タイの日記

ARTICLE PAGE

修善寺旅行1日目

author photo

ByTaitaimom

今週末はパパチーが短い夏休み。
なので、この夏の家族旅行、今日明日と伊豆修善寺に一泊旅行に出かけることにした。
西へ110キロは多分今までの中でもっとも長距離の旅だ。

DSC03482.jpg

休み休みやってきたので、朝9時に出て現地に到着したのは午後2時過ぎ。
ちょっと時間調整したらすぐ宿のチェックイン時刻になり、
そのまま宿でちょっと休憩した後、修善寺の夕暮れの街並みをお散歩することに。

DSC03491.jpg

タイは途中でやっぱり一回吐いちゃったけど、
まあなんとか無事に到着、宿の前では大輪の蓮の花が出迎えてくれた。

DSC03483.jpg

蓮の花、一度撮りたかったんだよなあ、
チャンスは突然訪れるものなのね
DSC03488 (1)

「むむう、オレ、ハナとかハスとか意味わからん」
DSC03498.jpg

「よしよし、おさんぽ~♪」
DSC03503_201607281817569b3.jpg

修善寺は、タイがうちに来る直前に一度、旅行で立ち寄って以来だ。

DSC03513_2016072818175782d.jpg

そのときは、コンパクトだけど美しく印象的な街だった。

DSC03516.jpg

記憶通り、ちょっと歩くとすぐに街の中心地へ着く。

DSC03525.jpg

もうすぐ夕暮れを迎える温泉街は、日曜日ということもあって早くも店じまいの気配。

DSC03522.jpg

しかし、桂川沿い、木々の緑の中の散歩道はとても気持ちが良い。

DSC03528.jpg

「ママっ 遅れないようにね 迷子になったら大変よっ」
DSC03531a.jpg
はいはい、心配しなくとも大丈夫ですがな

桂川にかかる橋はどれも赤い欄干が美しく、まさに「修善寺」の絵葉書みたい。
DSC03537.jpg

なので、一生懸命写真を撮っていたら、
いつの間にかアイドルになっているタイ。
DSC03538.jpg

「ええー、坊やはほんとうにぼくのことが好きなのかいね」
DSC03539_20160728181842480.jpg

      「ほらほら、わんわんよ、かわいいかわいいしてみたら」
「・・・・。」
DSC03540.jpg

「・・・・。」(←一応待っている)
DSC03541.jpg

     「大丈夫よ~やさしいわんわんだから」
DSC03542_201607291628258c1.jpg

「・・・・。」
DSC03543.jpg

「ねえねえ、ママ、そろそろ先行かない?」
DSC03544a.jpg
ふふふ、タイご苦労様。

さて、先に進むと、そこは修善寺のハイライトゾーン、竹林の小径。
DSC03553.jpg

「えへー」
DSC03550.jpg

伊豆旅行の最後に立ち寄っている感じの観光客があわただしく行き過ぎる中、
わたしたちはゆったりのんびり歩く。

DSC03568.jpg
修善寺の門はまだまだ開いていて、中は犬の散歩も可能だと聞いたけど、
やっぱりお寺は夕方じゃなくて明日の朝、改めて来るかな

DSC03570.jpg
そして午後4時を回ると、急速に観光客がいなくなってきた。

「ママ、ぼやぼやしてるから目を離したら心配だ」
DSC03572.jpg
タイ、さっきからやたらこっちを気にしていて面白い。
やっぱり遠くへ来ると何かと心配になるらしい。

DSC03573_20160728181922c12.jpg
日曜日なので、宿から出てきて夕涼みするような観光客もいないようで、
ひと気のない温泉街は急に淋しくなってきた。

DSC03584_20160728181925049.jpg
しかし桂川沿いの散歩道に戻ると、橋のたもとの素敵な甘味処がまだ開いているので、
入ってみた。
こんなときじゃなきゃ人でごった返していそうなので、ラッキー。

「むむう、なんか美味しそうなものが来た予感」
DSC03578a.jpg

宿の料理はけっこう豪勢らしいから、今食べるとおなかの具合は気になるけど、
DSC03592_20160729165209714.jpg
いいや、おいしそうなので、食べちゃおうっと

最後の客だったわたしたち、
じゃあそろそろ宿に帰るか
DSC03598.jpg

「ママッ 何してるんだっ 早く行くぞっ」
DSC03602_20160728181945f46.jpg

しかし、タイ、さっきからやたら心配するねー
DSC03605a.jpg
大丈夫大丈夫、ほら写真撮ってるだけだってば


宿に着くと、
DSC03614.jpg

仲居さんが何かと出入りする旅館形式の宿に、タイすっかり緊張。
DSC03615_20160728181950e6f.jpg
(そのわりには、『タイ君のお座布団です』と出された座布団にちゃっかり座る)

しかも、夕食は部屋出しの懐石料理
DSC03619.jpg
お皿を運んでくるたび一々警戒して吠えるのでおちおち食べられんじゃないの

DSC03625.jpg

とはいえ、さすがに何度か運んできてもらって

DSC03617.jpg
「タイ君のお食事」↑まで出てきたら、

DSC03626.jpg
さすがに、システムを理解してきたご様子。

夕食が終わったら、布団をしいてもらう。
DSC03633.jpg
「わんちゃんもご一緒に寝る仕様」でしいてもらうと、
おもむろに乗っかっていくタイ。

DSC03635.jpg

・・・今日はお疲れさまでした。
ゆっくりお休み



Share

Comments 0

Leave a reply