タイの日記

ARTICLE PAGE

Yストーリー

author photo

ByTaitaimom

今日は、去年行っていない、どこか海が見えて雰囲気が感じられるところに行きたい、
と、いうことで、両親とタイ、4にんで(タイの嫌いな)車に乗ってやってきた。


最初に、買物がてら海辺の巨大ホームセンターへ。

RIMG0202_R.jpg

「ママ、これって何かの罰ゲームか?」
RIMG0204_R.jpg

何言ってんの、タイ。
こんな大きなお店、うちのほうにはないんだよ
そこにタイも入れるんだから、すごいことだと思わない?

「えー」
RIMG0208_R.jpg

お店に入れるからって、まったく有難がらないタイ、
仕方がないので、というより、これが本命、
正面にある、「うみかぜ公園」へ。

RIMG0217_R.jpg

大型連休、後半の初日、
RIMG0222_R.jpg

平日誰もいないという芝生広場は、バーベキューの人たちでごった返していた。
RIMG0236_R.jpg

「ママ、いい匂いするけど、これ関係ないんだよね」
RIMG0238_R.jpg

「じゃあ、なぜここに?」
RIMG0231_R.jpg

はいはい、おっしゃるとおり、
なんだか場違いな感じさえする私たち。

でもわたしの持っているガイドブックには、無人島のS島が浮かぶ海の風景が魅力的に語られているんだもん。

RIMG0244_R.jpg

ま、考えてみれば、S島なんて小さいころからさんざん見てきたし、何度も渡ったりもしたんだった。

           「うん、ぼくも別になんとも思わないな」
RIMG0245_R.jpg

           「これって、きれいな海っていうの?」
RIMG0249_R.jpg


近くには、ソフトクリームとかの売店もなく大して時間をつぶすこともできず、
せっかくきたのにやや消化不良の感じ。

これで帰ってしまうなんて、わざわざ車にのせられてきたタイからしてみれば、

これっきりこれっきりもう、これっきりですか~♪

って感じ?




と、いうことで、多少面倒くさがる両親を説得し、
ここから、一番近いと思われる高台の公園をめざすことにした。

「ママ、遠足だねっ」
RIMG0257_R.jpg

地図上ではすぐ近くにあるはずの公園、しかし、近道はないというので、
ぐるっとまわって、この街もっとも中心の繁華街を通っていくことに。

RIMG0259_R.jpg

わたしが住んでいたころは、このあたりはとてもにぎわっていて、
休日ともなると、駅からと続く歩道が大渋滞になるくらいの人出だった。

RIMG0260_R.jpg


現在は、今入ったような郊外型のSCがあちこちに出現、
すっかりそちらに人の波が移って寂れてしまったと聞いていた。

しかし、今日は連休初日のせいもあってか、駅周辺は思ったより人手出があってにぎわっている。
RIMG0262_R.jpg

なんだかいつの間にかご当地グルメになっていた海軍カレーの店。
RIMG0264_R.jpg
もうお昼の時間はとっくに過ぎているのに、こんなに長い行列になっている。

高校卒業以来、もう四半世紀以上この地から離れているわたしには、
海軍カレーって? いつから始めたの? という感じ。



そして、道はどんどん上り坂に。
RIMG0266_R.jpg

上り坂。
RIMG0267_R.jpg

これでもか、これでもかというくらいの急坂が続き、ひたすら登っていく。
RIMG0268_R.jpg

急な坂道を駆け上ったら今も海が見えるでしょうか~♪

「なに、ママっ!」
RIMG0272_R.jpg

うん、確かに、海、見えるわー
RIMG0273_R.jpg


しかし、この公園、一応百恵ちゃんの歌のモチーフになっているらしいんだけど、
さきほどの公園とは打って変わって、誰も、本当に誰も、いない。


「下で買ってきたドーナッツ、食べるんだよねっ」
RIMG0277_R.jpg

「・・・・(期待を込めて)。」
RIMG0281_R.jpg

「(内心)ばあば・・・っ!」
RIMG0291_R.jpg

(視線の先)
RIMG0293_R.jpg

                    「(内心)くれるよねっ くれるよねっ」
RIMG0295_R.jpg


旧海軍の砲台跡を整備したらしいこの公園。
でも、その時の建築物はもう何も残っていないようだった。

すぐ下に市民ホールがあって、学校行事やらピアノ発表会やらで、昔よく出入りしたけれど、
この公園に来たのは、おそらくわたしも初めてだ。
聞けば、母は存在を知っていたようだが、父も来たのは初めてだという。

広い緑地があっても、東京と違い、この辺の人たちはは別に有難がらないんだろうなー

RIMG0297_R.jpg

ま、でも

ここはヨコ~スカ~♪

ってなところに来られて、

今回は、満足、満足。







*****





帰ってきて、夕寝をするばあばに、添い寝をするタイ
RIMG0301_R.jpg




Share

Comments 0

Leave a reply