04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ

プロフィール

Taitaimom

Author:Taitaimom
2012年3月、保護犬のタイ(当時推定1歳)がうちにやってきました。
そこから始まる、タイとわたしたちの暮らしのあれこれについて。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

いつでも里親募集中

検索フォーム

アルバム

アニマル・コミュニケーション&ヒーリングの会

2014.06.25 23:32|by mom
今日は、フィオナちゃんのおうちで、
河原のわんこ仲間に紹介された、ヒーラーのことよさんをお迎えし、
アニマル・コミュニケーション&ヒーリングの会を開催。

RIMG0934_0625.jpg

参加わんこは、この間のセッションに引き続き、いつものメンバー、
フィオナちゃん、しゅんちゃん、タイ。
(まるちゃんは、本日天候不順の雷鳴により外出拒否のため、まさかの欠席)
RIMG0907_0625.jpg

   「えっへへー このことママに聞いてからもう、楽しみで楽しみでえー」
RIMG0912_0625.jpg

「ママ、なんか言ってたっけ。しまった、真剣に聞いとらんかった」
                          「・・・・。」
RIMG0930_0625.jpg

みんな初めてお会いすることよさんは、
小柄で丸顔のとても柔らかな雰囲気の方。

アニマルコミュニケーション・ヒーリングは現在まだ勉強中とのことで、
ほんの気持ばかりのお礼で来ていただいた。


しばし冷茶を飲んで談笑した後、
早速、セッションに入る。

まずは、グループ広報部長(ちなみに部員は一人)フィオナちゃんから。
RIMG0957_0625.jpg

「なんだなんだなんだ」
RIMG0962_0625.jpg


フィオナちゃんは、ママのたくさんの愛情と細やかな気配りにとても感謝しているそうだ。

RIMG0969_0625.jpg

そして、ママの役に立ちたい、と日々考えている
RIMG0970_0625.jpg
ママが幸せに暮らせるようにと願って、毎日暮らしている。

フィオナちゃんのオーラには、ポジティブなエネルギーが満ち溢れていて、
ネガティブなものがまるでないという。

こんなに、ポジティブなオーラだけをまとわせて育てられるなんて、
素晴らしいですね、とフィオナママ、ほめられる。


でも、フィオナちゃんも7歳。
そろそろ、自分でも、自分がいなくなった後のママのことを考えるという。
RIMG0974_0625.jpg

ママを心配している。
RIMG0984_0625.jpg

それを聞いて、ママ号泣
RIMG0985_0625.jpg

でも大丈夫。今のところ健康面での不安は特にないし、
RIMG0987_0625.jpg
まだまだ犬生は半分しかきていないんだから、長生きして、
頑張れ!

そして、ヒーリングタイム。
RIMG0991_0625.jpg

別の角度でフィオナちゃんの顔の写真を撮ろうと移動したら、
タイ、乱入
RIMG0993_0625.jpg
そこに乱入してどうするよ

最後に、ママが、
「なにかわたしにしてほしいこと、変えてほしいこととかあるって言ってますか」
と聞いた。

「えー」
RIMG1001_0625.jpg

「ママのごはん、まずいんだよね」
RIMG1004_0625.jpg

なんと、最後に爆弾発言、飛び出る。
RIMG1008_0625.jpg
フィオナちゃんはブリーダー推奨のドライフードを7年間継続中。
体にいいのは確かなんだけど、ちょっと味が飽きたんだって。
ママ、トッピングに工夫することを約束する。


さてさてお次はどちらから?

じゃあ、しゅんちゃん行ってみようか、とのご指名。
RIMG1010_0625.jpg

「えー、ちょっとオレ、はずかしい・・・」
RIMG1012_0625.jpg

しゅんちゃんの自主性に任せているとらちが明かないので、
強制参加。
RIMG1013_0625.jpg

極度に人にシャイなしゅんちゃん、
わたしたちにもなかなかさわらせてくれないのに、

いきなりお腹を見せる
RIMG1015_0625.jpg

「うふー しゅんちゃん、遠慮するならすぐ次わたしスタンバイ中よ」
RIMG1017_0625.jpg

しゅんちゃんは、いまだ過去のトラウマをかかえているらしい。
RIMG1018_0625.jpg

絶望の中の悲しみ、
捨てられた、必要とされていない自分、
その気持ちがいまだ消えず、心の中につかえたものがあるそうだ
RIMG1022_0625.jpg

「しゅん兄・・・?」
RIMG1023_0625.jpg

今のパパママがいかにあなたを必要としているか、大切に思っているか、
たくさん話しかけ、教えてあげてくださいね、とことよさんは言う。
RIMG1026_0625.jpg
そのことに納得できれば、しゅんちゃんも自信を持って堂々としてくるでしょう
ということだった。

              「ぼく、今のやさしいしゅん兄のままでも、好きだけどね」
RIMG1029_0625.jpg

「うふー あたししゅんママ好きよー」
RIMG1030_0625.jpg

「えへ」
RIMG1031_0625.jpg

そして、ヒーリングを始めると、
RIMG1035_0625.jpg

しゅんちゃんの顔が、心なしか穏やかになり、
RIMG1042_0625.jpg

眠ってる・・・?
RIMG1049_0625.jpg

         「え?」
RIMG1050_0625.jpg

そして、そのうちに、
RIMG1054_0625.jpg

さらにとろける表情に
RIMG1055_0625.jpg

しゅんちゃん、いろいろと辛い体験をしてきたんだね。
大変だったね。
RIMG1057_0625.jpg

「そうなのー」
RIMG1058_0625.jpg
・・・ってフィーちゃんじゃないでしょ

                            「むむ?」
RIMG1059_0625.jpg

しゅんちゃんがどんな目に会ったのかを知ることはできないけど、
そんな苦しみを与えたのは、きっとわたしたち人間だ。

RIMG1060_0625.jpg

しゅんちゃんがいつかトラウマを克服する日が来ますように。
RIMG1066_0625.jpg

         「えへへー、あたしもトラウマよろしくー」
RIMG1067_0625.jpg
いやいやフィーちゃんにトラウマはないと思うけどね。

そして、最後にオーラを整えて、
RIMG1072_0625.jpg
ヒーリング終了。



さっ
いよいよタイの出番です
(以下、フィオナママ撮影)
RIMG1074_0625.jpg

    「なになに?一応ぺろぺろしておこう」
RIMG1081_0625.jpg

ほらほら、タイ、言いたいことあったらなんでもしゃべんなよ

       「え・・・、ぼく、いいよう」
RIMG1087_0625.jpg

「タイー、そんなに遠慮するならあたしが代わってあげようか?」
RIMG1101_0625.jpg

           「ことよさん、なんならあたしが代わりにヒーリング受けますよ」
RIMG1112_0625.jpg
(以上、フィオナママ撮影)

タイ、逃げる
RIMG1115_0625.jpg

「ことよさーん、タイ、あんなんでごめんなさーいー、代わりにあたしがー」
RIMG1125_0625.jpg

タイ、かたくなに拒否
RIMG1126_0625.jpg

「ぼく、いいです」
RIMG1127_0625.jpg

タイがこんななので、
ちょっとお茶で休憩して、タイミングをはかることにする。
RIMG1140_0625.jpg

まったりするふたり
RIMG1151_0625.jpg

そして、そーっと、タイの近くにことよさんが移動。
RIMG1156_0625.jpg
(しゅんママ撮影)
                「んん?」
RIMG1163_0625.jpg
(しゅんママ撮影)

タイも、わたしたちに感謝してるんだって。
そして、役に立ちたいって思ってるって。
RIMG1165_0625.jpg
(フィオナママ撮影)

タイの場合は、あまりもう昔のことにこだわってはいないけど、
やっぱり、自分が必要な存在だって、語りかけてくださいねとことよさんが言う。
                                     (↓フィオナの鼻)
RIMG1175_0625.jpg

お友達が大好きで、
争いを好まず平安を求める気持が強いんだそうだ

RIMG1176_0625.jpg

だから、逆に大型犬等未去勢男子に吠えるのか!?
いや、わからないけど。

あと、だからフィオナちゃんとか場を仕切る強い子に対して、
じっとがまんしてるそうだ

ま、それは悪いことじゃないよね。
RIMG1179_0625.jpg

そして、ママが大好きで、ママを守っているんだそうだ
RIMG1182_0625.jpg
いやーそれは困ったね
わたしたちがタイを守るんであって、
タイは守る必要がないってこと、やっぱりまだわかってないのかなー

そして、ヒーリング。

・・・とその時、おもむろにしゅんちゃん乱入。
RIMG1184_0625.jpg

どうした、しゅんちゃん、
しゅんちゃんもヒーリング受けたいの?

RIMG1190_0625.jpg

ほどなく、タイ、
自主的にヒーリングを終了させ、わたしの足もとに座る
RIMG1198_0625.jpg

「ママがしゃべれっていうからしゃべったー」
RIMG1200_0625.jpg
はいはい、タイ、お疲れさまでした。


こうして、アニマル・コミュニケーション&ヒーリングの会は、
大成功で終了。

「えへへー、本日はフィオナ、進行役でおとどけしました。」
RIMG0954_0625.jpg
うんうん、フィオナ、他のふたり(特にタイ)が好き勝手やってたし、
いろいろと場つなぎ、ありがとうね。


でも、三者三様、とても楽しかった。
ことよさんは、ヒーラーというだけあって、なんとなく癒しの雰囲気をただよわせていて、
そこにいた私たちまでなぜか癒された感じがする。

またぜひお会いしたい気分。
そうだ、今回欠席したまるちゃんに便乗して、再び会を開催、
今度はギャラリーとして参加しようかな。



*****



最後に、よもやま話をしていたら、
しゅんちゃんが、ことよさんの足におしりをのせていることに気づく

RIMG1205_0625.jpg

しゅんちゃん、今日は楽しかった?
RIMG1207_0625.jpg
今晩はゆっくりおやすみなさい



コメント

No title

待ってましたタイままレポート!よーく様子がわかりました流石です。
タイちゃんは愛されて守られているからこそ、ママを大切で守りたいと
思っているのだと思います。

駿ちゃんのトラウマが今よりもっと楽になりますように!
でも優しいママとパパがついてるから大丈夫ですね。

フィオナの迷司会者⁉ぶりにホンワカ笑いました。
名レポート有難う!

Re: No title

きなままさま

> タイちゃんは愛されて守られているからこそ、ママを大切で守りたいと
> 思っているのだと思います。

うう・・・
きなままさんに言われると、
そうかなあ、タイ、ありがとうと素直に言えます(笑)

ほら、タイは場を守って(吠えて)しまうのでね。
それをやめさせるためには
「犬は人に従うもの」という考え方を徹底させなければいけないらしいんですよね・・
この辺についてはまだまだわたしも試行錯誤中です。
でも、わたしにとっては、やっぱりきなこちゃんとママの関係は理想であり、めざすところなんですけどね。

でも、今回のアニマルコミュニケーションの会は、とっても楽しかったです。
次回第二弾、きなこちゃんとまるちゃん、もしかしてエリスちゃんの巻、
ぜひまたレポートさせていただきます!

いい会ですね〜

フィオナちゃんの、ママを思いやる優しさに
読んでるこちらまでホロリ
(でも所々で登場するおちゃめさんに笑った)

しゅんちゃんのヒーリングの時の表情にも癒されました
リラックスして穏やかで いいお顔しています

そして、ヒーリングを自主終了させて
ママの足元にやってくるタイちゃん。
やっぱ ママが一番!ってか


みんな幸せなワンコだね
そして そんなワンコと一緒にいられる私たちもすごく幸せ
いいお話をありがとう!

No title

なかなかレアで良い経験ですね~。
私は「何故殿介は呼ばれてもシカトするのか!?」を聞いてみたいです(笑)
知らない人には愛想良いんですけど、飼い主に対して冷たい男です。

タイ君、まぁ話したくないこともあるよね~。
でも今のママやパパが大好きなら、今が幸せなら良いよね。
…タイ君が、いまにまるちゃんを愛しているのかを聞いてみたいです♪

Re: いい会ですね〜

こむぎかーやんさま

先週のトレーナーさんによるセッションは、
課題がたくさん出る上にガンガンのゲキが飛ばされ、
今まで甘やかされていた生徒がみんなひえーという感じ、
の名門進学塾・夏季講習会という感じでしたが(笑)、

今回は、穏やかな雰囲気をまとったヒーラーさんが
癒しにやってきてくれたということで、
特にフィオナが大ハッスル(笑)
しゅんちゃんも、予想外の受け入れぶりにびっくりしました。

タイの反応は、まあ、予想どおりですかね。
でも、きっと再び会った時は違うんじゃないかなーと思います。
タイにとって2回以上会った人は「友達」になるみたいなんで。

アニマルコミュニケーション・ヒーリングは、
動物だけでなく、わたしたち飼い主も癒してくれるものなんだなー
と実感しました。
それもこれも、わんこと毎日仲良く暮らしている特権ですね。
楽しかったですよ~

Re: No title

殿介ママさま

> 私は「何故殿介は呼ばれてもシカトするのか!?」を聞いてみたいです(笑)
> 知らない人には愛想良いんですけど、飼い主に対して冷たい男です。

殿ちゃん、いつもながら笑わせてもらってます。
でもそういうところがまた、可愛いんでしょ?
きっと殿ちゃんにとっては、全面的に安心しているがゆえに、
いろいろと気を遣わなくてもいい相手だってことですもんね。

> タイ君、まぁ話したくないこともあるよね~。
> でも今のママやパパが大好きなら、今が幸せなら良いよね。

自分の番じゃないときは、結構その辺をうろうろ歩いていたくせに、
いざ、自分の番になると、もじもじしちゃってダメでしたね~
殿ちゃんと違って、タイは初対面の人に愛想良くおしゃべりするタイプじゃないんでね。
ま、そんなに噴出するような不平不満がないということで、よしとしますか。

> …タイ君が、いまにまるちゃんを愛しているのかを聞いてみたいです♪

そうですねー
そうだ、今度まるちゃんの第二弾が計画されているので、
その時、まるちゃんは、タイのことどう思っているか聞いてみますかね。
・・・タイがしょぼんとなっちゃう答えじゃないといいけど・・・(笑)
非公開コメント