04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ

プロフィール

Taitaimom

Author:Taitaimom
2012年3月、保護犬のタイ(当時推定1歳)がうちにやってきました。
そこから始まる、タイとわたしたちの暮らしのあれこれについて。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

いつでも里親募集中

検索フォーム

アルバム

リュウくん、

2017.03.31 21:13|by mom
河原の番長リュウくんが、虹の橋を渡った。

年末に足を失う大手術をし、順調に回復していると喜んでいたのもつかの間、
身体に転移が見つかって、
急速に病状が進み、
昨日朝、とうとう旅立ったのだった。

DSC03771_20170331170654bab.jpg

リュウくんは病気になって以来、体調を考慮して、河原は週末小一時間だけというペースになっていた。

DSC03772a.jpg

しかし先月のことだったか、ある水曜日の遅い朝、河原に突然リュウくんが現れた。

リュウパパはとるもとりあえず思い立ってきたという風情で、リュウくんを見る背中に力がなく、リュウくん自体も座り込んで元気がなかった。
何も言わなかったし、わたしたちも何も聞かなかったけど、
その頃くらいからリュウくんは、体調が思わしくなくなっていったんだろう。

DSC03805a.jpg

この5年の間、虹の橋を渡って行った子は、タイの河原デビューとの時にすでにシニアといえる年齢で、河原には気候や体調によって来たり来なかったりという感じだった。

それに比べると、リュウくんは、ついこの間まで現役バリバリ、ジャックラッセル軍団を率いて河原を縦横無尽に駆けまわっていた。

DSC03813.jpg

タイ世代にとっては、一緒に遊んだ仲間との初めての別れになるのではないだろうか。

DSC03834a.jpg

それだけに、リュウくんとの別れには強く気持ちがゆさぶられる。

DSC03844a.jpg


思えば、リュウくんは特に、稀有なキャラクターの持ち主だった。

DSC00013.jpg
(昨年10月13日撮影)

カリスマ性を持つ犬っていうのがあるんだと、初めて目の前で見せつけられた。

DSC00016_20170331170820948.jpg
(昨年10月13日撮影)

体重わずか9キロ、ジャックラッセルにしては大きいけど、小型犬の範疇内、それなのに大型犬に勝るとも劣らないパワー。
DSC05043x.jpg
(昨年9月5日撮影)

仲間に対して、とても優しい犬だった。


「昨日うちのオヤジったらさあー笑っちゃうんだぜえ」
    「ええーいいのう、番長そんなこと言ってえ」
DSC05124x.jpg

「あっ ヤバイヤバイ聞こえてる?意外と地獄耳だからなー」
DSC05125x.jpg
(昨年9月8日撮影)

まあいろいろいたずらっ子だったけど、
DSC00522.jpg
(昨年10月4日撮影)

それもまた魅力のうちだった。
DSC00538_2017033117084697f.jpg
(昨年10月4日撮影)

(なぜかリュウパパにお手をさせられるタイ)
DSC01413 (1)
(昨年11月5日撮影)

秋にはまだこんなに元気だったのに。
DSC01418.jpg
(昨年11月5日撮影)


実は、
最後に河原に来た時の写真が残っている。
つい先週の土曜日、まだ一週間もたっていない。


DSC03557_20170331170925e7b.jpg

傷口が痛々しく顔もちょっと痩せた感じだったけど、表情は明るくボールをを前にしていつものように嬉しそうに吠えていた。
わたしのところまでおやつをもらいに駆けて来たのを見て、ああ、まだ大丈夫だと安心したのだった。

DSC03568_20170331170927851.jpg


きっとリュウくんは、今頃、身体の苦しみから解放されて、安らかなんだろう。


DSC03581a.jpg


ああ、でも悲しいよ

リュウくん、もう二度と会えないなんて





*****

(おまけ)
リュウくんの思い出として

2016.1.28「リュウ番長の帰還」(with タイ)

2016.10.13「河原のオモチャを巡る攻防PART2」(with タイ、リン)

2016.9.5「秋はまだか」(with タイ)

2016.2.17「河原のメンバー」(with リュウパパ)

2015.7.31「河原の番長」(with めも、みみこ、アビー、チビタ、そら)

2014.8.5「(それでもやっぱり)まるこLOVE」(with タイ)

2013.8.30「祝きなこねえちゃん復帰」(with きなこ)





コメント

No title

りゅう番長さんが術後に元気に河原に戻ってきたお話、つい先日だったような気がしていたのでびっくりしました。辛いですね。タイちゃんの慣れないスイムに付き添いに泳ぎに出てきてくれる、頼もしいお兄さんぶりを今年の夏もみれるのかと楽しみにしていました。ワンちゃん仲間にたくさんの徳を積んだりゅう番長さん、安らかに魂を休めていらっしゃることと思います。ご冥福をお祈り申し上げます。

Re: No title

いちファンさんへ

コメントありがとうございます。
河原にリュウくんのいる風景が、これで永遠に失われてしまったかと思うと寂しくてなりません。
また、リュウくんの死をこれほどまでに悲しいと感じることに、自分でも狼狽しております。
タイを小僧と呼んでくれる世代がいなくなっていくことに対する寂しさもあるのかもしれませんね。
遊ぶことが大好きな、面倒見のいいお兄さんでした。
ずっと忘れません。

No title

αcafeでお世話になってるゲンママです。
リュウくん、先日、写真投稿されてましたよね。。
寂しいです。。
ご冥福を心からお祈りします。安らかに。。

私もブログ「ゲンちゃま日記」をso-netでしています。
宜しかったお立ち寄りください。

Re: No title

ゲンママさま

いつもαcafeでお世話になってます!こちらにも遊びに来ていただいてとても嬉しいです!!
リュウくんは、いつもタイが遊んでいる河原の番長だったので、
リュウくんのいる河原の風景が永遠に失われてことが淋しくてなりません。
なんだか犬というより人間の友人を失ったような気すらしています。

ゲンママさまもブログされてるんですね!
遊びに行きますね(*^^*)
非公開コメント