タイの日記

ARTICLE PAGE

探しているものは近くに

author photo

ByTaitaimom

11月の三連休最初の日、午後から家族で隣町おしゃれタウンへお散歩。

いつもの緑道を歩いて、おしゃれタウンの端にある小さな公園にたどり着いた。
すると、そこには、まさにまばゆいばかりに光り輝く木が。
DSC08367.jpg

木の名前はナンキンハゼ。
なんだか魚の名前みたいだけど、その輝く色だけでなく、葉っぱの形もハート形に似てかわいらしい。

この木の存在は知っていたけど、こんなに美しく紅葉するなんて知らなかった。

「うへへーよかったねー、ママ」
DSC08297_20151123211522b03.jpg

しかもこの葉っぱの「クオリティ」の高さよ!
DSC08299.jpg



実は、前日、わたしはカメラメーカーが主宰する無料の撮影会に参加、横浜三渓園に行ってきた。
そこで教わったのは、「クオリティの高い葉っぱを探しましょう」。

DSC08216.jpg
(11月20日三渓園にて撮影)

メーカーから借りた高価な望遠レンズは、まるで自分で撮ったとは思えない画を撮ることができるのだが、
その代わり大砲のように大きく重く、最初に手に持った時は腰を抜かしそうだった。

DSC08239.jpg
(11月20日同)

そして、それを肩の高さまで持って空を見上げ、目を凝らして虫食ってない(クオリティの高い)モミジを探すのは、まるで苦行。

この秋、東京は今一つ天候が不順で、なかなか晴れ渡る青空を見ることがない。
かと思えば、1か月以上逆戻りしたような暖かさが続いたりして、
紅葉シーズン最初に始まる桜は、紅をとばして茶色くなって終わってしまう気配が濃厚だ。

今年はあまり紅葉が綺麗にならないという噂もちらほら流れる中、
三渓園のモミジは、例年より紅葉が進んでおらず、赤くなったモミジは虫食いや縮れているのばかりだった。

聞くところによると、北国の紅葉はむしろ今年は美しいらしい。
感動するような紅葉を撮るためにはやっぱり北への旅にでも出なくちゃダメなのかなーなんて思ったりした。

(つい、テーマ外の猫を撮影)
「なんじゃオマエ、とっとと紅葉撮っとけ」
DSC08130_2015112321151939d.jpg
(11月20日同)


それが、翌日近所でこんなに美しく完璧な紅葉を見つけることができる幸運よ!

DSC08300 (1)

と、いうことで、しばし撮影タイム
DSC08358.jpg

DSC08379.jpg

で、我に返って、向こうにいる二人のところに行ってみると
DSC08323 (2)

ソーセージ、食べとるし・・・
DSC08320 (2)

         「だってなー、タイチー、ママひとりで写真撮ってるんだもんなー」
    「ねえー、パパチー」
DSC08340.jpg
まったく、まったくうー、そんなの食べ過ぎると体によくないんだからねー

DSC08348.jpg
公園の手前で光り輝いていたナンキンハゼとは対照的に、眼前の桜はもう終わりかけの風景。

今年の桜の紅葉は大したことないと思って、写真もあまり撮らなかったけど、
本当は、気にしていれば、ベストタイミング、ベストポイントはあったのかな。

DSC08350.jpg

・・・探しているものは実は近くにあるものなのかな。




Share

Comments 0

Leave a reply