05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ

プロフィール

Taitaimom

Author:Taitaimom
2012年3月、保護犬のタイ(当時推定1歳)がうちにやってきました。
そこから始まる、タイとわたしたちの暮らしのあれこれについて。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

いつでも里親募集中

検索フォーム

アルバム

帰る日

2013.05.05 21:10|by mom
とうとう、今日は帰る日。

朝、タイはいつもと違っていた。

来てから二日目以降、朝起きると自ら階下に下り、てけてけ家中を歩いて、
じいじとばあばに愛想を振りまいていたのに、
今朝は起きても、階下におりようともせず、洗面するパパの足もとを離れない。

朝の軽い散歩に行って、帰ってきた後は、
しっぽを下げて、こちらの気配を探るように見る。


そして、出発。


玄関に出てこない

RIMG0603_0507.jpg

ハーネスをつけて、うながすと、しぶしぶ出てくる

RIMG0606_0507.jpg

「タイ君、元気でね。また来てね。」
RIMG0607_0507.jpg

「ぼく、みんなで、このままこっちで暮らすのもいいと思ったのに」
RIMG0610_0507.jpg



帰りは、電車の旅。
路線は、人気観光地を通過するため、空いている午前中に帰ることにした。


駅に行く前、せっかくなので、近くの公園をまわることに。
RIMG0611_0507.jpg

本当は、一面のポピー畑なのだが、まだわずかに旬前。
RIMG0616_0507.jpg

秋はコスモス畑になる
RIMG0622_0507.jpg

ひたすら、ポピー畑の坂を登って、多分一番標高の高い、広場へ。
RIMG0625_0507.jpg
でも、なんだか、タイ、今一つ、気分がのっていない。

そして、そろそろ、時間が気になるので、下りることにする。


帰りは別の林道ルートで下りる。

やっぱり、この辺は、自然が豊かだ。
RIMG0660_0507.jpg

私たちが住むところは、東京都区内でも緑が多いところだと思っていたのだが、
このあたりの原生林を目の当たりにすると、所詮、箱庭に過ぎないように思える。

前方に、なぜか、多くの人がこっちを向いて立っていた。
RIMG0662_0507.jpg
見上げている先を見ると、5メートルはあろうかという木々の上に、
野生の藤がたくさん咲いていた。

タイ、木々の香りの中で、すっかり元気になったとみえたが、
RIMG0672_0507.jpg

駅につき、再び、いやーな予感におそわれる。
RIMG0673_0507.jpg

予感的中
RIMG0675_0507.jpg

でも、電車の中では、落ち着きを取り戻し、
RIMG0678_0507.jpg

寝る
RIMG0685_0507.jpg

電車の旅は、たくさんの人の中での移動なので、
どうしても私たちは、ひやひやする思いをしないかと、何かとひやひやするので大変なのだが、
タイの身体的には、車よりむしろ楽なような気もする。

そして、無事、何事もなく到着。
RIMG0686_0507.jpg


帰ってからは、さすがに疲れていたようで、ひたすら寝る。

6日間、お疲れ様。
RIMG0689_0507.jpg

タイ、楽しかったかな。
わたしは、楽しかったよ。



コメント

非公開コメント