05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ

プロフィール

Taitaimom

Author:Taitaimom
2012年3月、保護犬のタイ(当時推定1歳)がうちにやってきました。
そこから始まる、タイとわたしたちの暮らしのあれこれについて。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

いつでも里親募集中

検索フォーム

アルバム

5歳の誕生日に

2015.11.24 23:42|by mom
タイが5歳になるのは、待ち遠しくもありその逆でもあった。

DSC08107.jpg

犬の5歳は、完全に大人の犬、いわばその完成形ともいえる年齢じゃないかと思っていたからだ。
DSC08115.jpg


タイがうちに来たのは1歳を少し過ぎたころで、まだ毛も短め、少年の面影が強かった。
008_convert_20120619134253.jpg
(2012年6月19日撮影・タイ推定1歳半くらい)

今思えば、言葉もあまり通じなかったし社会的常識も今ほど身に着けておらず、
とにかく、わたしや犬友達とお相撲したり駆けっこしたりして遊びたがった。

067_convert_20120628130735.jpg
068_convert_20120630110544.jpg
(2012年6月30日撮影)

046_convert_20120704121639.jpg
044_convert_20120704122013.jpg
(2012年7月4日撮影)

日がな遊びの相手をしたり友達を探すのは、結構大変で面倒なことだったし、
日常生活で、全くこの子はわかってないなーと思うことも多かったので、
将来、5歳くらいの落ち着いた大人の犬になったら、きっと家族としてお互いにもっとわかりあって、それはそれは素晴らしいわんこライフになっているに違いないと憧れた。


しかし、3歳、4歳と、タイの年齢が進み、徐々に若犬らしさが消えていくのを感じると、それはそれで寂しいものだった。
DSC08426.jpg



若犬の至らなさがなくなって落ち着きが増していくのと同時に、子供らしい躍動する好奇心・探求心のようなものも失われていく。
そして、5歳という年齢は完成形であるがゆえに、中年・壮年、そして老年へと向かっていく一つの分水嶺になっていることに気づく。
完成形の年齢を迎えたタイにとって、次にやってくる段階は、ある意味老いへのステージにほかならない。

DSC07819.jpg

これまで一緒に過ごした4年弱の年月はあっという間だった。
これから、またすぐタイは6歳になり、7歳、8歳、あっという間に10歳になってしまうのだろう。
そうすると、ここから歳を重ねること、年月が過ぎていくことは、別れの時に近づいていくともいえるのだろうか。


DSC07933_20151125203039166.jpg

5歳の今のタイは、1、2歳だった頃に思い描いていたとおり、落ち着いた大人の犬だ。
一方で、タイは外ではすっかり大人の犬として振る舞っているけど、家の中ではまるで腕白小僧のような表情でふざけたり甘えたり、時にはすねたりわがままを言ったり、まるで人間の子供のようになった。

DSC08466.jpg


毎日の習慣についてなどは、あの頃想像していた以上にツーと言えばカーで、それらはもうお互いに意識しないくらい当たり前のことだ。わたしは日常において、もはやタイと一心同体の感覚すらある。
ま、もちろん、突然のことに警戒吠えして他人を驚かせるとかいろいろ欠点はあるけれど、わたしも犬の飼い主としてのスキルが上がってきたということなのか、そういう対処について今あまり迷うところもない。

DSC07962.jpg
(なんちゃってチューチュートレイン演技中)

今、こうした状況を改めて振り返って、ああ、これが家族としてお互いにわかり合った犬と暮らすということなのだなあと思ったりする。それは、想像した以上に、豊かで温かい感情が湧き起こる生活だった。

「まるこおー」
DSC08457 (1)

         「まるこっまるこっ」
DSC08465.jpg


しかし、犬を可愛がり最後を看取った経験のある人たちは口をそろえて言うのだ。
「年とって老犬になった犬はそれはそれでまたいいものなのよ」
白い毛が増えてパワーが落ち、飾り毛も少なくなって・・・そんなタイの姿を想像すると、今はなんだかそれだけで寂しい気持ちになる。
しかしその老いた姿に一緒に過ごした日々を重ねてさらにまた愛おしさが増していくのだろうか。
それともまた、今の状況よりさらに一段上に通じ合いわかり合う段階があって、より一層絆が深まるということなのだろうか。

DSC08461.jpg



そのステージを、わたしはまだ知らない。
でもこれから先、タイが老犬になる時は、きっとまた違う黄金期が訪れるのかもしれない。

DSC08052.jpg

DSC07798.jpg

だから、あまり恐れずにいよう。
これまでそうだったように、これから先だっていつも、タイはわたしの人生に素晴らしいものを連れてくるに違いない、と信じて。





*****
(おまけ)


今日タイが誕生日だと聞いて、みみこママが焼いてくれたバースデイケーキ(人間用、でも多分タイにあげること想定済?)
DSC08535.jpg

夕食後、箱から取り出したとたんにキッチンの前でこの状態
DSC08540_20151125212532061.jpg
あげるなんて言ってないけどねー

     「いや、それはオレのバースデイケーキなのだ。知っているのだ。」
DSC08542_20151125212534243.jpg

むふふー、おいしそうー
DSC08541 (2)

しかしその時、ピンポーンと玄関ベルがなりパパチーが帰って来る。

    「えっ」
DSC08544_20151125212535489.jpg

    「どうするんだっ パパチーも帰ってくるし、ケーキも食べなきゃっ うわー」
DSC08549.jpg
一度にふたつの興奮要素がやってきて、恐慌をきたすタイ。

で、駆けて行ってお出迎え。

「パパチーー!!」
DSC08553_201511261208173ed.jpg

そして、無事、ケーキにありつく
DSC08558_20151125212600da5.jpg

「なんじゃこりゃー!うまーいっ!!」
DSC08557_2015112521255908c.jpg





(本日のブログ記事の写真は、注釈がないものについて、11月16~24日の間に撮影した写真を使用しています)


コメント

非公開コメント