タイの日記

ARTICLE PAGE

河原のおもちゃをめぐる攻防 part2

author photo

ByTaitaimom

       「よーし、リン、リュウ番長さまが河原ラグビーの遊び方を伝授してやるぞ」
DSC00035.jpg

  「そうそう、河原ラグビーは、そうやって引っ張りっこするのがキモだ、楽しいだろー」
DSC00037.jpg

「いやーリュウ番長13歳、まだまだ捨てたもんじゃないなー、顎の力は1歳のレトリバーのコドモになんか全然負けないなー」
DSC00038.jpg



         むううー
   「お、なんだ、小僧、オマエもやりたいのか」
DSC00039.jpg
(↑リンちゃん、すでにいちご先生のプロレスレッスンに移行)

         むむう・・・
「ん?なんだオマエ」
DSC00040.jpg

       え?リュウ番長、もしかしてこれほしいんだ・・・
「は?」
DSC00041a.jpg

         リュウ番長、これぼくのなんだけど・・・
「なぬっ?オマエ河原ラグビーの遊び方わかってないのか!?オマエ一体いくつだ?」
DSC00042_20161018224329b87.jpg

やだやだ、リュウ番長に取られたくないもん
DSC00044.jpg

これ、なかなか嚙み心地がいいぞ
DSC00046.jpg

「なんだなんだオマエー全然わかってない!今までなにやってたんだー」
           むしむしむし         
DSC00047_201610182243335b8.jpg

(いつまでたってもふたりが平行線なので、いったんタイから赤ボールを取り上げて、
リュウ番長に渡し、タイには別のピンクのおもちゃを与える)

「なんだなんだオマエ、遊び方わかってないなんて、オレとしたことが・・・番長一生の不覚」
DSC00049.jpg

      リュウ番長、その赤ボールやっぱりいいね・・・(←全くわかってない)
DSC00050.jpg

「そうだっ 今から覚えるのでも遅くないぞっ 小僧、ほらここにあるボール取ってみろ」
DSC00051.jpg

       「あり?」
DSC00052.jpg

            しーん(だってそんなところの取ったら普通怒られるでしょ)
DSC00053.jpg

「なんだっ オマエ全然わかってないな、これを取るんだよっ そしたらそれを取り返そうとオレがタックルするんじゃんか、それが河原ラグビーのルールだろうが!!」
DSC00054_20161018224415476.jpg

「ほらっ やれっ 待ってるんだから」
                 しーん
DSC00055.jpg

だって、あれ取ろうとしたら、リュウ番長ぼくにガウッとするでしょ、コワいじゃん
DSC00056.jpg

「バカッ オマエ、これ遊びだぞ遊び!!コワがってちゃダメじゃんかッ」
DSC00057.jpg

(再びふたりが平行線に入ったので、赤ボールをリュウくんから取ってわたしがちょっと引っ張りっこした後、タイにあげる)

  むふー、赤ボール手に入った
DSC00058.jpg

(↓タイ、リュウ番長より距離をとって赤ボールをホールド)
DSC00061.jpg

なんと、この赤ボールのカワイイことよ
DSC00063_201610182245309bb.jpg

でもリュウ番長、やっぱりこれ、ほしいんだね
DSC00064_20161018224533948.jpg

(その頃、リンちゃんは再び、正しいルールに基づいた河原ラグビーをメモちゃん3歳と開始)
DSC00065_201610182245339c9.jpg

「キャーキャー」「楽しーっ」
DSC00067_2016101822453574b.jpg

「こらー、オマエ全然わかっとらーん、それじゃ何にも始まらんぞー」
DSC00074_20161018224614dab.jpg

これ、ぼくのなんだけどな(←リュウくんの言っていることをまったく理解していない)
DSC00075_201610182246166e4.jpg

「キャーキャー」
DSC00072_2016101822461386e.jpg
        
「こらーッ」
        うーん
DSC00076_20161018224617f5c.jpg

                「あれー?」
         ん?
DSC00077a.jpg

  「タイちゃん、もしかして、河原ラグビーのやりかた知らないの・・・?」
DSC00077b.jpg

     「いや、見ないフリ見ないフリ、だってタイちゃん大人だしね・・・」
DSC00078_20161018224639663.jpg

(1歳のリンちゃんに気づかいされるタイ、もうすぐ6歳なのであった)





Share

Comments 0

Leave a reply