03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ

プロフィール

Taitaimom

Author:Taitaimom
2012年3月、保護犬のタイ(当時推定1歳)がうちにやってきました。
そこから始まる、タイとわたしたちの暮らしのあれこれについて。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

いつでも里親募集中

検索フォーム

アルバム

再生の誕生日

2012.11.24 21:51|by mom
今日はタイの誕生日。

今年3月末、区役所に飼い犬登録をする時、
タイは、正確な誕生日が分からないので、2010年11月24日を誕生日にした。

11月24日は、タイが動物愛護センター(保護犬収容施設)から、出た日だ。



動物愛護センターでは、殺処分を免れてせっかく保護団体等に譲渡が決まっても、
その後にうける検疫を弱っているからだが乗り越えられず、命を落とす犬がたくさんいる。

003_convert_20121124215908.jpg

タイは、幸運にも検疫を乗り越えることができて、
保護団体ちばわんの命のリレーを経て、今ここにいる。

004_convert_20121124213212.jpg

たくさんの犬のなかで、うずくまっている殺処分寸前のタイに救いの手を差し伸べたのは、
他ならない、はなこファミリー(タイの預かりボランティア)だった。

009_convert_20121124213315.jpg

はなこファミリーが残してくれたたくさんの写真から、
野を放浪して収容、保護センターを出てはなこファミリーの手に託されるまでの間、
タイにとっていかに過酷な状況だったかが分かる。

010_convert_20121124213418.jpg

恐怖に満ちた目をしておびえた表情で映るその姿は、1歳になるかならないかの犬にはみえず、
なぜタイがそのような目にあわなくてはならなかったのか、
9か月近く一緒に過ごした私たちもさっぱりわからない。

014_convert_20121124213518.jpg

でも、一方で、タイは放浪以前、それなりにかわいがられて育ったんではないかと思うこともあるのだ。

017_convert_20121124213624.jpg

タイの遊び場の河原には、生い立ちがさまざまな保護犬がたくさんいて、
みんな普通の家庭に引き取られ幸せに暮らしている。
それらの保護犬は人慣れ、犬慣れの程度もさまざまであるが、
やはりそれぞれの家庭に来るまでの環境に左右されるところが大きいように思われる。

018_convert_20121124213729.jpg

タイは、見知らぬ人、犬(特に自分より大きな犬)に対して警戒心は強いが、
ひとたび「友達」になると、尻尾を大きく振って人にも犬にも「大好き大好き」挨拶をするようになる。
これほど、「友達」に対して愛情表現する犬もいないくらいだ。

019_convert_20121124213838.jpg

そして、私たちには、家でなにかと甘えるだけでなく、
繊細に心の状態を読み取って、そっと寄り添ってくるところがある。

022_convert_20121124213939.jpg

そんなタイの様子をみていると、
センターや、はなこファミリーに来たばかりの時のおびえた状態は一時的なもので、
以前はそれなりに人間に愛情をもらっていたのではないかと思うのだ。


・・・でも、どんな経路をたどってここに来ることになったのか、
ミッシングリングは永久にみつかることはない。


ま、今ではすっかり、昔からここにいますという顔をしているけれども。
023_convert_20121124214044.jpg


多分、タイはセンターから出た日にもう一度生まれたに違いない。
今日はタイの再生の誕生日なのだ。






*****

誕生日だから、ケーキ買っちゃった
026_convert_20121124214151.jpg

うん、タイのもあるよ
028_convert_20121124214254.jpg



コメント

No title

殿介も11月24日出所です。
タイくんが愛護センターを出た日と、殿介が出た日は同じだったんですね。
殿介がセンターを出た日のリポートを見たら、タイ君らしき子がいました。
でもとても不信感に満ちた目をしていて、今のタイ君とは似ても似つかぬ感じです。
今が笑顔と幸せに満ち溢れていることを、本当に何よりと思います。

これまで、どんな風に過ごしてたのか分からないけど
あんなに命ギリギリな目に遇ったんだから
多少躾が緩くても、幸せならいいじゃな~い♪と思って甘やかしちゃってます。
生きててくれるだけで十分で。

タイ君、新しいお誕生日おめでとう~~♪
ちなみに殿介の誕生日は、ウチの結婚記念日に設定しました。
図々しいでしょ?(笑)

誕生日おめでとう

タイちゃん、誕生日おめでとう。

初めてタイちゃんを見かけた時、こんなかわいい子がいるんか?!って、めっちゃびっくりしたのを今でも覚えています。ちっちゃいのにでっかい。ドストライク!
タイちゃんたちが毎日楽しそうにしているのを見ると、一時預かりで辛いときも夢が広がります。あかきいにもどこかでこんな素敵な家族が待っているのかなって勇気づけられる。

この1年は、いろいろと変わる環境に戸惑いながら、素晴らしい永遠の家族を見つけられてよかったね。これから来る1年は、さらに楽しく幸せになると思うよ!今年もよろしくね。

誕生日、おめでとう。

あかきい預かりより

おめでとう!!

タイ君、お誕生日おめでとう。タイ君のすばらしい記念日を家族皆で迎えることができて、本当によかったね。ケーキは、おいしかった?
 緊張を隠せなかった当時のタイ君を知っている私は、いまのタイ君の表情が信じられないくらいです。幸せって素敵ですね。

Re: No title

殿介ママさま

殿介くん、タイと同じ日に出たということは、
センターで全く同じ時を過ごした同期生だったんですね!
殿介君は速攻でおうちが決まってしまっていたので、タイと同期とは気がつきませんでした。
タイは、あの日出所した犬の中で、もっともビビりだと言われていたらしいです。

成犬の保護犬をもらった家族は、多分必ず「前はどこにどうして暮してたのかなあ」
ということは考えるんじゃないでしょうか。
本人(犬)たちは、もうあまり気にしてなさそうにも思えるのですが。

・・・わたしも、間違いなく周りのわんこママに過保護だと思われています。
でも、これから先、たかだか10年ないし15年なんだから、
思いきり一緒にいてかけがえのない時間を過ごしていきたいです。

Re: 誕生日おめでとう

87さま

あれは夏前くらいでしたか?
もう、河原で初めて会ったときは、タイはあかちゃんきいちゃんにわんわん勇ましくてまいりました。
(・・・今でもだけど)

タイは実はセンター出所するときは、もっともビビりな犬として紹介されてたりするんですよ。
あかちゃんきいちゃんにはとても信じられないと思うけど(笑)
でも、多分ちょうど今のあかちゃんきいちゃんくらいの年齢の時に、
タイは苦難に会ってたと思って、許してくれ!i-236

あかちゃんきいちゃんは、ちばわんに保護されている以上、
もうすでに一生幸せが確保されてると思っていいんじゃないかな?

でも、みんな、これからも一層の幸せが待っていることを祈ります。


Re: おめでとう!!

ココママさま

すみません、ケーキは(誕生日にかこつけた)人間ので、ペロッと二人で食べてしまいました。
でも、タイにもちょっと高級・エメンタールチーズをガジイに入れてかじらせたら、
うっとり半眼で幸せそうにしばらくなめておりました(笑)

・・・タイのおびえた状態がたとえ一時的だったものだとしても、
それを固着させずにもとの甘えん坊主に帰してくれたのは、
預かりさんであるはなこファミリーのおかげだったと思っています。
そういう意味でも、タイ、そして私たちはとても幸運でした。

No title

タイちゃんお誕生日おめでとう!
いつも、360度シッボふりふりでお迎えありがとうね。
どんどん表情が豊かになって、幼稚園も卒業して青年期に入りかけたタイ君。
これからも色々あるでしょうが、優しくていっぱい甘えられるパパ・ママに出会えて
本当に良かったね。
私も何気ない時、フっときなこを見て、この子の放浪時代を想い胸が一杯になる事があります。
でもワンコは今が一番だと言います。だから飼い主共々楽しんで生きていきたいと思います。
タイ君大好き!これからもよろしく。

No title

タイタイ、お誕生日おめでとう。

この間も、ジジ男と2人
「もうすぐタイタイがウチに来た日だね」って話したよ。
もう1年経ったんだね。

こんなに毎日を幸せいっぱいに過ごしているタイタイのこの数ヶ月は
タイタイがその前に過ごした時間よりも
ずっとずっと濃くて大事な毎日だったね。
オババは嬉しくて、タイのママの日記を読んで涙がたくさん出ました。

タイタイにとっては今の時間が一番大事。
センターでのことも、その前のことも、我が家でのことも、
あれ?そんなことあったっけ?って記憶の奥底に沈んでってしまっていいんだよ。

でも、私たちに会ったときは、
「なんか懐かしい」って思ってくれると嬉しいな。

タイタイ、本当に本当に、お誕生日おめでとう。
これからも、いつまでも、オババたち家族は
タイタイの幸せを心から応援しています。

Taitaimomさま、パパさま。
タイタイがおふたりのところに行ったのは、本当に必然だったなぁと思います。
おふたりのところにいるから、私はなんの心配もなく
我が家の子たちのことを考えていられます。

いまでも、”タイタイがこんなことしてたね”って
家族での会話にタイタイが登場するんですよ。

タイタイがお二人に会えて、本当に良かったと思います。
その橋渡しの役割をさせていただいたことが、今でも私の誇りです。
これからもずっとずっと仲の良い姿を見せてくださいね。

No title

タイちゃんお誕生日おめでとう!!
暖かいパパママのところに来れて良かったね。
河原でタイちゃんファミリーを見かけると
時間がゆっくり流れているように見えます。
きっと穏やかな生活が遅れているのだろうな~。っていつも思います。
良かったねタイちゃん。

PS:ブログ読んで複雑な気分です。頭では分かっているのですけどね。
うちの問題犬ついついイライラします。。。
それからボールありがとうございました。
きちんとお礼を言えていなかったような気がするので。。。

Re: No title

きなママさま

いつも、タイのことを(きなこちゃんも一緒に)見守っていて
いただいていてありがとうございます。

あまり面と向かっては恥ずかしくなるので言えませんが、
わたしは、きなママさんときなこちゃんとの関係は、理想だなあと思っているのです。
きなこちゃんのきなママさんをを見る目はいつも信頼にあふれていて、
あんな関係になりたいなあと思わずにはいられません。

きなこちゃんは、先代なつちゃんに比べ全く手がかからないとよくおっしゃっていますが、
なつちゃんを育てた過程できなママさんが犬を上手に導く方法を
身につけたということじゃないのかなあと思っています。
いいかえれば、目には見えないけど、実は、今も
なつちゃんがきなこちゃんを指導しているということなのかもしれませんよね!

これからも河原では色々なことが起きるでしょうが
(今朝さっそくエリスちゃんが起こしましたけどv-12
タイともどもよろしくお願いします。

Re: No title

はなこさま

10月の半ばをすぎたくらいから、
「(去年の今頃から)そろそろタイの流浪が始まったかね~」
という話を二人でしていました。

11月9日には、
「今日、はなこさんが『タイを助けよう』って言ってくれたんだよね~」
なんて言っていました。

タイは、ほんとうに優しくて明るい、かわいい犬ですから、
こんなかわいい犬が殺処分寸前にまでなぜなったのかいくら考えてもわかりません。
逆をいえば、このようなかわいい犬でも、知らない人に警戒心が強いタイプは、
譲渡先が決まらずに殺されてしまうのかと思うと、本当に涙が出ます、

保護犬預かりボランティアは、労力や経済力の面でも負担が大きく、
誰にでもできることではありません。
タイにとってはなこさんはまぎれもない命の恩人です。
ほんとうは、もっと近くに住んでいて、
いつでも顔を見せられるといいのにな~と思ったりします。

せめてこのブログは継続していって、タイの姿を見せていきたいと思っているので、
コメント欄にちょくちょく遊びに来てくださいね!

Re: No title

はるのかあちゃん。さま

今朝、はるちゃんはブラックの素敵なレンジャー隊(みたいな)スーツを着て、
パパと一緒に楽しそうにボールを追いかけていましたよ。
(タイは相変わらずジャイアンになって横取りしてました、ごめんなさい)

パピーはみんなちっこい怪獣だから、はるちゃんも含めて家族は大変だけど、
その分伸びしろは大きいのだから、あまりあせらず思いつめずに・・・
河原の人たちはみんな犬経験豊富だから、
似たような経験している人も多いし、どんどん話して、発散するといいよ。

No title

お褒め頂きこそばゆい感じもありますが、嬉しいです!
ありがとうございます。
そうですね、本当にきなこは親!?に似ず穏やかないい子だと感謝しています。
なつの至らなかったところ(それも含めて愛していましたが…)を直して、生まれなおしてきたみたいです。
なつは私を守って守ってなくなりましたから、仰るとおり今でもきなこを導いていてくれるのかもしれません。
タイ君同様、我が家の子になってくれてアリガトウ!ですね。

No title

たい兄ちゃんへ

お誕生日おめでとうございます!(二日も遅れたけど)

今年もたいちゃんといっぱい相撲を取りたいと思います。今年の夏、たいちゃんはいってくれて楽しかった。お陰様でたくさんの想い出にもなりました。
たいちゃんのママはいつもにこにこしてとってもセンス良く明るく、私のママもたいママが大好きです。

たいちゃんの昔の写真も拝見しましたよ。今とは別犬ですね。これからも私たちもっともっと幸せになりますように頑張りましょう。

蘭蘭

Re: No title

きなママさま

> なつは私を守って守ってなくなりましたから
いつか、少しずつでも想い出を聞きたいなあと思っています。

私の場合も、きなこちゃんと同じ、
ネットに出ていたタイの写真が昔飼っていた犬に似ているということで、
出会うことができた縁です。
昔飼っていたその犬にはたくさんの後悔があります。
そして、不思議というか必然というか、タイにはその犬と同じ欠点があります。
(警戒心が強くて吠えやすいところ)

これからタイと向き合う中で、後悔がいろいろ消えたらいいな、
少なくとも、自分の中で解決できたらいいななんて思ったりします。

Re: No title

蘭蘭へ

蘭蘭こそ、いつもタイのジャイアンぶりにつきあってくれてありがとね。
蘭蘭のこと、タイは大好きなくせに年上だからって好き好きって言えないみたいなのね。

いつも、遠くから蘭蘭を見つけると、尻尾ふりふりで嬉しそうに駆けていくくせに、
いざ向かい合うと、ふんふんって気取って挨拶しておしまいなのが、結構可笑しいんだ。

いつも蘭蘭の他の犬に対する抜群の社交性に感心しています。
どんな相手でも柔軟に、決して怒らず焦らず、順序をふんで対応して、
そして結局自分の思う通りにしてしまう・・・
もう人間も見習うところオオアリだよ!

おめでとう!

タイくん、お誕生日おめでとう!
まさに「再生の誕生日」ですね。
放浪経験のある子は、暑い日、寒い日、土砂降りの日・・・
こんな日はどうやってしのいでいたんだろう、優しくしてくれた人はいたんだろうか等と、
心が痛くなりますね。

たくさんの収容犬の中からはなこさんの目に留まったのは
ビビリの中にも強い「生きたい!」という気持ちが通じたのでしょう。
幸せな家族の一員、たくさんの遊び仲間、タイくん幸せですね。
おめでとう!

Re: おめでとう!

るる母さま

昨日、タイをシャンプーしたとき、さすがに寒いのでもう自然乾燥は無理だと思い、
4月以来のドライヤーをかけました。

4月にドライヤーを使ったときはびびりまくりで、もう大変だったのですが、
今回は、終始尻尾も上げたままで、全く平気な顔をして乾かされておりました。
毎日ドライヤーの音を聞いているせいもあるとは思いますが、
でも、ああ、なんかもう、私の手でやることはまったく心配していないんだなあ
ってあらためて実感できました。

> たくさんの収容犬の中からはなこさんの目に留まったのは
> ビビリの中にも強い「生きたい!」という気持ちが通じたのでしょう。

るる母さまのこの言葉を読んだら、
タイは、はなこさんに生きたいと訴えかけたのと同じように、
私たちを見つけて会いに来てくれたような気がしてきました。
なんだか、そう考えたら涙が出てきてしまいました。

ありがとうございました。
非公開コメント