04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ

プロフィール

Taitaimom

Author:Taitaimom
2012年3月、保護犬のタイ(当時推定1歳)がうちにやってきました。
そこから始まる、タイとわたしたちの暮らしのあれこれについて。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

いつでも里親募集中

検索フォーム

アルバム

迷い子、コアラくん

2014.03.19 23:56|by mom
河原の早咲きの桜はすでに見ごろを迎えている。
RIMG1146_0319.jpg

でも、今朝は、寒の戻りなのか思ったよりも風が冷たく、
昨日までの気分で薄着で来たらちょっと寒い。

今日はきなこちゃんもしゅんちゃんもみんな帰っちゃったし、
桜の写真を撮ったら、タイもそろそろ帰ろうか

「えっ・・・」
RIMG1153_0319.jpg

「やだ」
RIMG1155_0319.jpg

ほらほらタイ、あんたどうせ桜には興味ないんでしょう。
ママ、寒いからもう帰りたいな。

「えー だってまだお友達くるかもしれないし」
RIMG1162_0319.jpg


桜の足もとには大根の花がちらほら咲き始めている。
まだタイの足の長さくらいの花の丈だけど、春が進むにつれタイの背丈を越えて咲きそろうんだろう。

RIMG1149_0319.jpg

「あっ・・・!」
RIMG1168_0319.jpg

あっ フィちゃんがお出ましだ、後ろからパスティスも来るね。
あら、こんなにお友達が来たら、タイ、完全に帰るタイミングのがしちゃったよ




でも、歩いていたら、風は小止みになり気温もちょっとあがってきたみたいだ。
それでママたちとおしゃべりしていたら、
向こうから、だいぶ前に川上に去ったはずの蘭蘭ママがやってくる。

蘭蘭ママの足もとには、不審気な目をした蘭蘭が寄り添って歩く。
そして、蘭蘭ママの腕には、シュナウザーらしき知らない子が・・・?


聞けば、その子は、ひとりで川上の方でうろうろ歩き、
河原トイレの掃除の業者のおじさんの車から離れないので、おじさんが困っていたらしい。

蘭蘭ママはやむなく保護したものの、これから急いで出かける用事があるという。

                 「どした?おまえ」(↓居合わせたアリス・テディのお兄ちゃん)
RIMG1174_0319.jpg

首輪はしているけど、迷子札はなし。
河原によく来るシュナウザーは、何頭かいるけれど、この子は誰も見覚えがない。
遠目でしか見ない、たまに来ているあの子じゃない?と誰かがいうが、
あの子は確か女の子、この子は男の子。


そもそも誰もシュナウザーに詳しくないので、純血シュナウザーなのかシュナウザーミックスなのかもよくわからない。
でも、歯を見ると、これは結構ご老体なんじゃないかと、フィオナママと意見が一致した。


とりあえず名前をコアラくん(仮名)として、蘭蘭ママから今日は比較的時間のあるフィオナママにバトンタッチ。
RIMG1177_0319.jpg
                      (タイの予備リードを装着)


大人しくて、全般に人にも犬にも慣れている様子。
でも、やっぱりこわいのかよく見るとがたがたふるえているし、
緊張からか(どんな犬でもイチコロの)手作りジャーキーすら食べない。
RIMG1176_0319.jpg

見通しの良い河原に飼い主らしき人はおらず、迷ったのか、それともご老体ゆえに捨てられた・・・?
みんなでそんな想像をしてとても悲しい気分になる。

でも迷い子なら警察に届けがあるかもしれないし、もしかしたらICチップが入っているかもしれない。

ということで、川下の出口から河原を出て、
タイとフィオナのかかりつけの動物病院によってから、交番へ行くことに。

・・・と、コアラくん、なぜか歩くことを拒否
RIMG1179_0319.jpg

行きたくない?
RIMG1180_0319.jpg


・・・と、そこにまるちゃんのママから電話がきた。
「そこに、シュナウザーのアッシュくんいない?」

なぬ? 
RIMG1185_0319.jpg

なんと、川上の方で、シュナウザーのアッシュくんがいなくなって、飼い主が探していることが判明。

なんだー 君、コアラくんじゃなくてアッシュくん(11歳)かー
RIMG1188_0319.jpg

まるちゃんちのわりと近くに住んでいるアッシュくんの飼い主は、
川上の高速道路高架下付近にいるとのことなので、一同、まわれ右して、反対方向へ。
RIMG1189_0319.jpg

アッシュくん、おうちは川上の方だったのね。
さっきの「行きたくない」態度は雨散霧消、川上の方向へはりきって歩きだす
RIMG1191_0319.jpg

「うおー オレんちこっちだー」
RIMG1196_0319.jpg
(でもどっちかといえば、やっぱりちょっとコアラくんって呼びたい・・・)

いやー、よかったよかった
RIMG1195_0319.jpg

なぜかタイも調子に乗って歩く
RIMG1198_0319.jpg

・・・と、余裕が出てきたコアラ、じゃないアッシュくん、
タイに、        「ん?おまえ誰だ?オレ年上だぞ」
RIMG1200_0319.jpg

でも、おかげでタイ、川上でアッシュくんを探していたまるちゃんとママに会う

「おおーっ」
RIMG1207_0319.jpg

               「まるこーまるこー今日もう会えないと思ったよう」
RIMG1209_0319.jpg

ようやく、ようやく、アッシュくん、お父さんと再会。

                               「オレ、怒られるかな」
                       「大丈夫よ、あたしが言ってあげる」
RIMG1221_0319.jpg
なぜか、まるちゃん、アッシュくんの前を歩く。

アッシュくんの心配どおり、
昔気質のお父さん、開口一番「こらあっ!!」

RIMG1223_0319.jpg

でも、お父さん、そうとう動揺していたのは見て取れた。
そりゃあそうだ、動揺のあまり広範囲を駆け回って探していたお父さん、
すっかり私たちからは行方不明状態になってしまって、保護したことを伝えられず、
アッシュくんの無事を知ったのはこの一瞬前のこと。




だけど、犬を迷い子にするのは、ほかでもない飼い主の責任。
魅力的なものに誘われたって、パニックに襲われたって、
それで迷ってしまった犬に、悪いところなんて全然ない。
人間社会の都合で飼われている犬の生命・身体を安全に管理する義務は、いつだって人間にあるのだから。

アッシュくんのお父さんだってそれはわかっているはず。
私たちだって、過信せずに気をつけなきゃいけないね。


・・・アッシュくん、無事でよかった。

これからも、昨日と同じ今日、今日と同じ明日、そうやって同じ毎日が続く幸せを祈ります。




コメント

No title

コアラくん…もといアッシュくん。
無事にお父さんの元に帰れて良かったですね~。

もしも…、殿介がフイッといなくなってしまったら…
私はワーワー泣いて、オロオロしちゃって、この世の終わりみたいになっちゃうだろうな。

ワンコも不安だろうし、飼い主も心配だろうし
やっぱりワンコが迷子にならないようにするのが一番ですね。
平和で幸せで『当たり前』の日々がちゃんと続くようにしなくちゃですね。

「オレんち、こっちだー」か。
アッシュくん、お利口さんだね~。

Re: No title

殿介ママさま

> もしも…、殿介がフイッといなくなってしまったら…
> 私はワーワー泣いて、オロオロしちゃって、この世の終わりみたいになっちゃうだろうな。

もうーねえー、考えたくないですよ、いなくなったときのこと・・・
よくちばわんでも失踪しちゃう子の話は出てきますよね。
出てくる子もいるけど、そのままわからなくなっちゃう子も多いみたいですし。

そういえば、殿ちゃんとタイのセンター同期で、
確か私がタイを見に行った譲渡会に、一緒に参加する予定だった、
タイと同じくらいの大きさ(つまり殿ちゃんとも同じだ)の真っ黒な長毛の子がいたんですが、
譲渡会の前日とか前々日くらいに失踪しちゃって、
そのまま、いまだに「この子を探しています」欄に出てますよ・・・
タイがダメだったら、その子を検討してみようかな、なんてちょっと考えていただけに、
その子の写真を見るたび胸が痛みます。

> 「オレんち、こっちだー」か。
> アッシュくん、お利口さんだね~。

そうそう、当初、川下に「行かない」って言ってたのも
本当は「オレんちこっちじゃない」って言ってたんですよねー
わんこは、言葉が通じないから、ほんと、迷子札!重要なんですね。


ある日突然途切れるような別れ方だけはしたくないです。
ほんと、当たり前の毎日が続くのが幸せ、なんですよね。


非公開コメント