07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ

プロフィール

Taitaimom

Author:Taitaimom
2012年3月、保護犬のタイ(当時推定1歳)がうちにやってきました。
そこから始まる、タイとわたしたちの暮らしのあれこれについて。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

いつでも里親募集中

検索フォーム

アルバム

まだ早い、春を探しに

2014.01.25 23:06|by mom
前日の天気予報では、今日土曜日は4月の陽気になるらしい。
しかし、明日日曜日は、真冬に逆戻りして暗く寒い日になるという。

じゃあ、今日は遠出散歩のチャンス!
ということで、朝9時半に家を出て、約7キロ先の都立公園までお散歩することにした。

いつも行くように河原経由で行ってもいいんだけど、せっかくの休日散歩だから、
ぶらぶらと、渓谷公園、運動公園を越え、これまでのルートと違うところを抜けて行ってみる。


あちこちで出くわす幹線道路の方角と、頭の中の地図と相談しながら歩いていたら、
途中、どこを歩いているかわからなくなったりしているうち、
突然現れた、区立の農業公園。

そういえば、むかーし、来たことあったっけ。



きっと植物のためとかなんとかいって、犬はダメなんだろうな・・・と思って、
これまでタイと来たことがなかったのだ。

しかし、入口の看板を見てみると、「犬は必ず引き綱をつけて・・・」との文字。
なんと、犬OKらしい。

さっそく、入ってみる。

RIMG0665_0125.jpg

農業と言っても、花卉・園芸をコンセプトにしているこの公園は、
季節によってはイベントを時々やっているようだけど、この季節はいわばシーズンオフのようで誰もいない。

RIMG0652_0125.jpg

ふと見ると、太ったカモの夫婦が優雅に泳いでいる。

「オッ コノキレイナスイセン、キミニ、ニテルヨ」
RIMG0649_0125.jpg

「アラ、ソウカシラ」
RIMG0650_0125.jpg
・・・なんて、やけにいちゃいちゃしている夫婦だ。

そのうち、カモ夫婦、仲良くこっちに泳いできたが、
急にそそくさとUターン
RIMG0656_0125.jpg

やっぱり、犬がにらんでいると、嫌らしい。
RIMG0657_0125.jpg

あっという間にぐるっと回れるほど小さな敷地の公園。
でも、あちこちにベンチがあるし、日本庭園をイメージしたのか小さな築山もあって、
結構楽しい。

RIMG0660_0125.jpg

「むむむっ ここら辺に住む犬の匂い?」
RIMG0662_0125.jpg

まだまだ春の花は咲いてないなあと思っていたら、
足もとに水仙が。
RIMG0664_0125.jpg
鼻を近づけてみると、かすかな芳香。



農業公園を出て、
ふっと横を見たら、都立公園の横を走る高速道路が見える。

なんだー 意外とすぐ着いたね、と中へ。

この公園には梅林がある。
近所の家の早咲きの梅はもう結構咲いているのもあるけれど、
ここの梅は全くの沈黙中。

しかし、少し歩いて、芳香が流れてきたと思ったら、
RIMG0672_0125.jpg

蝋梅だった。
RIMG0674_0125.jpg
なんともいえない清冽な、でもやや馥郁たる甘さをも含んだ香り。


しかし、今日4月の陽気というわりには、太陽は見えず、
もうお昼になるけれど、気温はそれほど上がってはこない。

これはきっと、予報ほどあがらないなーと思いつつ、
公園内の美術館の地下にあるカフェに行ってみることにした。

RIMG0679_0125.jpg

ここは、テラスのみ犬OK。
やっぱりそれほど暖かくないせいか、テラスはガラ空きだった。

「パパチー、オーダーしにいっとる」
RIMG0680_0125.jpg

「パパチー! なに買ってきたのう?」
RIMG0683_0125.jpg

「なんだ、パパチー、コーヒーとはっぱ(注:サラダ)しか持ってこん」
RIMG0684_0125.jpg

「つまらん」
RIMG0686_0125.jpg

「んん?」
RIMG0687_0125.jpg

(店員がガレットとサンドイッチを持ってきてくれる)

「おおー それはおいしいもの!」 
RIMG0689_0125.jpg

「ぱくー」
RIMG0690_0125.jpg

「ぱくー」
RIMG0691_0125.jpg

「むむう、まだくれるか?」
RIMG0693_0125.jpg

(あきらめた)
RIMG0695_0125.jpg


ここまで遠く歩いてくると、タイもさすがに心細くなるのか、
歩いていると、頻繁に振り返っては、私たちの手の甲に鼻タッチをしてくる。
はぐれたら大変って思っているみたいで、それがなかなかかわいらしい。

ベンチで何気なく休憩していても、
RIMG0702_0125.jpg
前歯をぐしぐししてきたりして、甘える様子をみせる。
RIMG0704_0125.jpg

そして、豪快にも、その場で寝る。
RIMG0705_0125.jpg
ちょっとそれは、さすがに無防備すぎないか、息子よ。



さて、行きはなんとなしに着いちゃったけど、
これがまた帰りの道は長いんだ。

だから、早々に出発する。



帰り道、住宅地の中の小さな公園で、見つけた沈丁花
これぞ春の香り、大本命の花だけど、まだまだつぼみは固い。
RIMG0710_0125.jpg

と、そこで、何を思ったか、タイ、
わたしの手袋を奪って、「遊べー」と言う。

RIMG0714_0125.jpg

こんなところで、遊ばないよー
すぐそこを結構車が通ってるじゃん、もしなにかあったら危ないよー
・・・といいながら、一緒に走ったりして、

RIMG0715_0125.jpg

それから、よく見ると、ちょっとつぼみの先が白くなっているような・・・
RIMG0711_0125.jpg


まだ、春には遠いけど、

でも、もしかしたら、すぐそこに
春、来てるのかな




コメント

非公開コメント