07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ

プロフィール

Taitaimom

Author:Taitaimom
2012年3月、保護犬のタイ(当時推定1歳)がうちにやってきました。
そこから始まる、タイとわたしたちの暮らしのあれこれについて。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

いつでも里親募集中

検索フォーム

アルバム

夏の不調

2014.07.25 18:53|by mom
「むふふー わしは、『涼しい王国』の王さまじゃ」
RIMG2041_0725.jpg

「わしのおかげで、この家は涼しいのじゃ」
RIMG2043_0725.jpg



今年も暑い夏がやってきた。
梅雨明け直後の酷暑の日々が続く。


たいていの犬がそうであるように、
タイも夏が苦手だ。
まず、第一の不調として、食欲が落ちる。

一昨年の初めての夏、それまで「よく食べるタイプ」だと思ってたタイが、突然食べなくなった。
ドライフードを残し、トッピングの肉しか食べない。

昨年の夏は、ドライフードを食べる量より捨てる量の方が明らかに多くなったので、
それまでドライフードと、手作り半々にしてたのを、
とうとう、オール手作り食に切り替えた。
そうすれば、肉と一緒に野菜やご飯も少しは食べるからだ。

RIMG2030_0725.jpg

それ以来、ドライフード食に戻しづらくなり、ずっと手作り食が続いている。

そして、今年も、梅雨に入って暑くなるに従い、やっぱり食べなくなった。
一日二食のうち、どちらかを半分以上残す感じ。
残すのはきまって野菜とご飯。
そのうち、お肉もちょっとだけ残すようになった。

食べる量が少ないから当然うんちも少ない。
2回の散歩のうち、大体1回しか出ない。

夏は代謝が落ちるから食欲も落ちるということで、
あまり気にしなくてもいいのかなあとも思っていたのだが、
そのうち、第二の不調も始まった。

「足、かゆいかゆい」だ。
RIMG2032_0725.jpg
昨年より、始まりがひと月早い。

雷だとか、美容院だとか、あるいは単に爪が当たったとか、
何かのきっかけで足をなめはじめるのだが、
それがとまらなくなる。

RIMG2038_0725.jpg

夜中じゅう、えんえんなめているので、横で寝ているわたしまで気になって寝不足になる。

昨年は病院に行って抗生物質とかゆみどめをもらい、
包帯をして治した。
その後も夏の間は時々再発したが、もらった薬と包帯を一晩することでなんとか収まっていた。

おそらく、気温と湿気が一定以上になると、皮膚がかゆくなりやすくなるのだろう。
でも、今年はまだ梅雨時ということもあり、
せっかく病院でしっかり包帯をしてもらっても散歩にいけば雨にあたって濡れちゃうなーと思うと、
有効な対策ができないでいた。

それに、河原に行けば、
RIMG1974_0725.jpg

必ず、川に入ってしまう。
RIMG1978_0725.jpg

川の水が足に悪いかもしれないと、入れさせないようにしても、
みんなと一緒にいれば、調子に乗って、何かの隙にぱっと入っちゃう。
RIMG1980_0725.jpg

わたしとしても、みんなが川で遊んでいるのに、

「まるこー」
RIMG2009_0725.jpg

川に入れば涼しいし、
ひとりだけ我慢させているのもかわいそうで、強くひきとめることができない。

「待ってー」
RIMG2011_0725.jpg

一回入っちゃえば、もうどうせ帰ったら洗うんだから同じかなーなんて思ったりもして。
RIMG2013_0725.jpg

「あっ フィーちゃんも来た」
RIMG2018_0725.jpg

「ママ、今日いつもより、水がちょっとだけ深くない?」
RIMG2021_0725.jpg

「もう、ぼくたち今日はここでやめとく?」
RIMG2022_0725.jpg

(待ってたら、みんな戻ってきた)
RIMG2023_0725.jpg

(どこでもいつでもおやつタイム)
RIMG2027_0725.jpg

そもそも川の水がかゆくなる原因なのかと考えることもあったが、
RIMG2003_0725.jpg

みんなへっちゃらで、遊んでいる。
RIMG2004_0725.jpg

タイは、そもそも濡れた足が気になるらしく、
川から上がるとずっとなめっぱなしだ。
RIMG1983_0725.jpg

昨年も思っていたのだが、
もしかして、この「足かゆいかゆい」は、食欲の低下と関係あるんじゃないか。

・・・食欲の低下による栄養の偏りから免疫機能が低下するんじゃないだろうかと考えたのだ。

今年は特にオール手作り食であることから、
そもそも必要な栄養素が足りてないんじゃないかという不安もあった。



それで、ためしに、
皮膚や免疫機能によさそうな犬用サプリメントを何種類か購入してみることにした。
最初に導入してみたのが、野菜の粉末酵素。
RIMG2049_0725.jpg
一食につきティースプーン一杯ほど。
甘酢ピクルスみたいな香りがする粉末だ。

効果は、3、4日で現れた。

なんと、食欲が復活。
RIMG2031_0725.jpg

それまで、食べた野菜、特に色の濃い野菜はうんちに原形のまま出てくることも多かった。
しかし、導入以降、そういうことがなくなってとてもよいうんちが一日2回。

そして、足のかゆいかゆいも
RIMG2034_0725.jpg

ときどき気にするくらいで、えんえんとなめることがなくなった。
RIMG2035_0725.jpg

「なんじゃい、ママ」
RIMG2036_0725.jpg

わたし自身は、サプリメントの効用はあまり実感しないタイプなので、
長続きしたためしがない。

なので、これがこんなに早く、わかりやすい効果をもたらすとは正直予想していなかった。
暑さにより低下していた消化器機能が回復することによって
免疫機能も向上したのだろう。、

それにしてもスピード回復。

犬の時間は人間の6倍のスピードで流れるというから、効果が現れるのも速いのかもしれない。
酵素ドリンクは、確かに人間の健康食品として人気だけど、
犬にもこんなに効くとは驚きだ。
やっぱり、食べるものって大事なんだなー


RIMG1973_0725.jpg
ちなみに、きなこちゃんも川に入るとちょっと足がかゆいかゆいになることがあるそうだ。
それで、先日、病院の先生に聞いたところ、
川の水がどうこういうより、濡れた肌は敏感になっているので、
その後のちょっとした草の刺激などでかゆくなることがあるということらしい。

なので、川から上がったら、
RIMG1984_0725.jpg

必ず、タオルで丁寧に拭いてあげることにした。
RIMG1986_0725.jpg

ま、(他の犬に比べて)ちょっと過保護っぽいけど、しょうがない。
RIMG1987_0725.jpg


夏の不調、今年は一応の解決策が見つかってよかったな。
タイの親になって3年目、わたしがわからないことで、不調をタイに経験させちゃうけど、
手探りにいろいろ試してみれば、解決の糸口ってちゃんと見つかるもんなのね。



じゃあ、「涼しい王国」の王さま、
RIMG2046_0725.jpg
本日も王国でごゆるりとお昼寝をどうぞ。






コメント

非公開コメント