タイの日記

ARTICLE PAGE

不思議な体験

author photo

ByTaitaimom

わたしはその昔、占いや神秘体験話が大好き少女だった。

DSC09232.jpg
(小学生の時に初めて購入した占いの本。そこに載っていた舶来のカードを親に頼み込んで買ってもらい、
中学ではそれを使い倒して、占い師としてクラス中の秘密を根こそぎ握ることに成功)


しかし、それからだいぶ長い人生(おばちゃんへ)の道のりをたどってきたが、
まだ一度も、なんとも説明のつかない不思議な体験には、残念ながら出会ったことがない。

そりゃあ、偶然の一致や、不思議な縁だなあ、と感じることは時々ある。
でも長い人生、そのくらいのことはあるだろうし、
そういうのは、本人が自分の人生の物語としてどうとらえるかという認識の問題だろう。

世の中のたいていの「神秘体験」はそういうもんだと考えるようになったが、
それでも、わたしの中の奥にある「神秘体験大好き少女」が、
「もしかしてどこかに、誰が見てもなんとも説明のつかない、不思議な体験は存在するんじゃないか」
と思っていたりする。


*****

そんなわたしだが、先日、ちょっと不思議な体験をした。

事前情報からくる推測、偶然の一致、単なる確率論、いろいろ考えられるけど、
それだけではない不思議な感覚があったので、
ちょっと書いてみたいと思う。


アニマルコミュニケーションという一種のカウンセリングの方法がある。
動物と会話をすることができるというアニマルコミュニケーターが、
動物(多くはペット)と会話してその気持ちを聞き、飼い主とペットとの関係を改善していく方法だ。
テレビの動物バラエティ番組で、アニマルコミュニケーターの外国人女性を取り上げたりしたこともあって、
ペットを飼っている人なら多少なりとも耳にしたことがあるのではないだろうか。

わたしの不思議な体験とは、先日、縁あってあるアニマルコミュニケーターのモニターとして受けたセッションだ。
その方はアニマルコミュニケーションを始めたばかりなので、
先着100人をモニター料金でセッションするというのだ。
しかし紹介してくれた友人によると、始めたばかりとはいえ、生来の能力が備わっているらしいという。

一般にアニマルコミュニケーターはその動物と波長を合わせて会話するらしい。
その様は、いわゆるテレパシーを使って会話するというのに近しく思える。

ほんとにそんなことあるのか?という感じでもあるのだが、
たとえば、通常であれば、飼い主は自分の犬の気持ちくらい見れば大体わかるのと同じことで、
犬をよく知っている人が、問題の犬と対面し、飼い主と対話する中で、
犬の状況を客観的に読み取り、それを「犬の言葉」として語るのは、そう難しいことではないだろう。

ただ、今回お願いしたアニマルコミュニケーター(以下Tさん)は、写真を一枚送付するだけで、犬やわたしたちと対面しない。
(モニターセッションなので)3つの質問に限り、わたしたち飼い主に代わって質問し犬の言葉を伝えてくれるのだ。
そして、セッションの結果はメールで返信してくれるという。
ちなみにTさんとわたしは全く面識がなく、当然このブログもご存じない。

(今回のモニターセッション依頼時に送付したタイの写真)
DSC06436 (2)
(ちなみにこれは5月に実家に帰省した時に海の公園で撮った写真)

わたしが質問したのは、
1.何か言いたいことはある?
(日々の生活の中での不満、要求。あるいは、わたしたちのことを日頃どう思っているか)
2.なぜ、今の家族(またはわたし)と一緒に暮らすことを選んだの?
(ネットの掲示板で里親募集していた保護犬のタイに、昔飼っていた犬の面影を見たことから、なんとなくわたしは運命を感じているため)
3.望みや夢を教えて
(タイの犬生をできるだけ充実した幸せなものにしてあげたいため)

と、Tさんが質問の例として上げていた、過去・現在・未来にわたる3つの事項だ。
上記のカッコ書きのように質問の背景として簡単な説明も加えた。
問題行動があったら書くようにとのことだったので、
問題行動と特に考えてはいないが、警戒心が強く、知らない人・犬に吠える傾向があることを書き添えた。

そして、数日後、セッションの結果のメールは届いた。


*****

そのメールに気が付いたのは、夜寝ようとしてパソコンをシャットダウンする直前だった。
「あっ 来たっ」とばかりにちょっとドキドキしながらメールを開けた。

以下、Tさんとタイのセッション原文(青字

「まず、タイ君と会って、はじめに感じたのは深い幸せな気持ちです。
タイ君は微笑んだような顔でしっぽをフサフサゆらしながら、姿を現しました。

DSC09497.jpg
そして2回ほど吠えて静かにこちらを見ています。

おしゃべりな子ではなくて、なんとなく(ハリーポッターの映画でいうと)『ネビル』君のような性格でしょうか」

DSC09440.jpg

うう・・・そうですか、ネビル君・・・
まあ、確かにハリーじゃないわなあ、勇敢じゃないし・・・
昔うちに来たばかりの頃は、映画スタンドバイミーの主人公(語り手)ゴーディ少年みたいだと思ったんだけどな。
でもまあ、確かにまるちゃんの後くっついて歩いてるしな・・・
あれはやっぱり、ネビルっていうんだろうな・・・
ん?でもなんであの送付写真だけでわかるんだ?

質問1:何か言いたいことはある?

DSC09420 (1)
タイ君: いつもおしゃべりしているよ。 ただ、ママは少し考えすぎなんだよ。いろんなことをもっとゆったりした気持ちを持って。僕に何も不満はないよ。 いつも一緒にいてもらっているし、いつもなんでも聞いてくれるし。

うんうん、タイとわたし、確かにいつもおしゃべりしてるよね。
わたしが考えすぎ!?ま、ほかのわんこママよりちょっと慎重なキライはあるかなあという気もするけど、
それってタイには多少窮屈に感じたりするのかなあ
ま、でも確かにお留守番は最低限クラスだと思うし、いつもタイの気持ちを優先に考えているからね。

質問2:なぜ今の家族(またはわたし)と一緒に暮らすことを望んだの?
DSC09496 (1)

タイ君が、ここに来たのは「随分前に飼っていらした犬からコトヅテを伝えるために」なのだそうです。
(といっても生まれ変わりとかではないそうです、全く違う犬なのですが)
花の咲いている川原の土手のようなところで、女の子と犬がいるのが見えました〜それはとても幸せな気持ちに満たされていました。


<質問3:望みや夢について教えて>
DSC09467.jpg

タイ君: ここに来てね、今とても幸せだよ。
でもさ、まだ怖いものがたくさんあるんだ。だってさ、誰になにをされるか誰も教えてくれないんだから。どうなるか、わからないから。
ママはね、やさしいよ。でもほかの人はやさしいかどうか?わからないしね。ゆっくりしていたいんだ。


僕の望み?してほしいこと? ママといることだよ。
DSC09426 (1)
僕を選んでくれてありがとう〜 僕も、ママを選んで、ここに来たんだよ。(それ、わかっているかな?)


私: ママ、パパチーと一緒に暮らせてとてもしあわせでよかったね。
  これからもタイ君を可愛がってくれる人たちなのよ。だから安心してね。
  タイ君〜今日はお話してくれてありがとう〜ママにタイ君の言葉を伝えておくね。
  またね。バイバイ。


DSC09500.jpg
タイ君: うん、わかってるよ。  じゃあね〜 (少し見ていて、ゆっくり去って行きました。)

DSC09501.jpg

確認事項になりますが、
②タイ君がいたところですが、岩陰のような風景が見えました。草むらの中をぴょんぴょん駈けていつ様子も。


いや、それはまさにこの河原ではないかと・・・。なぜそれが見えるんだ!?びっくり仰天しちゃうんですけど。
岩陰は、多分この涼しい橋の下かもな・・・
DSC07764_20150520213757398.jpg
(5月20日撮影)

また、質問2の、「花咲く川原の土手」も、まさにこの河原じゃないかなあ・・・
DSC08706.jpg
(6月8日撮影。春に菜の花や大根の花でいっぱいだった河原は現在ハルシャギクが咲き乱れています。)

タイ、おばかちゃんだから、Tさんに昔のことを聞かれても全部今のことを答えちゃったんじゃなかろうか。

③歯、奥歯?になにか違和感がありましたが。心当たりはありますか?
これは、タイが最近ケッシー(犬用ラバーブラシ)を噛んでいて、奥歯や犬歯の歯石がミシミシとれたことかな?

④うすブルーの何かを持っていますか? オモチャ、敷物等?
タイの河原用ハーネスの色は、長い間色あせたブルーだった(つい最近赤に変更)
いやそれとももしかして、この水色のえりまきのことか?
DSC09507.jpg
(セッションの数日前、タイの足なめ防止のため、タオル製クールマフラーをエリカラ代わりに3、4日使用)

⑤コーン缶のイメージが出て来ました。普段は何が好物ですか?
それは、もしかして、この年季の入ったおやつ缶?
DSC09509.jpg
これは散歩時に携帯するおやつ缶で、河原のわんこママたちで共同購入したものなので、
今も使っている人たちが何人もいる。
ただ、最近わたしは右の四角い缶に変えたんだけど。
(でもこの写真の撮影のために、この丸缶の蓋を開けたらその音を聞いたタイが隣室から駆けてきた・・・)

DSC09471.jpg

最後の確認事項まで読み終わると
Tさんは、なんだか本当にタイのことが見えているように思え、会って話をしたんだなー
という実感がした。

何よりも、セッション冒頭のタイが現れた様子とか、最後の去っていく様子とか、
あ、これはタイだな、という不思議な感覚があるのだ。
DSC09469.jpg

セッションを通じて、タイは何度か「とても幸せ」と言ってくれた。

DSC09428.jpg

それは想像していた以上に、心をとても温かくするものだった。

DSC09436 (1)

これほどまでに心を通わせられる、大事な小さきもの。

メールを読み終わった真夜中、
パパチーの隣で、スコンスコン寝ているタイの黒い背中を見ながら、

わたし自身、とても幸せだと思った。





*****
(おまけ)

Tさんは確認事項の中で、「歯・奥歯になにか違和感」と言っていましたが、
セッションの1週間後くらいから、わたしの親不知に異変があり、
なんと10年ぶりの歯医者に行くことになって、現在抜歯の危機にあります・・・



Share

Comments 2

殿介ママ  

No title

あ~、そういう不思議な感じの人いますよね。
私も前は所謂「死んだ人」が見えたりしました。
最近では、旦那の婆ちゃんがチラチラと。
一回、旦那の婆ちゃんに対して殿介が激吠えしてから見えなくなりましたが。
イトコは小さい頃から、世間で言うトコロの「霊視」とやらが出来てしまって
悩んだ叔母夫婦が家族全員の改名をしたりして大変そうでした。
信じるか信じないかはアナタ次第なジャンルのお話ですが。

アニマルコミュニケーター、興味がある時期もあったんですが
ネットで調べたら「ワンちゃんに、何て呼ばせてますか?」というのがありまして
私は自分のこと「母さん」って言ってるけど
殿ちゃんが私のこと呼んだことはないわと思ってスルーしました。

信用できる方に出会えたってラッキーですよね。
なかなか…ねぇ?(笑)

2015/06/30 (Tue) 01:07 | EDIT | REPLY |   

Taitaimom  

Re: No title

殿介ママさま

ご無沙汰しておりますがお元気でお過ごしでしょうか。
お互いブログも4年目になると、ネタの繰り返しになっちゃって更新が滞りがちになりますねi-236

> 私も前は所謂「死んだ人」が見えたりしました。

ええっ そ、そうなんですか!
わたしは、昔見たいと切望したこともあったんですがついぞ見えませんでした。
「視える人」に直接会ったことすらないかも。
でも殿ちゃんも見えるってことですよね!?
やっぱり犬って飼い主に似るんですね~
イトコさんの「霊視」ってどんなんでしょう!
予知能力とかあるんでしょうか!?す、すごい!!

ちなみに記事のアニマルコミュニケーターさんのブログは以下の通りです。

http://ameblo.jp/shimalisu/

モニター枠がどんどんうまっているようなので、もしお願いするなら早めのほうがいいですよ。
興味がおありであればぜひどうぞ。
メールで事足りるし、モニター料金は1000円、振込の手間が一番面倒なくらいです。
ちなみに紹介者はタイの預かりさんなんですよ。
そしてこのアニマルコミュニケーターさんは、保護犬を飼っていらっしゃるようで、
犬の知識自体も豊富です。
もしお願いしたら、結果をぜひぜひブログで紹介くださいませ~

2015/06/30 (Tue) 11:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply