04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ

プロフィール

Taitaimom

Author:Taitaimom
2012年3月、保護犬のタイ(当時推定1歳)がうちにやってきました。
そこから始まる、タイとわたしたちの暮らしのあれこれについて。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

いつでも里親募集中

検索フォーム

アルバム

みみこちゃんち、三たび(こむぎちゃんとなつちゃんのカラー製作教室) その2

2014.12.22 23:48|by タイタイ
3.タイの一日

今日は、みみこんちに来てるんだ。
DSC042321222.jpg

「わらわらわら」
DSC04159 (2)1222

・・・・。
DSC041721222.jpg

「わらわらわら」
DSC041911222_20141224174340c23.jpg

なんと、女ばっか、5にんもいるぞ
DSC041781222.jpg

きなこねえちゃんはともかくとして
DSC041851222_20141224184552311.jpg

柴族(ハーフ含む)同級生3にん娘そろいぶみなんて、
ちょーめんどくせえー
DSC041941222.jpg

「ちょっと、どうしてタイちゃんこんなところに入ってんの」
DSC041881222.jpg

                     ひええーエリス、くわばらくわばら(←呪文唱えている)
DSC041951222.jpg

       みんな、オレのことは忘れてくれ・・・オレはここで静かに寝て過ごすんだ
DSC042041222.jpg

                 ・・・なつ、なぜに入ってくるか・・・
DSC042101222_20141224174536145.jpg

(しょうがないので、タイ、ひとり庭に脱出する」

はああー、でも、ここ歩いてりゃいいから考えてみれば気楽だなー
DSC042121222.jpg

(そうこうしているうちにお昼ご飯)
DSC042371222.jpg

          はー、なんだか静かになったぞ
DSC042471222.jpg

          「・・・・。」
DSC042531222.jpg

          きなこねえちゃんの後ろー えへえへ
DSC042521222_2014122417460802d.jpg

                  「タイちゃん!エリス○▲※□×♢*!!」
 なんだよおーこむぎ、知らねえよおー
DSC042621222_2014122417461274a.jpg


さてさて、ママたちのご飯は終わったらしい。
そしたら、
               ・・・・きなこねえちゃん、帰っちゃうの・・・・
DSC042691222.jpg

「さようならー」
DSC042731222_20141224181154781.jpg

                               ほんとのほんとに帰っちゃうの
DSC042741222.jpg

きなこねえちゃんっ
DSC042771222.jpg

きなこねえちゃん、帰っちゃった
DSC042811222.jpg

帰っちゃった
DSC042851222.jpg

きなこねえちゃん・・・
DSC042871222.jpg

              ・・・ぼく戻ってくるの、待ってるよ
DSC042901222_20141224174750b12.jpg


(↓とはいうものの、こむぎちゃんとみみこちゃんがバタバタしているので様子を見に来た)
DSC043151222.jpg

  んん?こむぎ、いいものの上にいるじゃんか
DSC043221222.jpg

こむぎ、そういうベッド、オレの好みなんだけど(だから貸せ)
DSC043251222_20141224174811df8.jpg

             「タイちゃん、だめ!あたしの!」
へえへえ、えろうすんませんでした(ちょっと言ってみただけだよう)
DSC043261222_20141224174813929.jpg


(タイ、所在無げにうろうろしているので、椅子の上に上げられた)

んん?
DSC043271222.jpg

ま、別にぼくのを作ってるわけじゃないしね
DSC043291222.jpg

つまらんー
DSC043311222.jpg

(そして、勝手に椅子から降りる)

ママ、今気が付いたんだけどさ、ぼく、なんのためにここにいるんだ?
DSC043351222.jpg

でも、しばらくここにいるんだ?
DSC043381222.jpg

うーん
DSC043441222.jpg


(しばらくして、タイの姿が見えなくなったので探すと、お教室の隣のリビングで発見)

むむー、ママ
DSC044081222.jpg

「タイちゃん、こっちの方が居心地がいいの?」   えっ
DSC044091222.jpg

                     「まっ こっちにいるのも自由な感じで悪くないわよね」
     ん?そう?(←なんだかよくわからない)
DSC044101222.jpg

あれ、みみこのママ、なんかするの
DSC044111222.jpg

(冷えてきたので、ストーブを出すみみこママ)

             「なになになに」
「あ、あれストーブだけど」
DSC044211222.jpg

「うおおっ」
DSC044221222.jpg
(ストーブをガードするために出てきた椅子に驚くみなさん)


(さて、そろそろカラー製作も佳境に入り、仕上げの段階に)

(その時、)

「●▽×□▲※!」  「○*◇▼×!」
DSC044441222_20141224175026410.jpg

なんだなんだっ もめごとかっ!!
DSC044481222.jpg

               こむぎっ 乱暴なことしちゃいかーんっ
「タイちゃん!女同士の問題に首突っ込まないで」
DSC044491222_20141224175029fd5.jpg
                      むむむうー (だから女ってめんどくせえー)

はああー もうぼく、隣の部屋でゆっくり寝てるんだ
DSC044551222.jpg

(そして、みみこママ、ほぼ、すべての工程に目途がついてちょっと一服)

んん?
DSC044911222.jpg

              「タイちゃん、かわいいねえー」
えへえへ
DSC044931222.jpg

うふうふー
DSC044961222.jpg

えへー みみこママ、今日ぼくここ泊まってってもいいー?(←調子に乗っている)
DSC045021222.jpg

みみこママー、ぼく、ここちょー気に入ったから、
また遊びに来るねー





*****

4.みみこの一日


今日もうちにお客さんが来た。
DSC041531222.jpg

ちっちゃいおねえちゃんたちだ。
DSC04159 (2)1222

レトリバー族とかのノリのいい子がいない・・・遊んでくれそうな子は誰もいないのよ。
DSC041981222.jpg

一生懸命誘ってみたら誰か遊んでくれるかなー
いや、怒られるかなー
DSC041991222.jpg

いや、その前にうちのママに怒られるなー
DSC042001222.jpg


(お昼ご飯のときは、みみこ、わちゃわちゃしないようにママに厳しく言われて退場させられ、
きなこちゃん、エリスちゃんが帰った後、ようやくお教室会場に顔を出すことを許される)


で、これから、お教室が始まるわけね。
今日はこむぎちゃんと、なつちゃんの分なんだ。
DSC042791222.jpg

「ここ、開かないのかしらー」
DSC042921222_20141224184713321.jpg

なになに、こむぎちゃん、うーんとね、ここはママしか開けられないのよ。
あたしも何度か試してみたんだけどね。
DSC042961222_201412241847159a4.jpg

ほらほら、でもここからなら出られるよ    「ほんとだー」
DSC043021222.jpg

あたし、出ちゃおうっと
DSC043031222_2014122418471823e.jpg

た~りら~りら~ん♪
DSC043081222_20141224184719132.jpg

こむぎちゃんも、なつちゃんも外出て遊ぼうよっ
DSC043121222_20141224184738371.jpg

あそぼーよーっ
DSC04316 (2)1222
「こらっみみこっ 静かにしなさいっ」
うへえー ママに怒られちゃった

なになに、ママ、ここにベッド置いてくれるの
「だめよっ みみこ、これはこむぎちゃんのために持ってきたの」
DSC043181222.jpg

「うふん」
DSC043201222.jpg

ちぇえーつまんないなー
DSC043241222.jpg

はああー 誰も遊んでくれないし
DSC043411222.jpg

つまんないから、寝ちゃおうっと
DSC043431222.jpg

ま、でもみんななんだか楽しそうでいい雰囲気だから、気持ちいいなあ
DSC043451222.jpg

ぐー
DSC043741222.jpg

ぐー
DSC044061222.jpg

「あれータイはータイはどこー」

タイちゃんのママ、タイちゃんここにいるよ
DSC044071222.jpg

「むむう」
DSC044081222_201412241848449bb.jpg

「あれ、みみこのママ、なんかするの」
DSC044111222_20141224184846047.jpg

うふふー、あたし知ってるよ、
ママね、あたしのブタ耳煮てるんだよ。
ほら、今そこの流しのところにブタ耳置いたよ

そらーっ とったどー!

「あーっ みみこーっ!待ちなさーい!」

(みみこ、庭へ逃走)
DSC044121222.jpg

うひょー
DSC044131222.jpg

うひょひょー
DSC044151222.jpg

                        わほっほー
DSC044161222.jpg

(そして、この後、みみこ追い詰められる)
DSC044181222.jpg

(ブタ耳をママに取り返される)

(今度はママを追いかける)
こらーっ、ママー
DSC044191222.jpg


(そのあと、みみこママ、ストーブを出す)
          「なになになに」
ん?あれストーブだよ、みんな知らないのかな
DSC044211222_20141224184934c42.jpg

うほほっ
DSC044221222_2014122418493644d.jpg
びっくりしたー
いつもはあんなの出さないんだけどな


あ、こむぎちゃん、なにやってんの?
DSC044581222.jpg

あっ それねえ、そのボールの中におやつ入ってるんだよ
DSC044621222.jpg
貸してみ、貸してみ

「こらっ みみこ、なにやってんの!」

「みみこ、もう、こん中入ってなさいっ」
DSC044631222_20141224185040279.jpg

うえーん    「みみこ・・・」
DSC044641222_201412241850429d2.jpg

しくしくしく      「うう・・・なんだかちょっと、みみこに悪いことしちゃったわ」
DSC044661222_20141224185043f17.jpg



(そろそろ日も傾きはじめ、お教室も終盤に)
DSC044551222.jpg

はあー 今日も一日終わるのねー
DSC044521222.jpg

今日もママ、十分に楽しめたかしらー
DSC044541222.jpg

あたし、天国のお姉ちゃんたちに、とりあえずママをてんてこ舞いさせなさい
って指令を受けてきたのよねー
それが今のママに必要なことなんだってさー

だから、毎日毎日、ママを喜ばせるためにいろいろ考えてるわけよー

でもね、そうして、大人になったら、あたし、きっととってもいい犬になるよ。

ママが、今までの誰より一番だわって思うようになるから、
・・・待ってろよー




*****
(おまけ)



こむぎちゃんのママは、売れっ子のイラストレーター。
カレンダー、本の装丁、布製品のデザインなど、活躍は多岐にわたる。
DSC045281222.jpg
(いただいた某企業のカレンダー。左2013年、右上2014年、右下2015年)

作品はどれも美しい色合いと柔らかな曲線で構成されていて、
絵画的というより、デザイン性が高く、優しいのにモダンな印象を受ける。


今回は、そのこむぎママがカラーを作るとあって、
どんなものを作るのか、わくわくして見ていた。


ストーンを出してきて、最初に構想を練りながら、置いたのがこの配列。
DSC042211222_2014122522263805c.jpg

パターン配列に少し変化を加えた感じ。

こむぎちゃんは体重がせいぜい8キロくらいしかない豆柴。
細い革になるので、シンプルなものを、という思いがあったようだ。
そして、こむぎちゃんは女の子なのに、クールな色石の選択。
ママのイメージだと、こむぎちゃんはきっと、クール・ビューティーなんだなあ。

(お教室会場に移動し、本格的にデザイン決め。マイ定規持参でした)
DSC042981222_20141225222640aaa.jpg

これまで、みみこママのうちでは、このブログで紹介した以外にも何回もお教室は開催されていて、
デザインは、製作者が、独自で考えたり、あるいは既製品もしくはみみこママ製作品を参考にしたり
それぞれ自由に自分の好みに従って作る。

わたしは自分で作ってみて思ったのだけれど、
デザインは、
一見ランダムのようで、その実、パターンになっているため、
(パターンが複雑なため読み解くのには時間がかかる)
全体的に整合して見える、というものにとても心惹かれる。

(当初の構想から大分進化している模様)
DSC043771222.jpg

(そして、うち終わり。)
DSC044361222.jpg

どうでしょうか。
左右対称の片側で考えると、7石中5種類(色・カット・大きさ)も異なるものを使っている。
なのに、この統一感。
パターン配列なのか?だとしてもまったく読み解けない・・・
まさにわたしの理想のデザイン、ぴったんこ。

しかもこの真ん中のクリアストーンの清冽さよ。
これを真ん中に置くとは(しかも1石のみ)今まで誰も考えなかった。

単なる配列だけでなく、革の太さに対してのストーンの大きさ・間隔のバランスも絶妙だ。

はー、やっぱりすごいなあー
プロのスゴ技を目の当たりにした一日でした。




コメント

非公開コメント