げ回りばっかり。
RIMG0633_0411.jpg

           「このー ラッセルーっ」「うしょしょー」
RIMG0638_0411.jpg

       「あっそーれそーれそーれっ(ママ、もっともっともっと)」
RIMG0639_0411.jpg

・・・まるこおー ぼくとあそんでよう
RIMG0640_0411.jpg

「ほら、もうまるこ、そろそろ陸へ上がって、タイチと遊んであげなよー」
(タイが、ひとりぽつねんとしているので、まるちゃんのママ、気を利かせて、まるちゃんとタイを陸へ促す)



(陸へ上がって)
「じゃあ、向こうまで歩いて、川上の方の出口から帰るかー」 

(帰るという言葉がでた途端、)
よーし、まるこおー あそべっ
RIMG0643_0411.jpg

                      まるこーおいかけろー(勝手に走りだす)
                「はあ?」
RIMG0644_0411.jpg

              まるこおーっ!
RIMG0646_0411.jpg

                  まるこーっ おいかけろーっ
RIMG0647_0411.jpg

                   あれーっ?まるこーっ
RIMG0648_0411.jpg

まるこー 追いかけないのー?
RIMG0650_0411.jpg

 「あたし、別に陸に上がりたくて上がったわけじゃないんだよね」
RIMG0651_0411.jpg

  まるこー ほらほらほらー (←自分の気持ちが先行して、まるこの気持ちが見えてない)
RIMG0653_0411.jpg

「あたし、まだまだ石投げ回りしたかったんだよね」
               えーとお・・・(←聞いているようで、実は聞いてない)
RIMG0654_0411.jpg

                  ほらほら、まるこーっ!
RIMG0655_0411.jpg

「ママあー あたしもっと石投げ回りしたいんだけどおー」
RIMG0656_0411.jpg

                    うおー(←ひとりで盛り上がっている)
RIMG0658_0411.jpg


(と、植え込みの茂みにたどりつくと、急にタイが立ち止まる)

      むむむっ
RIMG0659_0411.jpg

「ん?タイ、なにしてんの」(←タイの興味が急に自分からそれたので、気になる)
RIMG0660_0411.jpg

「なになに、中になんかある?」
RIMG0661_0411.jpg

    「なになに、こっちのほう?」     うーん
RIMG0663_0411.jpg

    いや、ちがうぞ、あっちだ     「ふーん」
RIMG0665_0411.jpg

     むむう
RIMG0667_0411.jpg

           「なに、タイ、はいっちゃうの」
RIMG0669_0411.jpg

            「なんかタイ、はいっちゃったよお」
RIMG0671_0411.jpg

(なにしてるのか不明)
RIMG0672_0411.jpg
(不明なのは心配なので、呼び戻す)

うへっへー
RIMG0674_0411.jpg


                  えへーまるこ、やっぱり河原って楽しいよねー
   「まーねー 今さらいうことでもないけどねー」
RIMG0676_0411.jpg




春うららか

2014.04.08 21:37|by タイタイ
      「うふっふー」
RIMG0582_0408.jpg

      「ふふっふー」
「なんじゃい、きなこ、あたしそんなの全く興味ないけど」(←年上にタメ口)
RIMG0583_0408.jpg



「興味なし興味なし」
「ふふふー まるちゃんは石投げ回りダンス一本やりだから、新体操とかまだ理解できないんだろうなー」
RIMG0584_0408.jpg

                  「いよっ (決めポーズ!)」     
RIMG0585_0408.jpg

            「あっ・・・だめだ、くずれる・・・」
RIMG0586_0408.jpg

                         「ほら、きなこ、貸しなさい」
          「あっ おかあさん、だめえー・・・」
RIMG0587_0408.jpg

  「えー ちょっとー おかあさん、あたしのよおー」
RIMG0588_0408.jpg

(きなママ、わっかを投げる)「ほーらきなこ、とってきなさいー」
「あー そのわっか、あたしのー」
RIMG0589_0408.jpg

        「いよっ」
RIMG0591_0408.jpg

        「よよっ」
RIMG0593_0408.jpg

        「よっ」
RIMG0594_0408.jpg

        「ほー (だめだわ、もっと、こう手足のポーズも美しくなきゃ)」
RIMG0595_0408.jpg

        「ほっ」
RIMG0596_0408.jpg

        「おっ 今、なんか決まった感じ」
RIMG0597_0408_20140408175416410.jpg

        「よーし、次はちょっとヴァリエーションで・・・」       
RIMG0598_0408.jpg

        「とっ」
RIMG0599_0408.jpg

        「おー、なんかこれも決まった感じ・・・  ん?」
RIMG0600_0408.jpg

「ほらきなこ、貸してみなさい」
「えー ちょっとなんでよー おかあさんー」
RIMG0601_0408.jpg

「きなこーあっちよー」

「ちょっとちょっとおかあさん、あたしがやってんのはダンスであって、持ってこい遊びとは違うんだけどなー」
RIMG0603_0408.jpg


(その頃、タイは)

うん、ぼくべつにわっかとかどうでもいいし、そもそもダンスとかやる意味分かんない
RIMG0605_0408.jpg
ぼくが興味あるのは、もっと別の・・・

「だだっ 」              そうだ、まること・・・
RIMG0608_0408.jpg

戦隊ヒーローごっごだーっ
RIMG0609_0408.jpg

  あっ あそこにいるのは、コドモ柴犬、あおじゃないかー
RIMG0613_0408.jpg

            こらー コドモは走っちゃいかーんっ!! (←?)
RIMG0614_0408.jpg
 
 フウジンガー ライジンガー参上っ!
                      「うほーっ」(←まるちゃん、タイにのっかる)
                         「ええーちょっとなになにーっ!?」
RIMG0615_0408.jpg

えへへー 前から考えてたんだど、これからさー ぼくたち、
まるこ(風のように走る)フウジンガー、ぼく(雷みたいに声大きい)ライジンガーねっ
RIMG0616_0408.jpg

(きなこちゃん、まだ決めポーズ研究中)
RIMG0617_0408.jpg

(すると、いつの間にか、まるちゃん、パスティスといい感じに)
RIMG0620_0408.jpg

            (タイ、あわてて) おーい まるこー
RIMG0621_0408.jpg

           ねねっ まるこー 今度さーフウジンガーライジンガーの決めポーズつくろうよー
「えー あたしどうでもいいけどー」
RIMG0623_0408.jpg 




RIMG0630_0408.jpg

(春うららか、桜はとうとう最後の局面です)



行くか戻るか、ピクニック

2014.04.05 23:40|by タイタイ
わーい 今日は家族でロング・ピクニック~
今日はどこ行くのかなー

あ、ここ、時々、水飲みに寄る公園だー
RIMG0527_0405.jpg

なになに、ママ
もうー 最近さくらさくらうるさくない?

RIMG0528_0405.jpg

ん? 
RIMG0532_0405.jpg

雨降ってきた?
RIMG0533_0405.jpg

あれ? 結構降ってきた?
RIMG0534_0405.jpg

(雨とともに、桜吹雪)
RIMG0535_0405.jpg

えー どうすんの、今出てきたばっかりなのに
RIMG0537_0405.jpg

ま、きっと、すぐやむか
RIMG0540_0405.jpg

大丈夫、大丈夫
RIMG0542_0405_201404061118578f3.jpg

でも、やっぱりけっこう降ってきちゃったよ
RIMG0545_0405.jpg

ね?ママ
RIMG0547_0405.jpg

どうするう 
RIMG0552_0405.jpg

えー ぼく戻りたくないけど。
RIMG0556_0405.jpg

(雨はますます激しくなるので帰路につくことすらできず、公園の小さな建物の軒先で雨宿り)
RIMG0557_0405.jpg

うおー やまないねー
RIMG0562_0405.jpg

(しかし、雨は降り続くも、すぐそこの空は青空に)
RIMG0564_0405.jpg

「もうすぐ、やむぞー タイチー」

うん、ぼく待ってる
RIMG0565_0405.jpg

「よし、もう大丈夫 行こうか!」

          よーし はりきっていこうね パパチー
RIMG0566_0405.jpg



*****

(なんと、お弁当目的地、3キロ先の公園は、まったく雨が降らなかった模様)


ごはんも食べたし、まんぞく、まんぞく
RIMG0569_0405.jpg

(なぜか、古代ローマ帝国について熱弁をふるうパパチー)
RIMG0570_0405.jpg

「おいペンキチ(←わたしのこと)、聞いてる?」
「うん、聞いてる聞いてる、聞いてるよお」


ママ、ちゃんと聞いてあげなよ
RIMG0572_0405.jpg

ぼくは、パパチーの話、ちゃんと聞いてるよ
RIMG0573_0405.jpg

あれ? でもなんだか、急にねむけが・・・
RIMG0575_0405.jpg

ねちゃお
RIMG0577_0405.jpg

むにゃむにゃ
RIMG0578_0405.jpg

でもさ、来てよかったよー 

今日も楽しいピクニック。




桜の季節に思うこと

2014.04.02 23:26|by mom
今年の桜はきれいだ、と思うときがある。

でも、その年の天候に左右される秋の紅葉などと違って、
桜は、開花期間の長短の違いはあっても、
その年によって花全体としての出来がどう、ということはない。

RIMG0417_0401.jpg

だから、桜がきれいだ、と思うときは、
その時の自分の心持ちが、桜をきれいに感じさせるのだと思う。

RIMG0390_0401.jpg

わたしが、桜を初めてきれいだと感じたのは、
18歳の春、高校を卒業して、受験した大学にすべて落ちた年だった。

RIMG0392_0401.jpg

友人たちがみんな、それぞれの入学式に向けて心躍らせているんだろうと思いながら、
予備校の入学手続きのために電車に乗って見知らぬ街へ通う時に見た、
降るように咲く桜の美しさは忘れられない。

RIMG0394_0401.jpg

まあ、それは多分、わたしの人生の最初の挫折だったんだろう。

 
           「うっひょよーい」
RIMG0366_0401.jpg

                        「うしょしょしょー」                  
RIMG0367_0401.jpg
(遠方のため毎日来れるわけではないので、来るとここぞとばかりに大はしゃぎするパスティス)



で、翌年、人より1年余計に受験勉強したおかげでなんとか志望校に合格した時、
桜は、案外心に響かなかった。

RIMG0389_0401.jpg
               (きなこちゃん、鹿になる)


来るべき新しい生活に目が向いて、希望に胸がふくらんでいる時、
人は案外と、桜には心が向かないものなのかもしれない。

RIMG0401_0401.jpg


それからも、桜は、きれいに見える年もあれば、特に何も感じない年もある。

RIMG0408_0401.jpg

近頃思うのは、
特にきれいに見える年は、何かの終わりを予感しているときなんじゃないか、ということだ。

RIMG0370_0401.jpg
           (ひたすら、ママが降りてきて石投げをしてくれるのを待つまるちゃん)



それが何かはっきり自覚している時もあれば、していない時もある。


        「きなこー 行くわよー」
                     「はーい」
RIMG0410_0401.jpg
                         
                      (以上の写真はすべて、4月1日撮影)


わたしの18歳の春に見た桜の美しさは多分、
挫折の心に響いたというより、
自分の子供時代の終わりを感じたものだったのではないだろうか。


RIMG0512_0402.jpg

そういえば、子供時代に飼っていた犬テリイが死んだのも、その春から間もない、その年の初夏の日だった。



今年の桜、わたしにはどう見えているだろう

RIMG0492_0402.jpg

タイとの生活もまる2年、
RIMG0493_0402.jpg

2年という月日は、思えばあっという間だった。
RIMG0504_0402.jpg

でも、私たちにとってはあっという間でも、タイは、
子犬時代が終わる時にうちに来たのに、もうそろそろ若犬の終わりにさしかかる。
RIMG0505_0402.jpg

来たばかりのころ、あんなに大きなクールちゃんとも遊びたくてうずうずしてたくらいなのに、
今は、こんなふうにまるちゃんと遊ぶのも、まわりに誰もいない時だけだ。
RIMG0506_0402.jpg

犬の寿命からすれば、タイとの生活もこの2年のサイクルをあと5,6回くり返せば終わってしまう。
RIMG0507_0402.jpg

そう思うと、
犬に与えられた一生の短さを思わずにいられない。

RIMG0513_0402.jpg


でも、
やっぱり、今年の桜はいつもと同じ、きれいだけど、
特別に美しく感じるってこともないよね。
RIMG0518_0402.jpg

タイと私たちの物語は、
まだまだ続きます

RIMG0522_0402.jpg






*****
(おまけ)


ビーグル犬ジョシュア(9歳)のパパに甘え、まるちゃんとタイを預けて、
公園のお手洗いに行ったまるちゃんのママとわたし。

RIMG0476_0402.jpg
お行儀よく待ってるじゃあありませんか。

                   「ママ!」  「うおーママー!」
RIMG0480_0402.jpg
                  (↑ちゃんとふたりそれぞれのママを見ています)

                     「ママあーっ!!!」
RIMG0481_0402.jpg