03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ

プロフィール

Taitaimom

Author:Taitaimom
2012年3月、保護犬のタイ(当時推定1歳)がうちにやってきました。
そこから始まる、タイとわたしたちの暮らしのあれこれについて。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

いつでも里親募集中

検索フォーム

アルバム

横浜市旭区こども自然公園へ

2017.02.19 23:51|by mom
今日やってきたのは、横浜市旭区こども自然公園。
まだまだ新緑の季節は遠いけど、このくらいの気温は風さえなければ散歩にはちょうどいい。

ここは車で高速を使い3、40分程度のところだけど、
いきなり現れた富士山が、いつもの河原と比べ、ずんと近いのにちょっと驚く。
DSC00923.jpg

戸塚の小高い丘をまるごと造成し、隣地はゴルフ場のこの公園、小さなこども動物園が中にあったり(ただし犬立ち入り禁止)バーベキュー場やいくつもの大きな芝生広場があって、広い空がのびのびと気持ち良い。

DSC00924a.jpg

タイは、最後のところでちょっと道を間違えた途端、げろげろしちゃったけど、まあすぐ復活。
DSC00925.jpg
…しかしもうすぐ1年になるけど、なかなか慣れないねえ


まだ春浅いにもかかわらず、ここは子供連れの家族や、散策の年輩の人々など老若男女でにぎわっていて、その賑わいがこの広さにちょうどよい。
DSC00937a.jpg
大望遠カメラをかついたおじさんたちともそこかしこですれ違うので、野鳥がいるんだなあと思っていたら、ふと空に、大きな翼を広げた大鳥がゆうゆうと飛行しているのを発見。
あの翼の白い模様は、鳶じゃない、もしかしてノスリ(鷹の一種)じゃないっ?と指さしていたら、わらわらとおじさんたちがよってきて双眼鏡で確認したと思ったら、大望遠で狙い始めたのだった。

あーあ、いいなあー大望遠、ほしいなーなんて思いながら歩いていたら、しかし、金色に輝くマンサクが現れた。

はー しかしマンサク、この見事さを写真にするのは難しすぎる。
でも、これだけ黄色が重なっていたら、このマンサクがいかに見事だったかが想像できませんかね。
DSC00951_20170224183002831.jpg

一生懸命撮っていたら、必死さが背中に現れていたのか、散策のおばさんに「きれいよねえー」と声をかけられる。
DSC00947_20170224174815fcd.jpg


その後、広場の一つで、入り口の売店で買った軽食でランチした。
車酔いしたはずのタイも、自分のお弁当を完食して、すっかりご満悦。
DSC00956b.jpg

さて、ここにきて地図を見て初めて知ったのだが、
この公園、梅林が相当な面積を占めており、ちょうど旬真っ盛りだった。

DSC00976_2017022417481800f.jpg

紅白の梅が咲きそろい、たいへん美しい。
DSC00989.jpg

ちょうど勾配があるところに梅林があるので、上から見下ろすさまはまるで桃源郷

DSC00994_2017022417484323d.jpg

意図していたわけじゃないけど、まるで図ったかのようにジャストの時期に来たもんだ。
DSC01005a.jpg

「えへ」
DSC00997_20170224174844135.jpg

実は先週も、ここにほど近い横浜市こども植物園・児童遊園に来ていて、
そこもちいさな梅林が満開だったので、なんだか今年は梅をよく見たなあと思う。

DSC00998.jpg

タイがうちに来て以来、梅園にはあまり縁がなかったので、
こんなに梅の花を堪能できるなんて、やっぱり車があってこそ。

DSC01001.jpg

芳香に誘われ、なんだかまるでこの梅を見るためわざわざここまで来た気になる。
DSC01010a.jpg


ねえー タイ、
やっぱり車でお出かけ楽しいなあ

DSC01012.jpg

だから、もう少し頑張って、車苦手を克服しようね



*****
(おまけ)



DSC01021.jpg

せっかくここまできたので、公園を出て、1キロくらい先の南本宿公園まで足をのばした。

DSC01042.jpg
すると、珍しくピンクの花を咲かせた大椿を発見。

これまた夢中になって撮っていたら
DSC01037a.jpg

待ちぼうけのふたりに顰蹙を買う
DSC01057.jpg

「こらー、ママなにやってんだー!!」
DSC01059.jpg

しかし、渾身の一枚が撮れたので、満足のわたし。
DSC01032.jpg


*****
(さらにおまけ)

でも、この渾身の一枚、写真投稿サイトに投稿しようと思ったのだが、
この、最後の切ない美しさを表すタイトルがどうにも思いつかない。

で、夫に相談してみた。
しばらく考えて、ようやく出てきた答え、
「椿がニッコリ」

…いや、それはないだろう…











コメント

非公開コメント