タイの日記

ARTICLE PAGE

秋の始まり

author photo

ByTaitaimom

河原では彼岸花が咲き始めた。
DSC03984.jpg

花蕾が出始めたのは先週、まだ九月初旬のこと、
今年は少し早い。


おおっ 巨漢のテディ、お願いだから、せっかくのこの花めがけて背中ゴロゴロしないでよ
DSC03988.jpg

よし、セーフセーフ、めでたしめでたし
DSC03991.jpg

ん?ルスカ
ルスカ、白黒カラーがこの花にとっても似合うから一緒に撮ってあげようか (ルスカ↓)
DSC03989.jpg

残念ながら、そんなことに興味はないか
DSC03990.jpg

「ママー、まだー?」
DSC03995.jpg
うん、まだまだよー
せっかく久しぶりに晴れた朝、花の綺麗なな時期は短いんだからたくさん撮っとかなきゃ。


今朝はいつもよりちょっと時間が早い。

DSC04009.jpg
彼岸花は朝日を受けてキラキラ輝く。

「ママー、きなこねえちゃんやまるこ、あっちから来るんでしょー、迎えに行こうよー」
DSC04011.jpg
はいはい、ちょっと待っててねー

DSC04025.jpg

彼岸花は、別名を曼殊沙華ともいい、
その名の由来は、天上の花、
慶事が起こる前触れとして天から赤い花が降ってくるという仏教経典からきているらしい。

DSC04031.jpg
意外にも吉兆としてのシンボルなんだ

DSC04001.jpg
しかし一方で、地獄花、狐花という名前もあり、
火に通じるものとして手折ったり家に持ち込むことを禁忌とする言い伝えもあったりする。

DSC04035.jpg
河原の中で真っ赤に咲くその様は、確かにまるで火花のよう。
その根には毒があるというし、妖艶な姿はちょっとぞくっとさせるものがあるから、
そんな風に言われるのもわかる気がする。


ところで、
川べりには背の高い黄色い花も今や盛り。
DSC03998.jpg
この花は、聞くところによるとキクイモだそうだ。

キクイモなら、根っこはキクイモ、食べられるはず。
DSC04012.jpg
ま、でも相当しっかり生えているから採るのはたいへんそうだ。
誰か採っているのも見たことないしな・・・


・・・河原もいつの間にかすっかり秋の気配。
この間までの騒がしかった蝉の声は消え、あたりには秋の虫の音が響いている。

DSC04047.jpg
青空に新しいススキの穂がたなびく。

と、そこに、
DSC04039.jpg
蘭々じゃないー、久しぶりー

          「タイちゃん、おはよう」
 「うん、おはよう」
DSC04040.jpg

              「えへー、おやつちょうだい?」
       「えへー」
DSC04042.jpg
もおー、しょうがないねー、あんたたち(←かわいいのですぐあげちゃう甘い飼い主)

なんと、蘭々、今日誕生日なんだって。
DSC04050.jpg
蘭々ももう4歳、初めて会ったときは子犬も子犬、あんなにちいちゃかったのに。

あの頃の河原のようちえん生、
DSC04061.jpg
みんな、大人になったんだねーとしみじみする。


さてさて、蘭々とも別れて、
とうとう河原の最後の出口、きなこちゃんはいつも必ずここからやって来る
DSC04063.jpg

「ママ、来ないねー」
DSC04066.jpg
うん、今日はちょっと早いからねー

でも、まるちゃんはともかく、
きなこちゃんはそろそろ来てもいい頃だけどね。

じゃ、ちょっと土手の上、先まで歩いてみるかと、階段を昇っていくと、
足元に白い花、タマスダレが咲きそろっていた。
DSC04069.jpg
ちょうど今頃咲くタマスダレ、これも実はヒガンバナ科だそうだ

タイが熱心に匂いを嗅いでいるところを見ると、いろいろと犬の情報掲示板になっているらしい。
DSC04071.jpg

と、いくらも歩かないうちに、振り返れば、
あっきなこちゃん来たっ!


                 「きなこねえちゃーん、ぼくぼく待ってたんだようー!」
        「はいはいはい」
DSC04078.jpg

                    「きなこねえちゃーん、好き好き好きー」
           「はいはいはいはい」
DSC04079.jpg

           「よし、じゃ、行くわよっ」
                           「ラジャーラジャーラジャー!」
DSC04080.jpg

                「いざ、出陣ー!」 「それえーっ!!」
DSC04081.jpg








Share

Comments 0

Leave a reply