03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ

プロフィール

Taitaimom

Author:Taitaimom
2012年3月、保護犬のタイ(当時推定1歳)がうちにやってきました。
そこから始まる、タイとわたしたちの暮らしのあれこれについて。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

いつでも里親募集中

検索フォーム

アルバム

紅葉狂騒曲

2015.12.05 23:51|by mom
昨年、タイと歩いていて、ふと通りかかり発見した、区の特別保護区に指定されたカトリックの教会の庭園。
そのきらめく紅葉が忘れられず、この秋一般公開されるときも必ず行こうと決めていた。

しかも昨年と違い、今年は一眼カメラ導入済み。
あのキラキラの湧水地の水面に映す紅葉をレンズを通してみたらさぞかし見事だろうとワクワクしていた。

今年の秋の一般公開日は11月最終週の土日と12月第1週の土日だ。
しかし、今年の秋の紅葉の進みは遅く、最初の公開週は見送ることにした。

そして満を持した今週、よく晴れた土曜日の午後。

   「わーい、おさんぽ、おさんぽー」
DSC09069.jpg

一般に、写真は昼日中よりも朝や夕方の斜めの光の方が綺麗だと言われている。
しかし、出発して気づくのだ。

    「早くいかないと、終わっちゃうよー」
DSC09071_20151207194631ec9.jpg

公開時間は4時まで。すでに3時をまわり、うかうかしていたらろくすっぽ時間がないじゃないか。

で、3にんでものすごいスピードで歩いた4キロ。

  「ママ、よかったね、もうついたよ、30分あるじゃない」
DSC09072.jpg

そして、教会の門の前ですっかり一緒に入る気になっているタイ。
  
  「さっ ママ、張り切って行こうー」
DSC09073.jpg

うーん、残念ながらタイはパパチーとここで待っているのよ、ここはさすがに犬は入れないからね。

  「えーっ なんてこったい」
DSC09074.jpg

終了時間まで30分だけど、タイとパパチー(簡易イス持参)を待たせて撮るんだから、
もともとそれくらいの時間が限界だ。

   「えー、パパチー、ぼくも行くうー」
DSC09075.jpg


なんか言ってるタイをしり目に、いざ、張り切って中へ。

さてさて、紅葉は間に合ったかな
DSC09083.jpg
夕陽を浴びて黄金色に輝くモミジ。
ああ、やっぱり美しい。

でもやっぱり思うのだ。
DSC09091_20151207193618da9.jpg
昨年はここのモミジは真っ赤だった。

そして、期待の湧水池、
・・・日が陰ってて全然映ってない・・・
DSC09097_20151207194633656.jpg
そして、水面には落ち葉が多すぎて、光の反射もなし。

はあー、まあこれでも、きれいはきれいなんだけど、期待がなんせ大きかったからなあ
DSC09112.jpg
わたしが投稿している写真投稿サイトには、日本中の夢のように美しい紅葉がアップされている。
そういう美しい写真を撮ることを夢見て来たのに・・・

諦めきれず、カメラ内のカラーフィルターを操作して撮ってみたりなんかして・・・
DSC09133.jpg
でもこれじゃなー、モミジの色がいくらなんでも薄すぎる。

もうちょっと早い時間に来ればよかったのかなー
DSC09165.jpg
でも、池の水面の落ち葉はいかんともしがたいし。

普段、タイの散歩でたまたま出会った景色を撮ってばかりいるから気が付かないけど、
狙って撮ることがいかに難しいか。

自然相手は限られた期間、時間だから、ジャストタイミングを計っていても実現できなかったりするんだろう。
DSC09173.jpg

やっぱり、写真は、神様からのギフトを受け取ったときにはじめて「作品」となるのかもしれない。

でもそれがまた、何とも言えない楽しみだったりするんだけどね。


      「ママ・・・」
DSC09180.jpg

      「ママー、もおー、おそーい、なにやってたー」
DSC09181.jpg

はいはい、おまたせしました。ごめんごめん
DSC09182.jpg


じゃ、どっか、温かいコーヒーでも飲みに行こうか。




*****
(12月6日追記・おまけ)


帰ってから写真を見返したあと、どうしてもあきらめきれず、
翌日の公開最終日、一人でバスに乗ってやって来た。

しかし、あいにくの曇り空。
DSC09254_20151207194634208.jpg

ただ、朝の風で落ち葉が吹き払われ、水面には待望の紅葉の影が映っていた。
DSC09261_20151207193717876.jpg

この特別保護区は、あまり知られていないのか、1時間たっぷりいても見学客は2、3組くらい、
鳥の声しか聞こえない静寂が辺りを包む。

DSC09278_20151207193736941.jpg

わたしがここにこんなに惹かれるのは、この景色が武蔵野の原風景を彷彿とさせるから。
雑木林の原野だったこのあたりが住宅地に開発されたのは大正時代だそうだから、
そのころの風景はこんなふうだったろうかと思いをはせる。

DSC09337.jpg
わたしの最初の東京は、大学に入って住んだ武蔵野の地だった。
当時バブル期に突入したころだったけど、まだあちこちに雑木林が残り、それを眺めながら自転車で学校に通った。
そんな思い出も、この場所に惹かれる理由かもしれない。

DSC09448.jpg

今日晴れていたら、もっと紅葉や水影がキラキラして美しかったんだろうな。

でも、それは、来年のお楽しみに。




コメント

非公開コメント