タイの日記

ARTICLE PAGE

知育玩具はいずこに

author photo

ByTaitaimom

約4年前、うちにタイを迎える際は、前もって必要な犬用品様々を買い揃えたものだが、
実はその時、わたしは、知育玩具も一緒にけっこう買い込んだ。

毎日の生活、日中のほとんどを家の中でふたりっきりで暮らすのだから、
退屈しない充実した時間を過ごすためにはやっぱり頭を使うのがいいんじゃないかと思ったのだ。

DSC05518.jpg

そうはいっても何に興味を示すかわからないからなーなんて考えながら、
ペットショップであれやこれや選びながら、
わたしって実はやっぱり教育ママってやつなんだなーと思ったりした。

「はい、みんなー、おやつですよー」
DSC05524.jpg

やっぱり、というのはわたしの母親方は代々学校教師の一族で、母親自身も結婚前は教師をしており、
わたしも、母親の幼児教育の熱い情熱のもとで育てられたからだ。
血は争えないんだなーとひそかに思っていた。

「オテ!」
            「えっ」
「だってすでにフセしとるけど」
DSC05525.jpg

しかし、

「あっ そうか、じゃ、みんな、オスワリ!」
   「はいよっ」
DSC05527 (2)

「はい、フィーちゃんも、オスワリして!」
                「へえへえ」(←お座りしなおす)
DSC05529 (1)

河原の学校に行き始めて、
犬の友達と毎日たくさん遊ぶようになって、
いつの間にか、知育玩具なんて、存在すら忘れてしまっていた。

「オテ!」
            「わかっとるがなーもし」
DSC05530 (1)

走ったりお相撲したり、水泳したりあちこちクンクンしたり、
犬として理想的な河原ライフは、タイの身体だけでなく頭だって十分フル回転させてくれるものだった。

「ほらみんなオテ!オテ!」
               「そないなのわかっとるぞなーもし」
「もおーママ、これでも、これでもかー」
DSC05531 (1)

何時間も遊んで帰ってきた後、家では寝てるかわたしに甘えているかのどちらか。
日常生活は、わたしとタイ、阿吽の呼吸で過ぎていくし、何の問題もない。

「ほらタイは?オテ!」
             「えっ オテ・・・ってなんだっけ?」
DSC05532 (1)

しかし、最近、

「もおーしょうがないなー」(←タイひとり時間かかりすぎるので、諦めてみんなにおやつをあげる)
DSC05534.jpg

タイ、なんだか、周りの女の子たちに比べて、

「はい、じゃあもう一回ねー!」
DSC05536.jpg

「(特にタイに)オテ!」
  「ママ、無駄だから、あたしがやるわ」
DSC05537 (1)

もしかして、
おバカちゃんになってないか・・・?


(まめママのなんちゃってレッスン「待て、待て、待て・・・おいで!」)

「お座り!待て!」
DSC05136_20160218171539e38.jpg
(以下3枚・2月8日撮影)

「おいでー!」
       「はあーい!!」
DSC05146.jpg

(しかし、タイだけみんなが何しているか理解できず右往左往しているため、フィオナママが見かねて連れていく)
DSC05149 (1)

まあ・・・確かに芸事にはあんまり興味なくてとりたてて教えてこなかったんだけど、

「ふんふんふーん」
DSC05483.jpg

           「きなこねえちゃんのそれ、いいなあ・・・」
DSC05484.jpg

「うっふふー」
DSC05486.jpg

      「ここで待ってれば、きなこねえちゃんいつか飽きるんだ、そしたらもらうんだ」
DSC05489.jpg

(案の定、きなこちゃんは向こうでおやつが出そうだと見て行ってしまう)

「やったー」
DSC05490.jpg

             「えへへー」
DSC05492.jpg

こまごましたふたりの阿吽の呼吸を生活の中でたくさん積み重ね、
わたしとタイとの信頼関係さえしっかり築いていれば、それでいいと思ったんだけど、

「むふー」
DSC05493 (1)

「えへらー」
DSC05496 (1)

ま、いいや、
かわいいから。




Share

Comments 0

Leave a reply