タイの日記

ARTICLE PAGE

(それでもやっぱり)まるこLOVE

author photo

ByTaitaimom

原から見下ろした川辺に、
まるちゃんの姿は見えなかったにもかかわらず、
何の迷いもなく怒涛の勢いで駆け下りて行ったタイ。

まるちゃんがいたのは、川の向こう岸だった。

(勝手に川に入っていったタイ)
RIMG0700_0805a.jpg

「まるこおーーっ」
RIMG0704_0805.jpg

「ママ、まるこんところ、行こうっ」
RIMG0707_0805.jpg

こっちで遊んでいるジャック軍団の一員、そらくんのママの話によると、
向こう岸には、まるちゃんがリュウ番長と一緒にいるらしい。

RIMG0708_0805.jpg

「行くよっママ」
RIMG0710_0805.jpg

タイ、勝手に歩きだす
RIMG0711_0805.jpg

川渡り、今年は初めてだけど、
ふたり(の人間と、ふたりの犬)が渡っているのだから、
タイが行けないこともないだろう。

RIMG0713_0805.jpg

だけど、
タイが思っていた以上に、向こう岸は遠いらしい。
RIMG0720_0805.jpg
愛するまるちゃん(片思いだけど)になかなか会えない辛さに、
タイは、ひんひん言いながら、進む。


そのうち、どんどん深くなり、
RIMG0725_0805.jpg

深くなり、
RIMG0727_0805.jpg

埋まる
RIMG0733_0805.jpg

埋まる
RIMG0736_0805.jpg

と、その時、

リュウ番長が見かねて、タイの進行方向から水に入り、
RIMG0737_0805a.jpg

迎えに来た
RIMG0739_0805a.jpg

                「おまえ、大丈夫かよ」
             「うう・・・」
RIMG0740_0805a.jpg

そして、タイを励ますように並行して泳ぐリュウ番長
RIMG0741_0805a.jpg

                 「まるこおーー」
                     「なによう、タイー、もしかして、泣いてんのおー?」
  「やれやれ」
RIMG0743_0805a.jpg
タイ、助けてもらってようやくたどり着くようじゃ、
まだまだまるこの愛は得られないね・・・




*****


一石二犬で遊ぶふたり
RIMG0747_0805.jpg

「いや、まるこのママ、オレやっぱりこっちのたまごちゃん、投げてもらう」
RIMG0755_0805.jpg
いろいろと注文の多いみなさん


こっちの岸にあんなに来たがったタイだけど、
RIMG0768_0805.jpg

ただ見学するだけ。
RIMG0771_0805.jpg

なんのために、ここまで来たのか、
ただただ、愛するまるちゃん(片思いだけど)のところに来たかっただけなのか




*****

帰り道。

実は、さっきタイが来たコースより数メートル下手によれば、
かなり浅瀬だったので、相当楽に渡って来れたのだった。
RIMG0773_0805.jpg

タイはいつも、中州へいくためなんかで川を渡る時、どうしても最短距離で渡ろうとしてしまう。
最短距離はしばしば深みがあるので、いつも大変な思いをしてしまうのだ。

その点、まるちゃんなんかは、上手に浅瀬を選んで渡る。
もともと足が長いまるちゃんだから、川を渡ることになんのてらいもない。

タイは水に苦手感があるがゆえに、川についての考察が甘いままで、
とにかく早く渡ろうとして逆に深みにはまる、
という、なんだか身につまされるようなことになっているのだった。

「うふふー」
RIMG0785_0805.jpg

       「うほほー」
RIMG0788_0805.jpg

もくもくと川を渡るタイに比して、縦横無尽に遊びながら帰るまるちゃん

「川の真ん中で、石投げ回りー」
RIMG0793_0805.jpg

そうこうしているうちに再び深みにはまるタイ
RIMG0794_0805.jpg

「うう・・前に進めば進むほど、深くなる・・・」
RIMG0800_0805a.jpg

とうとう冠水
RIMG0801_0805a.jpg

大丈夫大丈夫、タイ、
リードは持っているんだから、流されないよ、
犬なんだから頑張って泳げ

(泳いでいる)
RIMG0803_0805.jpg

「あれっ」
RIMG0804_0805.jpg

「リュウ番長ーーっ」
RIMG0807_0805.jpg

(真意は不明ながら)リュウ番長が最短距離地点にいるので、
それを目標に泳いでいくタイ。
RIMG0810_0805.jpg

「やれやれ」
RIMG0816_0805a.jpg

タイ、
まるちゃんの愛を得るために、
RIMG0817_0805a_20140805130133b56.jpg

リュウ番長率いるジャック軍団でちょっと修業してみる、ってのはどうかな。





Share

Comments 4

一ファン  

足までですが、今年は水の中に入って遊んでいるタイちゃんのお写真が多く、タイちゃんがお水恐怖を乗り越えたのがよくわかり、微笑ましくみてました。

昨年のリュウパパの水泳特訓の効果でしょうか?水泳特訓シリーズはとっても可愛くって何度も見てしまいました。しっぽがあがって必死に泳ぐタイちゃんが本当にキュートでした。

リュウ君、島からお迎えに来てくれて優しいんですね。ワンちゃん達は人間には聞こえない言葉で話しているのだろうと想像してますが、タイママさんのブログをみていると、会話がイメージできてしまいます。たくさんのお友達に囲まれて幸せなタイちゃんですね。

いつもキュートなお写真、ありがとうございます。

2014/08/16 (Sat) 09:40 | EDIT | REPLY |   

Taitaimom  

Re: タイトルなし

コメント、ありがとうございます!

そうですね、今年のタイは確かに、
足首あたりまでの水深はもう抵抗ないみたいです。
でも足全部の深さとなると、
まるちゃんに追いつかなきゃ!とかのパッションがないと飛び込みませんねー

河原で見ていると、本当に水泳大好きな犬って、結構多くいるんですが、
タイの先祖に泳ぎの得意な犬はいないらしく、
基本的にタイは水はあまり好きじゃないみたいです。

リュウ番長、迎えにきてくれるなんて、なかなか感動的でした。
やっぱり人望ならぬ犬望ある犬って違うんですねー。
河原では、リュウ番長、きなこちゃんとかがまさにそういう犬なんですが、
リーダーたる資質があるってことなんでしょうか。
決して威張ってるわけではなくて、むしろ遊び上手というか遊ばせ上手なんですよね。
だから、自然とまわりに犬が集まってきます。

毎日河原では、犬たちはいろいろと楽しそうなやりとりをしているみたいなんですが、
なかなかグッドタイミングで写真にとれないんですよー
これからもがんばります!


2014/08/16 (Sat) 11:13 | EDIT | REPLY |   

一ファン  

昔飼っていたミニシェルティの我が家の子もやはり水が苦手で、海では波をヨケテ歩いてました。足の長さと関係があるのかと勝手に想像してましたが、リュウ君をみていますと身体のサイズは関係ないようですね。見る機会がなかったものですから、たくさんのワンちゃん達がイキイキと水の中で遊んでいるお写真が新鮮です。

タイちゃん、ただただまるちゃんのそばで見学とはなんと健気な。。。恋の成就を祈っております。

2014/08/17 (Sun) 12:09 | EDIT | REPLY |   

Taitaimom  

Re: タイトルなし

そうなんですよ、泳ぎにサイズは関係ないみたいです。
ジャックラッセルテリアはみんな喜んで泳いでますね。
もちろん例外はあるんでしょうけど、大体犬種によって、
泳ぎが得意・不得意ははっきりしているみたいです。
レトリバーなんかもほとんどが喜んで泳いでます。
(巨漢のゴールデン、テディは、うっかりすると台風の増水時も喜んで飛び込んじゃいます)

シェルティは、なんとなくあまり泳ぎそうもないですよね。
あの毛並みは泳ぎに向いてなさそうだし。
あ、でもパリ生まれのブルーマール、アレックスは泳ぎますねー
やっぱり個体差ってあるんでしょうね。

そうそう、柴犬は一般に水が得意でないといわれているようなんですが、
河原の最近の若い子たちは(笑)みんなけっこう泳ぐんですよ。
やっぱり、環境に合わせて、犬も進化するのかも・・・

・・・と、進化論すら目の当たりにできる、わが河原、なのでした・・・


2014/08/17 (Sun) 18:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply