07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ

プロフィール

Taitaimom

Author:Taitaimom
2012年3月、保護犬のタイ(当時推定1歳)がうちにやってきました。
そこから始まる、タイとわたしたちの暮らしのあれこれについて。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

いつでも里親募集中

検索フォーム

アルバム

初夏の深大寺

2017.06.04 23:26|by mom
梅雨入り直前の爽やかな日曜日、
かねてから行きたいと思っていた深大寺へ行ってみることにした。

「えっへへー、ぼくちんクルマ、大丈夫だったよー」
DSC09616_20170621142237300.jpg

ここは距離的にはそう遠くないのだが、一般道のみ一時間弱の道のりなので、タイの車ニガテ度を勘案するとちょっとハードルが高く、後回しになっていたのだ。

「うふふ~誰もいません~」
DSC09620_20170621142237a55.jpg

犬連れだと早め早めのスケジュールが正解だろうと思い、午後10時前に到着。
参道はまだガランとしていた。

「おおーぼくかわいいワンちゃんですよ~」
DSC09623_20170621142239be0.jpg
と思ったら、いきなりちっちゃな女の子にナンパされる。

DSC09640.jpg

店先にはおいしそうなそばまんじゅうの蒸気が上がっていて、つい駆け寄りたくなるが、ここは我慢我慢。
だってせっかくだから、深大寺そばを食べたいし。
そのためにはお腹すかせとかなきゃ。

DSC09633a.jpg

そうして歩いていたら、ご本尊の深大寺が現れる。

DSC09644_20170621142245ff8.jpg

「よしっ 行くよっ」
DSC09646_20170621142246034.jpg

なんかもう勝手にドンドン入ろうとしているけど、ここは犬はOKなのかい

DSC09647.jpg

「だいじょうぶっ ぼくちんわかりますっ」
DSC09649.jpg

ま、確かにここは大丈夫なのだ。
隣接して動物霊園があるだけに、特に犬出入り禁止になっていない、ありがたーいお寺なのだった。

DSC09658.jpg

境内は緑が多く清々しい。

DSC09660.jpg

いやいやタイ、そんなに一生懸命匂いをかいだところで、そこに犬のお手紙があるとは思えないんだけどね。
DSC09666_201706211422540d8.jpg

本堂に手を合わせて、ひとおり敷地内を回ると、陽が高くなるに合わせ少しずつ人が増えてきた。

DSC09683.jpg

時間を見ると、そろそろ11時。
ここから先は時間がたてばたつほど混雑必至なので、後回しにしてもあまりいいことはない

と、いうことで、
DSC09689_20170621142258677.jpg

食べちゃいます
DSC09684_20170621142257f3e.jpg

林の中のテーブルは、その影も緑色。
DSC09692.jpg
大きな楓の下で食べるおそば、美味しゅうございました

さて、そばという大きな目的を達成したので、ここからは心穏やかにあたりを散策する。
DSC09697_2017062114230702e.jpg

木々の中を吹き抜ける風は涼しく
DSC09698_201706211423427ce.jpg
なんだかちょっと別世界に来ているみたい。

DSC09701_20170621142343438.jpg
以前、タイが来る少し前にふたりで来たことがあったけど、景色をほとんど覚えていない。
多分そばを食べるために立ち寄っただけで、こんなに歩き回らなかったのだ。

DSC09704.jpg
翠の情緒ある風景はちょっとした小旅行気分。
タイと一緒に歩くといつも少しその場所の印象が変わる。

「えへー、ぼくちん楽しいですうー」
DSC09708.jpg
いやいやそれは何よりですな

(多分観光名所として作られた)水車小屋で記念撮影。
DSC09716.jpg
っていうか、タイ、
最近あんた、カメラ向けるとポーズとるんだけど、記念撮影の意味がもしかしてわかってるのかね!?

そして大体ひとまわりして戻って来た参道で、
念願のそばまんじゅう、「くださーい」
DSC09717_20170621142350239.jpg
いや黒糖のこしあんまんじゅう、観光用とあなどってたらこれが想像以上においしくて驚きですよ

DSC09720.jpg

この後は、隣の神代植物公園の方へ歩いてみることにした。
植物公園本園には犬が入れないのだが、その併設する無料の「自由広場」は犬OKなのだ。

DSC09722.jpg

「自由広場は、自由だー」
DSC09729.jpg

木立の外はちょっと暑いけど、せっかくなので丘の上に上ってみる。
DSC09730.jpg

「ママ、来てるか!?」
DSC09734.jpg
はいはい来てますよー
写真撮ってますよー

DSC09739.jpg
丘の上は天空のクローバー畑だった。

「えへへー」
DSC09744_201706211424006ec.jpg

高い場所っていうだけでなぜこんなに気持ちがいいんだろう。
写真にすると、いつもの河原と絵図らがまったく同じになっちゃうのが玉にキズだが。
DSC09746.jpg


来週はもう梅雨入りかな
緑の美しい爽やかな初夏の季節、最後にここに来れてよかったね。



*****
(おまけ)

駐車場に向かう帰り道、木々の光の中で、ふと、フォトジェニックな景色を見つけた。
よし、じゃああそこでタイを撮ろうと言って、パパチーにタイを連れて行ってもらう。

DSC09749b.jpg

シャッターを切っていると、光の中のタイの姿になぜか胸がいっぱいになった。

こんなにも無条件の信頼と愛情を向けてくれる犬という存在、
なんてありがたく、愛おしいのだろう。






コメント

非公開コメント