05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ

プロフィール

Taitaimom

Author:Taitaimom
2012年3月、保護犬のタイ(当時推定1歳)がうちにやってきました。
そこから始まる、タイとわたしたちの暮らしのあれこれについて。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

いつでも里親募集中

検索フォーム

アルバム

5回目の帰省 その2(城ケ島・三崎めぐり)

2017.05.05 23:03|by タイタイ
GWのハイライト、パパチーが横須賀に来て二日目の今日は、三浦市城ケ島に行くことに。

DSC06303_20170517221220b14.jpg

タイと一緒の横須賀も、5回目となると近場は行き尽くした感がある
しかし今年は車という手段があるので、少し足を延ばし三浦半島の突端まで行ってみることにしたのだ。

DSC06304_20170517221221bfb.jpg

GWの異常混雑を想定して、朝9時に到着するよう計画したら、海岸道路をあっという間にすり抜け、公園駐車場も余裕しゃくしゃくだった。

「むほー、ここどこー」
DSC06312_20170517221429ffb.jpg

城ケ島ですがな

「ほほー」
DSC06318.jpg

城ケ島、来たのは一体どのくらいぶりだろうか
パパチーは、来たような来ないような、いや来たことないわけじゃないと思うけど全く景色は覚えてないという。
それって来たことないんじゃないのか?と思うんだけど。

というわたしも学生の時に立ち寄った覚えはあるのだが、それ以降はとんと記憶がない。

DSC06320.jpg

小学生の時にここに遠足で来たとき、この島が面している海は、いつも見ている東京湾でも相模湾でもなく、太平洋だと教えられた。
「だから、落ちたら遠くへ流されて絶対に助けられませんよー」とおどかされ、コワかった記憶がある。

DSC06329.jpg

また、その時の強烈な思い出として残っているのは、潮だまりに残されたウミウシ。

「うほほっ」
DSC06336.jpg

男の子たちが面白がって棒でつつくもんだから、水が真紫に染まって気持ち悪かった。

DSC06340.jpg

岩にぶつかって飛沫をあげる大波、まとわりつく潮の匂い、はい回るフナムシ、美しいだけじゃない生々しい海。
今思えばわたしは子供時代、いつも海の存在を感じながら過ごした。

DSC06350.jpg

高校を卒業して横須賀を離れもう何十年。
若いうちは「そういえば最近海を見ていないなあ」なんて思ったものだけど、最近はもうそんなこともなくなったな

DSC06353_20170517221455c2c.jpg

今日の海は、打ち寄せる波飛沫もさほどではなく、穏やかな海だ。

「えへへー」
DSC06356.jpg


城ケ島公園の下の岩場をしばらく回った後は、ウォーキングコースを経て街の方へ行ってみることにした。

DSC06365.jpg

岩場の名所、馬ノ背洞門への道を過ぎたら、もう誰もいない。

DSC06377.jpg

青空と青い海、潮風を感じながらの散歩はとっても気持ちいいのにね

「えへへー、ぼくちん休憩ですうー」
DSC06373.jpg

1キロちょっとの散歩道はあっという間で、終点の灯台がすぐ現れた。
DSC06381.jpg

軒を連ねる食堂や土産物屋。
DSC06383.jpg

そしてそこにもすぐ海。
DSC06389.jpg

「わんちゃんも一緒にどうぞー」という声についつられ、11時だけど早めのランチをいただいちゃう
DSC06392_20170517221606150.jpg
生シラス丼、おいしゅうございました。


食べ終わってもう少し先を歩いてみる。
街並はなんだか昭和レトロで、今になってみるとそれはそれで新鮮だ。
DSC06394_20170517221607259.jpg

お昼になると食堂は、何気にどこも満員御礼になっている。
ま、でも島全体は、GWにありがちな殺気立つほどの混みようではないので、大分気楽な感じだ。

海に面するちょっとした岩場に通りかかると、家族連れがチワワだかヨーキーだかを上にのせて写真撮影していた。
なので、タイも真似して乗せてみる。

「ふふん」
DSC06398_201705172216094ed.jpg

あらータイちゃん、かっこいいわねえー

「知ってるー」
DSC06405_20170517221642d72.jpg

いやほんとは結構怖がるかと思ったんだが

「全然へいきー」
DSC06409.jpg
だそうです
びっくりですよ

「いやもうこれがモデルだましいってやつよ」
DSC06410_20170517221645a52.jpg

タイ、そういえば前伊豆の城ケ崎海岸の吊り橋とかも平気だったしなー
案外高所平気なんだなー


ここで大体城ケ島は一周。
ぐるっと回って4キロということなので、これだけじゃロングウォーキングホリックのわたしたちには物足りないねえ
DSC06416.jpg

ということで、そのまま城ケ島大橋を渡り、三崎港を目指すことに。

大橋では、ちょうどお昼時を目指してくるのか、本格仕様のサイクリンググループと何度も何度もすれ違う。
DSC06419.jpg

ほどなく現れた三崎港。
DSC06424.jpg

わたしの記憶の三崎港はまさにこの景色だったのだが、
DSC06425.jpg

本当の三崎港はこっちからだった。
DSC06432.jpg

バスターミナルに三崎口駅からの路線バスがひっきりなしに到着し、そのたびに満員の観光客が押し寄せる。

ターミナル前から裏路地まで、マグロを食べさせる店はどこも超満員・長蛇の列。
DSC06452.jpg

いやよかったわー
すでにおなかいっぱいで。
DSC06435.jpg

DSC06434.jpg

若いカップル、家族連れ、中高年夫婦まで幅広い年代の人が、こんな昭和ローカルな街に押し寄せている不思議。

DSC06440.jpg

まあでも、人がいっぱい集まって活気にあふれるっていいことだよね
DSC06447.jpg

人が集まると、昭和な街は「レトロモダン」になっていくらしい。
DSC06433_2017051722193484e.jpg
三崎、まさかのおしゃれタウンに進化中!?

「えへへー」
DSC06439.jpg

今回、三崎はついでだったけど、GWの激混みは避けて、またゆっくり来てみてもいいねえ
犬OKのカフェもあったみたいだから、丹念に調べてまた探検しよう

DSC06420.jpg



帰ったら、パパチーはメガネの跡つくパンダ顔に日焼け。
でも、想像以上の異世界のような海の景色が楽しかったそう。

・・・ねえ、もしかしてさあ、やっぱり城ケ島、来たことなかったんじゃん?





コメント

非公開コメント