07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ

プロフィール

Taitaimom

Author:Taitaimom
2012年3月、保護犬のタイ(当時推定1歳)がうちにやってきました。
そこから始まる、タイとわたしたちの暮らしのあれこれについて。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

いつでも里親募集中

検索フォーム

アルバム

河原の保護犬

2012.10.23 15:27|by mom
タイは保護犬だ。
(今さら言うまでもないけど)



そして、タイの遊ぶ河原にはたくさんの保護犬がいる。

045_convert_20121023150043.jpg

タイが来るまで、この辺がこれほど保護犬が多いエリアだとは知らなかった。
一見して雑種とわかる犬だけでなく、ダックスフントやビーグル、柴犬など、
純血種と思しき犬も、よく聞いてみると保護犬だったりする。

きなこねえちゃんは、もちろん保護犬(ちばわん卒)
蘭蘭も保護犬、くろいぬコータくんも保護犬。
048_convert_20121023150119.jpg

今日は先に帰ってしまった
タイのアニキ、しゅんちゃんも保護犬。
033_convert_20121023151409.jpg
(10月15日撮影)


今日は欠席
タイの恋人(?)まるちゃんも保護犬。
066_convert_20121023151442.jpg
(10月15日撮影)

実は、タイがここに来て散歩デビューするにあたって、
保護犬であることはあまり言わないほうがいいのかなという気がしていた。

街で見かける犬は、大きい犬も小さい犬も美しい純血種であることが多く、
育ち云々で差別されたり、問題犬じゃないかと勘繰られるのではないかと心配したのだ。

しかし、間もなくそれは杞憂であることがわかった。
この河原には、たくさんの個性豊かな保護犬が、のびのび楽しく遊んでいたのだった。



今朝は、Dog Shelter の預かりボランティア、モクママさんが久々の登場。
008_convert_20121023150151.jpg

現在里親募集中の智ちゃんはハリウッド映画に出てくるような端正なルックスと人懐こさ。
008copy_convert_20121023150210.jpg
すぐ本当のおうちが見つかると思ったのに、なぜか音沙汰ないまま半年経過。
理由が分からずモクママはちょっと心配になりかけているらしい。

モクママに影のようにつきそって(いや、ときどきはっちゃけてるか?)、
ボランティア生活を支えるモク君ももちろん保護犬。
遠目で見るときなこねえちゃんにそっくりで、タイが時々混乱しているのが面白い。
014_convert_20121023150241.jpg

ところで、コータくんは、その野性的なルックス、しぐさと裏腹に、大変繊細らしい。
065_convert_20121023150321.jpg
初めて会う男の人を、コータくんは気配を消しつつとても巧妙に避ける。
また、以前、コータくんのおうちで被災地犬を預かったら、
コータくんはママを取られてしまうと思ってすっかり元気を失ってしまった。
このため預かり継続を断念したそうだ。

そんなコータくんは、
大きなイタリアの猟犬でボール投げが大好きなキータちゃんというお姉ちゃんがいるが、
この夏、ユーキちゃんという妹ができた。

ユーキちゃんは、コータくんと同じお母さんから生まれた正真正銘の実妹。
お母さんはいまだ海の近くの公園で逃走しているらしい。

被災地犬の教訓をうけてコータくんちでは、細心の注意を払ってユーキちゃんを迎えた。

おかげで今や、コータくんはユーキちゃんを溺愛中。
082_convert_20121023150440.jpg

きなこねえちゃんとコータくんはほぼ同い年で、昔はよく遊んだらしいが、
コータくんは最近はもう大人になって他の犬とはとんと遊ばない。

しかし、ユーキちゃんとだけは遊ぶ、いや遊んであげる。
081_convert_20121023150354.jpg

そして、つかず離れず、ユーキちゃんをいつも注意して見守っている。
タイがおもちゃを守ってユーキちゃんにうーとうなりかけると、すかさず逆側から近づいてけん制したり、
ユーキちゃんが蘭蘭と川の中浅瀬を遠くまで走って行っちゃったら、あわてて追いかけて行った。
コータくんは水が大嫌いで、シャンプーも大嫌い、絶対に川の中に入らないはずのに。

001_convert_20121023150522.jpg

コータくんを見ていると、たとえオスでも、年少の者に対し、
こんなに深い情愛で慈しむものなんだなあと感動する。


ユーキちゃんは、河原で、先生見習いの蘭蘭と遊んでもらったり、
097_convert_20121023151201.jpg
(今日は、黒柴なっちゃんも加わって大騒ぎ)

きなこねえちゃんにモグラの道筋を教えてもらったり、
116_convert_20121023151319.jpg

・・・ときどき、タイも追いかけてみたり。
002_convert_20121023151228.jpg

家族に愛され、河原で遊んで、

尻尾を下げて人から逃げていたユーキちゃんは、
季節が変わったら、
ほら、きなこねえちゃんのママにおやつまでねだるようになっちゃった。

027_convert_20121023150551.jpg







コメント

No title

本当に河原の保護犬達はみんな仲良しだし、のびのび遊んでいますよね。
それぞれとても個性的でかわいいし、性格も良いです。

今日、ユーキに触れて嬉しかった。

犬達は実に良く周りをみていますよね。
飼主と犬の関係も理解しているし、純血種と区別するのは人だけである種犬達に試されている気がしたりします。

これからも、この環境が続きますようにみんなで守ましょう!



Re: No title

きなママさま

ユーキちゃん、今日わたしもちょこっと手の甲をぺろぺろってなめてもらいました。
(ユーキちゃんがなんか勘違いしただけかもしれないけど)

この環境はほんとうにかけがえのないものですが、
みんなそれぞれのマナーが問われるところでもあるので、気をつけたいですね。
犬たちの安全という意味でも。

No title

ジャイアンに変身したタイ君を拝見しにやってきたら・・・(笑)
たくさんの保護犬出身の子たちに会えて感動しました~!(涙)

素晴らしい環境で、素敵な仲間と遊んで、学んで、タイ君は本当に幸せですね~

ギブソン、やっぱりタイ君ととても似ています。
毛色や毛並は全然違うのに不思議です~
ギブソンも、いつかタイ君のように本当のご家族のもとでお尻尾を風になびかせて走る日を夢見て、リハビリがんばりますー!!


Re: No title

モカママさま

コメントありがとうございます!

ギブソンくん、ほんとタイに似ていますよね!
いつもブログを楽しみに拝見させていただいています。

今回出ている保護犬は、この日この時間に来ていた犬たちをとったもので、
まだまだ沢山いるんですよ。

ちばわん出身だと、タイと同じ年頃でやはり同じ頃河原デビューしたアルバちゃん、
5歳くらいの琉球犬MIXちゅらちゃん、
そしてちばわんで現在里親募集中のでっかい子犬たち、あかちゃんきいちゃんがいます。
夕方会う犬は、光の関係でいまいち写真がうまくとれないのでブログに登場させられないのが残念です。

> ジャイアンに変身したタイ君を拝見しにやってきたら・・・(笑)

タイがジャイアン行動している時は、わたしも一応ちょっと注意して見ているので、
写真をとる余裕がなかったりします。
そろそろ2歳なので、ちょっと自信がついてきたのかもしれません。
でも、ほどほどにしてほしいな~

No title

たいちゃんママへ

保護犬でイエイ!!蘭蘭は茨城動物保護センターからやってきました。お母様はもうこの世にいないからお母さんの分まで一生懸命生きていきたいと思います。
色んな血が混ざってるから賢いよ~(自分がいうのはあれだけど)

道端で「いや~何と可愛い柄~何という犬種?」って聞かれ、「雑種です」とママが胸を張って答えてます。さらに「何と何の雑種?」と聞かれたら、「パンダと犬じゃないかな~」とおちゃめなママ。

Re: No title

蘭蘭へ

蘭蘭が賢いのは知ってるよ。
蘭蘭は普段から、ほかの犬と付き合う上で、
なにかとすごく頭を使っているのがよくわかって、ほんと面白いです。
それに、最近は、ようちえんの先生見習いを始めたと思ったら、
もうすでに先生に昇格しているのでは!?


蘭蘭ママへ

タイも「犬種はなんですか?」とよくきかれますが、
「雑種です!」と答えます。
なんかそう答えた時、妙にうれしいんだよね。
自分でもなんでかな~ってずっと考えてたんだけど、
つまり、
「ほら~こんなにカワイイいぬ、世界に一匹だから、もう手に入らないよーん」
と自慢したい気持ちらしいことがわかりました(笑)




非公開コメント